FC2ブログ
 猫カフェ開業したい方必見! ブラン売却の詳細
2019年08月27日 (火) | 編集 |
今年の春くらいからブランを売却して年内で閉店する旨、ボチボチと話しをしていまして、何件かお問い合わせはありましたが成約には至らず、今もブランは売りに出しています。
猫カフェを始めたい方はとても多く、でも実際に始めるとなると資金以外にも色々面倒な事は多い。
そんな猫カフェを始めたいけど始められない方には、千載一遇のチャンス。ブランを丸ごと売りますので、翌日からでも猫カフェを営業できちゃうという夢のようなお話なのです。

まず、売却といってもブランはテナントなので、私が売るのは内装や備品など、所謂、「居抜き」というか「現状渡し」。 不動産契約としては、私が解約し、新たに大家さんと賃貸契約を結んで頂きます。 当然、大家さんには話は通してありますし、同じ建物にお住まいで(この建物は店舗とペット可の住居があります)、管理は息子さんが経営している不動産会社でこれも同じビルの中。 だから何でも話しが早い。 ほとんどの猫カフェがテナントとして部屋を借りていますが、大家さんとモメて追い出される事が多い中、大家さんが動物好きで理解があるのはとても大きなポイントです。

兎に角、猫カフェを始める場合、賃貸物件を探すのが至難の業。 飲食店で動物も扱うとなると貸してくれる物件はとても少なく、条件も悪い。 猫の事を考えて、私は「2階で窓が多い」「駅から徒歩圏内」で探していましたが、ブランの猫部屋は理想的。 薄暗い雑居ビルの中が多い猫カフェの中で、ダントツに明るく解放感があり、猫にも写真を撮りたいお客様にも大好評。駅から徒歩12分と少し遠い感じはありますが、その分、静かで環境は抜群。

猫カフェを始めたいと少しでも調べた方はご存じでしょうが、猫カフェの場合、動物取扱業と食品衛生の二つの許可が必要。建物や内装も保健所の許可が必要で、洗面台の数や床材など、内容は自治体によって異なります。ブランのある横浜市はどちらかと言えば厳しい。ブランは勿論、これらもクリアしているので問題なし。

ブランは猫部屋とカフェスペースが完全分離した作り。 カフェのみでも利用できるレベルにしたかったので、パンも焼けるガスオーブン(コンベック)やエスプレッソマシーンも完備。業務用冷凍冷蔵庫と予備の冷凍庫も1台あります。 小さいですが食洗器や製氷機、ガスコンロなどカフェを始めるには十分が設備。 業務用のエアコンも猫部屋とカフェに1台づつ設置。現在、5年目のブランですが、業務用の電化製品ならまだまだ新しい方です。

猫部屋とロッカーはペット用の壁紙に張り替えてあるのでひっかき傷やオシッコ汚れも大丈夫。(耐水性) ロッカールームとカフェの天井や壁は今年の2月にリフォームしたばかり。キャットタワーやケージ、カフェの家具類や食器なども全てそのままお渡ししますので初期費用は限りなく0円。 リフォームしなければ工事費用や工事期間の無駄もない訳ですから、予算の少ない方には願ったり叶ったり。

最初はどこも集客に苦労しますが、ブランは5年目でここに猫カフェがある事も既に周知されていて固定客も多く、ここ数年は黒字経営。つまり、宣伝費も節約できます。最初は、どの店もここで苦労するはず。

座席数はテラス席を含めると12席、猫部屋は定員8名にしていますが、もっと入れるスペースはあります。 顧客単価は1時間当たり1000円かな。 計算上では、1日10万以上の売上も可。 営業の仕方やレシピ等をお教えする事も出来ます。「顧客リストが欲しい」と言われた方がいらっしゃいましたが、当店の顧客リストはありませんし、お名前や連絡先を知っている方も何名かいらっしゃいますが、個人情報なのでお教えする事はできません。 猫は「ちばわん」からの預かり猫なので全て引き上げます。

ご質問等ありましたら、ご来店の上、直接店長にお尋ね下さい。 問い合わせが多いと返信が大変なので、メールやメッセージでのご質問はご遠慮下さい。 機会がありましたら、次回、ブログで更に詳しいご説明など書こうと思います。

スポンサーサイト





命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2019/08/27 16:51 | 未分類 | | Top▲