柴丸と春散歩
2017年04月07日 (金) | 編集 |
早いもので、今年も4月に入り、新年度が始まりました。 新しい環境で新生活を始めた方も多いでしょうね。 こちらはな~んの変化もない暇なブランです。 最近は猫の出入りもなく、平均年齢が上がった猫部屋はのんびりムード。 お客さんも来なくて更にのんびりムード。 そんな感じで話題もないのですが、暇なのでブランの副店長でもある柴丸の散歩の様子をご紹介しましょう。


DSC_0023.jpg


うちは1日2回の散歩ですが、店を始めてからは散歩の時間も短くなってしまったので、定休日には長めの散歩をするようにしています。


280-1.jpg


久しぶりに来てみた川沿いの遊歩道は、うちからだと往復1時間強の散歩コース。 預かりっ子が居た頃は、よく散歩していました。 川に飛び込む犬もいましたが、水嫌いの柴丸は全然楽しくなさそう。 この川沿いには色々な種類の桜並木があり、この時期は楽しめます。


DSC_0281-1.jpg


柴丸は柴犬なので、トイレは完全外派。 つまり、毎日散歩に行かなくてはなりません。 寒くても暑くても、熱があっても骨折していても(←飼い主がね)、毎日散歩を続けて12年ですよ。 冬は寒さとの戦い、夏は蚊との戦い。 犬を飼う前は、「犬とお散歩できたら楽しいよね♪」なんて思うものですが、実際にやってみると楽しくお散歩できる気候なんて年に何日あることか。 春は花粉との戦いではありますが、温度は丁度よく、あちらこちらの花を眺めながら歩くのは楽しい時期。 


DSC_0001-10.jpg


こうしてブログ用の写真を撮る時の散歩は、注文の多い迷カメラマンでもあり、絶対服従を誓った奥様から「こっちを向け」「笑え」「シッポ上げろ」「楽しそうな顔しろ」と無茶な指令を出される柴丸。 


DSC_0012.jpg


頑張った割に携帯カメラだから、全然桜のトンネルが写ってない・・・。

柴丸も12歳になり、同年代の犬達の訃報が聞かれるようになりました。 子犬の柴丸を連れてきた時のがついこの前のように感じられますが、あっと言う間に犬も飼い主も年をとりました。 お互いに身体をいたわりながら、一日一日を大事に過ごしていこうと思います。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/04/07 18:37 | 柴丸 | Comment (2) | Top▲
 写真に強いブラン
2017年03月29日 (水) | 編集 |
2月も暇でしたが、3月は輪をかけて暇なブランです。 気持ちよく晴れたお出掛け日和でも、冬に戻ったような冷たい雨でも、お天気に左右されない客足の少なさ。 ブランは猫ブームもキセノミクスも関係なく、ブレずに安定した不景気を保っております・・。


富士子とか 035


暇なので猫の写真コンテストを探してみたら、あるわ、あるわ・・・賞金を稼ぐべく、いくつか応募してみました。 猫の写真なら山ほどありますのでね。 賞金も高い物は20万円、他に豪華賞品がもらえたり、入賞しなくても参加賞がもらえる物もあり、ちょっと楽しみ♪ コンテストによってテーマがあったり、エッセイが必要とか、画像サイズも色々でちょっと面倒ですが、写真好きなお客様も多いブラン。 皆様も是非、応募してみて下さいね。


猫部屋 028


元々、ブランの猫部屋はガラスが多くて自然光が入り、写真を撮りやすい環境です。 猫カフェを開業して初めて、猫の写真を撮るお客様がこんなに多いことを知りましたが、特にブランは写真好きの方が多い気がします。 しかも、皆さんとてもレベルが高い!
プロ級の腕前ですがブランの宣伝や猫達の里親募集など、色々な面で無料で写真データを貸していただいたりしているので、本当に助かっています。


DSC_0021-1.jpg

 
写真教室や写真展を開催していることもあって、最近ではすっかり「写真に強いブラン」になっている気がします。 現在、SNSで盛り上がっている「のび猫さん写真募集」をご存じですか? ブランを始め、数々の保護猫カフェでネコヨガを行っている池迫美香さんがネコヨガを元にした「ネコストレッチ」の本を出版するに当たり、ストレッチしている「のび猫さん」の写真を公募しているのですが、公募チラシに出ているのび猫モデルはブランのチョビや富士子、ミチコ達。 出版元の現代書林さんのアイコンに使われているチョビは、ブランのカレンダー写真を提供して下さったNoriねーさんの写真です。


伸び猫


もうすぐ終了ですが、今月末までは横浜市都筑区にある「カフェオレオ」さんでカフェブラン保護猫写真展を開催中。 こちらもご覧いただいたお客様からは大好評のようです。 次回の写真教室は、4月19日(水)。 まだ席が空いておりますので、お時間がありましたら是非、ご参加下さい。 可愛いモデル達がお待ちしておりますよ。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/03/29 17:16 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲
 カフェブラン保護猫写真展のお礼とご報告
2017年03月18日 (土) | 編集 |
先週、3月11日を持ちまして、2か月間に渡り、コミュニティプレイスたまプラーザで開催された「カフェブラン保護猫写真展」が終了しました。 今日、コミュニティプレイスを提供して下さっている東急リバブル様より、来場者さんのアンケート結果が届きました。


確定 保護ネコ写真展リーフ修正h1_b1_1215


このブログやカフェブランHPやFBやツイッター,写真展ブログ等のSNSを始め、ちばわんHPや色々な方が個人ブログ等で宣伝して下さったお蔭で、延べ280名ものお客様に来場いただけました。 たまプラーザのコミュニティプレイスで開催されたイベントの中では、過去最多の来客数だったそうです。


photoevent_320x180.jpg


また、開催中は在廊にもご協力いただき、ちばわんグッズの販売等を行いました。 総額で募金箱には19050円、売上金14200円を「ちばわん」に入金させていただきました。 在廊をして下さったブランのお客様、ちばわんのボランティアさん、お忙しい中どうもありがとうございました。


IMGP2716.jpg


東急リバブルさんが行ったアンケートには、「素敵な写真ばかりだった」「また開催して欲しい」との声が多くあり、とても嬉しく思いました。 愛情あふれる写真を提供して下さった写真教室の皆様、後半の個展を担当して下さったNagaさん、素晴らしい写真をありがとうございました。


IMGP3260.jpg


来場された方の中には、「保護猫」「保護犬」「譲渡型猫カフェ」といった事をご存じない方も多くいらしたようです。 この写真展が動物愛護活動やペットの置かれている現状を知る機会になってくれた事を非常にうれしく思います。 アンケートの中にも「自分の地域で殺処分を減らす取り組みをしていることを知って嬉しい」、「命の大切さを訴える企画をしてほしい」との声がありました。 多くの方が殺処分など無くなることを望んでいると思います。 それでもなかなか動物たちを取り巻く現状が変わらないのは、「その為に自分がどうすれば良いか分からない」という部分が多いのではないでしょうか。 この写真展が、「知る」きっかけになってくれたら嬉しいです。


こっちゃん 014


この「カフェブラン保護猫写真展」は、結果を見てもとても有意義で大成功だったと思います。 それは多くの皆様にご協力いただいたお蔭です。 企画して下さった泉谷さんを始め、設営や運営にご協力下さったブランのお客様やちばわんのボランティアさん。 写真を提供して下さった写真教室の皆さんやNagaさん。 バナー制作やブログでの宣伝をして下さったカプアンパパさんや宣伝して下さった大勢の皆さん。 そして、会場に足を運んで下さった皆様。 すべての方にこの場を借りてお礼申し上げます。 どうもありがとうございました。

現在、カフェブランの保護猫写真展は、横浜市営地下鉄「センター南」駅そばの「カフェオレオ」さんでも開催中です。 お料理にも定評があり、ペットも一緒に入れる動物に優しいお店です。 お時間がありましたら、是非、こちらも遊びにいらして下さいね。 もちろん、ブランでも可愛い猫達が舌なめずりして皆様のお越しをお待ちもうしあげておりますよ。




命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/03/18 18:30 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 ダイちゃん正式譲渡&パンチョの預かり先移動
2017年03月11日 (土) | 編集 |
ご報告がまたまた遅くなりました~。 トライアル中だったダイスケは、無事に正式譲渡となっております。


IMG_20170227_091357.jpg

トライアル中も近況報告をいただいており、お届け時にはビビって隠れていたダイちゃんもすっかり家族の一員。


IMG_2017.jpg


お姉ちゃんとも仲良しこよし。 名前は呼び名は「ダイちゃん」のまま、「ダイン」という格好良い名前をお父さんが付けてくれたそうです。 甘えん坊で遊び好きで元気なダイちゃんは、ブランでも人気者でした。 ダイちゃんファンの皆さん、ダイちゃん幸せに暮らしてますのでご安心下さい。

そして、ダイちゃんと入れ替わりにやってきたパンチョ。 スプレーが止まらず、掃除をしてもしてもオシッコ臭がとれず、猫部屋が臭くてご迷惑をお掛けしました。 「他の猫がいない所ならスプレーが止まるかも」という事で、先住猫のいないちばわんの預かりボラさんのお宅へ移動させてもらいました。


ぱんちょ1


もちろん、トレードマークにすらなっていたパンツも持参させましたが、新しいおうちではスプレーゼロだそうです。\(^o^)/
スプレーさえなければ、甘えん坊で天然キャラの可愛いパンチョ。 きっといいご縁が繋がると思います。


DSC_0589-1.jpg


パンチョは「えごま」くんという新しい名前で家族を募集します。 えごまくんの様子は、こちらのブログでご覧いただけますので、引き続きよろしくお願いします。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/03/11 18:57 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲
 雛人形
2017年02月25日 (土) | 編集 |
先日から、ブランでは店内に雛人形を飾っています。

DSC_0630.jpg


私が初節句で買ってもらった雛人形なので、もう半世紀近く前の年代物。 最近は一式がガラスケースに入ったコンパクトな物やお雛様とお内裏様だけのセットが多いようですが、時代なんですかねぇ・・・私の雛人形は7段飾り。 立派なのは有難いですが、お蔭で飾るのも大事で、もう何年も箱に入ったまま。 前回飾ったのは確か私が高校生の時で、四畳半の自分の部屋に無理やりひな壇を組み、寝る場所が無いのでひな壇の下で寝袋で寝て風邪をひいたのが最後の記憶。 それから、早30年ですよ。


DSC_0642.jpg


実家を売却する際に置いたままだった雛人形を今の家に持ってきたのが数年前。 私は物に執着する人間ではなく、必要ない物はドンドン捨てて、大事な物もすぐに失くしちゃうタイプ。 必要無いリストの筆頭で保管するにも場所を取る雛人形ですが、何故か捨てられず今に至っています。 


DSC_0648.jpg


捨てるのは忍びないし、どこかにでも寄付できればと思ったりしましたが、配送料もかなり掛かります。 寄付するにしても中身を確認しないといけないのですが、実は今回もまだ全ては確認できていません。 雪洞(ぼんぼり)はコードがダメになっていて電源は入れられず、桜や橘の造花は随分と色褪せていて、もはや人様に差し上げるのは難しいかな。


DSC_0634.jpg


不思議なもので、初節句から一緒にいる雛人形は何だか親族のような気がして、箱から出した時も久しぶりに親戚に会ったような気分。 私のお雛様はとても美人さんで、今も変わらず美しいのですが、高校生以来、30年ぶりに会う私はすっかりシミだらけのオバサン・・・。 「貴女も随分、老けたわねぇ・・」って声が聞こえそう。


DSC_0608.jpg


それにしても30年、振り返ればあっと言う間でしたが、随分と長いこと箱の中で過ごさせてしまい、申し訳なかったです。 この30年の間に、私も色々あったんですよ。 お雛様もまさか猫カフェに飾られるなんて、さぞ驚かれたでしょ? 色々、積もる話がありますね。 来年は、店に7段飾りで全員を飾れるように頑張りますね。

 

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/02/25 16:57 | ワタクシ事 | Comment (0) | Top▲