FC2ブログ
 ブラン売却の詳細②と年末年始の営業
2019年12月10日 (火) | 編集 |
まさかの台風に襲われた秋祭りも無事終わりまして、12月ももう半ば。あと3週間で今年も終わりですよ。ブランも世間にならってクリスマスモードになっています。

DSC_0189 (2)-1

今年の年末年始は家でゆっくりするつもりだったので、ブランはまだ買い手がつかず営業中。年末は31日の大晦日まで通常営業です。年明けは木曜日だけど2日から営業しようかな、と思っています。売れるまでは来年も引き続き営業しますので、遊びにいらして下さいね。


年内に売れなかったらエージェントに頼むっていう話もあったのですが、エージェントは当然手数料を取る訳で、その金額がワタシ的にはエゲツないというか、勿体ないと言うか。エージェントによっては手数料200万なんて所もあって、だったらその分、買い手の人から値引きしてあげた方が親切じゃない?とも思うし。 折角、ブランのSNSの閲覧数が月に10万件以上あるし、実際に成約に至らないまでも問い合わせや購入希望はいくつもきているので、もう少し自力で宣伝しようかと詳細を書きます。 猫カフェをやってみたいとか、飲食店を出したいとか思っている方には多少有益な情報があるかも。

ブランは現在、店名を変更する(ブランの名前は使わない)、ブランのHPやSNSのアカウントは全て使用不可を条件に800万円から売り出しています。 猫達は「ちばわん」の預かり猫なので全て引き上げますが、現状渡しなのでそれ以外の内装や小物は私物(PCとか写真とか)以外全てそのままお渡しします。 やろうと思えば、翌日からでも営業可。 ブランは飲食業と動物取扱業の2種類の許可を得て営業していますが、名前貸は出来ませんので資格はご自身で取って下さいね。設備的には、許可済みなのでどちらも問題ありません。

ブランは現在の店舗をテナントとして借りている訳ですが、開業時はスケルトンで設計から施工を含め、開業までにおよそ600万円強掛かっています。 これでも沢山の方にご協力いただいて随分安くできた方だと思います。 売値の800万は、既に周知されてお客さんがついている分、200万上乗せした額で、当然値引き交渉を含んでいます。 

店舗選びは開店する上で一番のポイントですよね。 開業資金や予算は人それぞれ。潤沢な資金がある方は選び放題ですが、限られた予算の中でいい物件を探すのは至難の業。不動産は縁と言いますが、本当にそうだと思います。 一般的に物件を借りるには敷金礼金が必要ですが、飲食店となると敷金が10か月分とか当たり前ってご存じでした? 家賃15万の物件だと、借りるだけで150万以上の一括払いが必要になります。(ちなみにこの物件は異例の3か月分) 猫カフェはカフェといいつつ、自販機を置くだけの店もあり、飲食店登録にならないケースもあるかも知れませんが、そもそも猫カフェをやらせてくれる貸店舗は普通の飲食店向け店舗より更に少ないです。 そして、開業後に大家さんと揉めて契約更新できず、閉店する猫カフェの多さには驚くばかり。 資金繰りもそうですが、前述の理由から、追い出されても即次の物件が見つからず、閉店せざるを得ないのです。 (これ、すごく大事。)

売却後はどう使おうが買った方の自由なので、保護猫カフェでも純血種を集めた子猫カフェでも、猫カフェじゃなくて違う店でも、私は全く構いません。 私が教えられる事があればお教えしますし(カフェのレシピとか)、お手伝いできる事があればサポートします。 ブランは店内も広く仕切れるしテラス席もあるので、猫カフェとネイルサロンとか、コーヒーショップとか、最近流行りのシェアショップや、コワーキングスペースとか、使い方は色々あると思います。店舗の選び方は予算だけでなく、いかに可能性があるかだと思うので、その点でもこの物件はお勧め。
 
最近はクラウドファンディングですぐお金が集まるし、宣伝にもなるので利用するのも手だと思いますし、起業家支援のローンも金利が安くなっています。 ゼロから始めるより1から始める方がかなりハードルが低いので、開業してみたい方にはまたとないチャンス。 興味のある方は、直接お問い合わせ下さい。

 
スポンサーサイト





命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2019/12/10 15:37 | 未分類 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する