雪も宜し香
2013年12月18日 (水) | 編集 |
年末に向けて冬も本番を迎え、大雪のニュースも聞かれるようになりました。
ただでさえ出不精な私は、家は元より布団から出るのすら嫌な日々。
特に今年は預かり犬が居ない分、暇な割りに何もする気にならず、ダラダラと過ごしています。


<ダラダラの参考例>

IMG_3563-1.jpg


そんな中ではありますが、先日は今年最後の香道のお稽古へ。
毎月、季節に合った組香を2種類行いますが、12月は「当座香」と決まっています。
当座香は、答えを歌で読まねばならないのですが、これについては以前も紹介した事があるので、今回はもう一つの香組「雪も宜し香」をご紹介します。
とても風情のある素晴らしい組香なのです。


DSC_1051.jpg


組香は昔から伝わる古い物もありますが、新しく作られる組香もあります。
組香を作る時は、「証歌」という歌になぞられて作るのが基本です。
如何に面白く、センスの良い組香を作るか・・・これがとても難しく技量が問われる所なのです。
「雪も宜し香」の証歌は、

「くむ酒は これ風流の眼(まなこ)なり
    月を見るにも 花を見るにも」



出される香木は、

一  雪  窓の雪  二
二  月  夜半の月 ウ
三  花  中空   一

ウ一 酒  灘の水  花一
ウ二 風流 賎ヶ家  三
ウ三 眼  大庭   花二


これだけ見ると暗号のように見えますが、上から説明すると「1番目は雪で『窓の雪』という羅国」という意味です。
羅国と言うのは香木の種類で、香木は持ち主によって名前が付けられるため、今回は「窓の雪」という名の羅国が使われています。
ご覧いただいて分かるように、香木も組香に合った名前の物が使われていますが、名前はその香木の出所や由来にちなんだり、香りに合う名前が付けられています。
つまり、これだけの種類の香木を持っている事が大前提。


(↓ 先日、お香会が行われた根津美術館)

DSC_0910.jpg


さて、この組香は上段と下段で二組に分かれています。
まず最初に全ての香木の香りを聞いた(嗅いだ)後、それぞれの組を混ぜ合わせ、上段から一つ、下段から一つと組み合わせながら焚いていきます。
どれとどれが組み合わさったかは分からないので、それを当てるのがこの組香なのですが、これは二つで一つの答えを出す「二注聞」というやり方なので、少し当てるが難しくなります。

その答え方も、ただ「雪、酒」と答えるのではなく、「聞の名目」といって答え方が決められています。
例えば、雪と酒がでたら「窓の雪」。
月と風流がでたら「夜もすがら」と言った具合。
もちろん、これも組香を作る方が考えるので、そのセンスが問われます。
「雪も宜し香」は聞きの名目も素晴らしいので、ご紹介しましょう。

雪と酒  窓の雪
月と酒  名月や
花と酒  梅の花

雪と風流 転ぶ
月と風流 夜もすがら
花と風流 短冊

雪と眼  風流
月と眼  兎
花と眼  一望千里


う~ん、どれも風情があって、何とも絶妙な作りだと思いませんか?
花と酒で「梅の花」というのも、雪の中に咲く梅の花が目に浮かびますし、月と眼で「兎」というのも、遊び心があります。
こうした事を全て考え、緻密に計算してひとつひとつに繋がりを持たせ、全ての点で楽しめる組香こそが真髄で、作者の知識や教養、センスが絶賛され、後世に残っていくのだと思います。


DSC_0907.jpg


そんなこんなで、一時、雅の世界で遊んだ凡人は世知辛い俗世に舞い戻り、師走の慌しさに負われるのでした。
まずは、年賀状の準備をしないと。
今年はどの写真を使おうかな・・・。


柴丸014-1


取り合えず、これは却下、と。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/12/18 00:28 | ワタクシ事 | Comment (0) | Top▲
 河口湖外乗
2013年12月06日 (金) | 編集 |
これ以上ない乗馬日和の日、乗馬仲間と外乗の日帰り旅行。
私は高速バスで待ち合わせ場所の河口湖駅へ。
途中、休憩した足柄サービスエリアから見える雲ひとつない富士山、とっても綺麗。


DSC_1042.jpg


駅で合流し、向かった先はPaddy Field
ここはウェスタンタイプの乗馬クラブで、外乗も行っています。
今日は、山の中を走るロングドライブコースにチャレンジ。


写真15


まずは文字通り道草をしながら、山の中へ。


IMG_0342-1.jpg


山の中へ入ると、早速、駈足スタート。
カメラを先頭を走るガイドさんにお願いしましたが、ガイドさんも馬に乗ってるからブレブレ~。
顔に修正をかけなくていいから、楽だけどね。


IMG_0345.jpg


いつもは、柵で囲われた馬場の中でしか走らないので、こうした自然の中での駈足は初めて。
でも、馬はガンガン走るし、気持ちいいし、楽しいし、超面白い!


IMG_0351.jpg


山の頂上まで、駆け上がります。
急な坂道もなんのその~♪


IMG_0347.jpg


下から見た時は、「あんな上まで行くの~?!」と思った頂上もあっと言う間に到着。
歩いて登っているハイカーの方々(殆ど60代以上)を尻目に、ちょっと若い私達は随分、楽をしちゃった。


IMG_0354.jpg


樹海が一望できる場所で、富士山をバックに記念撮影。


IMG_0357-2.jpg


わーい、わーい♪ 楽しいな♪
帰りは下り坂をノンビリ歩いて帰ります。


IMG_0360-1.jpg


2時間は長いかと思ったけど、あっと言う間。
落馬もなく、無事にクラブへ戻ってきました。
クラブへ戻ってから、小物を借りて馬達と撮影会をしてみたりして。


IMG_0361-2.jpg


この後、近くの富士緑の休暇村にある温泉施設「ゆらり」で一風呂浴びて、夕焼けに赤く染まる富士山を見ながら食事をし、河口湖駅で解散。
私は、また高速バスで帰ってきました。
寒くもなく、風もなく、本当に天候に恵まれて、楽しい一日でした。
初めてのウェスタン乗馬も、めっちゃラクチンで乗りやすい。
春になったら、また行こう~っと。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/12/06 22:33 | ワタクシ事 | Comment (0) | Top▲
 眉毛馬
2013年12月05日 (木) | 編集 |
私が通っている乗馬クラブには、100頭余りの馬がいます。
中には放牧へ行ったり、他の事業所へ移ったり、生き物なので亡くなってしまう馬もいますし、新しくやってくる馬もいます。
毎月、専用馬料金表(馬の御指名料が書かれた一覧表)が届くので、見慣れぬ名前を見つけると「新しい馬が入ったんだな。」と思ったりしますが、馬が出られるレッスンのレベルも決まっているので、自分のレベル以外の馬については、差して気にもしません。

そんなある日、乗馬仲間から届いた1通のメール。
「ペネロペっていう馬、見た?」


190PX-~1


その時点で私は、ペネロペという名前の馬が入った事は知っていましたが、姿は見ていませんでした。
ペネロペと言えば、スペイン生まれでハリウッドでも活躍する女優ペネロペ・クルスに代表される美人の代名詞のような名前。
さぞや、可愛らしい牝馬である事は、想像に難くない。
で、親切にもその友人が添付してくれたペネロペの写真を見て衝撃が走りました・・・



えぇぇぇぇーっ!━∑(゚□゚*




ペネロペ

P:「ペネロペだす・・」


これは青森の田舎から出てきた「田吾作」とかでしょ?
(女の子だけどね。)
ペネロペって、何を考えてつけたんだか。
大体、その眉毛はは何?
いたずら書きされたとしか思えないんだけど?
炭鉱から出てきて、炭で汚れちゃった風貌ですけど?


DSC_1033.jpg

P:「天然模様だす・・」


寝てるし・・・


DSC_1030.jpg

P:「ぐーすーぴー…」


寝顔もオヤジだ・・。(≡д≡) 

サラブレッドが多い中で、異彩を放つこの風貌。
クラブでは御指名も多く、なかなかの人気者のようです。( ̄∇ ̄; )


それにしても、こんな眉毛のある馬はそうそう居ないだろうと思っていたら、先日、河口湖で新たな眉毛馬に遭遇。



DSC_1044.jpg

「俺の名はルパン」


おぉ! なんと凛々しい眉毛馬!w(*゚o゚*)w
力強くも優しい眼差し。


DSC_1043.jpg

ルパン:「男は強くなければ生きていけない。 優しくなければ生きている資格はない。」


ヒュ~ッ、かっこいぃ~!
惚れちゃいそうだ~。 ♪♪(*´▽`*)ノ゛

そんな男前眉毛馬のルパンは、走り屋でもあったのでした。
ルパンと走る河口湖外乗の様子は、次回へつづく。




命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/12/05 22:02 | ワタクシ事 | Comment (4) | Top▲
 馬の話(三浦外乗)
2013年10月07日 (月) | 編集 |
昨夜の凱旋門賞は惜しかったですね。
オルフェーブルは一番人気、キズナにも期待が掛かりましたが、残念ながら2位と4位。
トレブが強かったー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・
競馬はやらない私ですが、日本から世界一の馬が生まれるのは嬉しい。
2頭とも良く頑張った! 無事で良かった!

本来なら、昨日の湘南いぬ親会の話にいく所ですが、この記事がアップされる頃、私は乗馬クラブでオルフェという馬に乗っているのです。(この記事は予約投稿)
そんな訳で、いぬ親会のご報告はまた次回に。

そして今日は、馬の流れでもうひとつ。
8月の終わりになりますが、乗馬仲間と三浦海岸で「馬と一緒に海水浴」をしてきました。


IMG_1247.jpg


水着の上にシャツを着て、乗馬クラブから馬に乗って海岸へ移動。
この海岸までの道が普通の住宅地で、車が通る横を馬に乗って歩くのです。
何だか変な気分で、人には見られるし、ちょっとこっぱずかしい。


IMG_1251.jpg


ビーチに着いたら鞍を外し、裸馬にまたがって海の中へ。
馬に乗って川を渡った事はありますが、裸馬に乗るのも、泳ぐ馬に乗るのも初めて。
でも、天候に恵まれて、海も穏やかで気持ちいい~♪


IMG_1254.jpg

(↑)こんな風に馬の上に寝てみたり、


IMG_1263.jpg

(↑)馬の上に立って、そのまま海へジャンプしたり。
極めつけは、馬の尾に捕まって引っ張られる~(↓)




馬の尾っぽなんて、普段は怖くて掴めないです。
後ろ足で蹴られたら、死んじゃいますからね。
普段は出来ない経験ができて、新鮮で楽しかった~!
久し振りに「遊んだー!!」って感じでした。


IMG_1277.jpg


帰りは猟師さんの定食屋で遅めのランチ。
みんなはお刺身定食、魚介があまり得意ではない私はフライ定食。
でも、このフライが美味しくて思わず完食!
もちろん、お刺身も美味しかったそうで、お腹も心も満たされた夏の思い出となりました。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/10/07 13:30 | ワタクシ事 | Comment (4) | Top▲
 秋のドライブ(静岡新東名)
2013年09月30日 (月) | 編集 |
気持ち良く晴れた日曜日。
普段、「休みの日は何もせずに休む」のが当たり前の我が家なのですが、現在、夫は遅い夏休みを取得中。
いい加減、家で休むのも飽きたし、折角の行楽日和なので世間並みにドライブに出掛けました。


IMGP1495.jpg


行き先は、桜海老と釜揚げしらすが食べたくなったので静岡。
テレビでは、散々新東名のSAの充実ぶりを宣伝していたし、うちは東名川崎インターに近いから割と行きやすいのです。


IMGP1496.jpg


道路は渋滞が全くなくてスイスイ~。
お天気も良く、快適なドライブ。


IMGP1497.jpg


私は、初めての新東名。
道路はきれいで広く、空いていて山に囲まれ、凄く走りやすい。(運転してたのは夫ですが・・)
その割に夫もスピードを出さないし、みんなノロノロ走っているなぁ~と思ったら、うちの車はその時点で130km/h 。
広くて車が少ないから、スピード感覚が狂うようなので要注意。


IMGP1499.jpg


最初に立ち寄ったのは、駿河湾沼津SA。
山側にある新東名の中で、唯一(?)海が見えるSAです。


IMGP1498.jpg


今回は、食事を楽しみたかったので犬達はお留守番でしたが、このSAには犬も入れるカフェ(箱根ベーカリー)やドッグランもあります。
でも、店内で犬の入れるスペースは狭いし、ドッグランも小型犬が遊ぶ感じで、中型犬以上はきついかな。


IMGP1500.jpg


桜海老のかき揚げを食べるはずだったのに、何故か「栗と秋野菜のかき揚げ」を頼んでしまいました。
おそばの味は普通。
二色丼は、まぁまぁ。
食後に上島珈琲で買った「ぶどう山椒のミルク珈琲」は、めっちゃ不味かったです。
その後、次の目的地「清水SA」へ。


IMGP1510.jpg


こちらは、山に囲まれた高原リゾートのようなSAです。
広々していて開放感があり、私は清水SAの方が好き。
ドッグランやドッグカフェはありませんが、テラス席も多くて遊歩道もあるので、中型以上の犬連れだったら清水の方が良さそうな気がします。
SA内のお店も、人気店が多くて凄くお洒落。


IMGP1512.jpg


SAとは思えませんね。
人気のロンカフェも空いていました。


IMGP1515.jpg


フレンチトースト、美味い~。
もっと食べたい物が沢山あったけど、お腹一杯で食べられず残念。
こんな時は、ギャル曽根が羨ましい。


IMGP1513.jpg


何だかドライブ中の休憩と言うより、近所のカフェにいるような気分でくつろいでしまい、ついつい長居。


IMGP1516.jpg


清水の先で旧東名に入り、川崎まで戻る東名周遊コース。
一度も高速を降りずに色々楽しめて、高速代は3800円でした。
今回は、お留守番でブーたれていた犬がいるので、


IMG_2528-1.jpg


次回は、一緒に連れていってあげようと思います。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/09/30 23:04 | ワタクシ事 | Comment (0) | Top▲