FC2ブログ
 ぷっちょのねこ親決定&サリーとカブの健康状態
2019年03月01日 (金) | 編集 |
たらりら~♪ たらりら~♪ 風に吹かれて~。 花粉と共に鼻水がタラリラする季節ですね。
気付けば、もう3月。 ほぼ日ならぬ、ほぼ月ブログのドッグデンです。
まずは、おめでたいニュースからご報告。 ぷっちょのねこ親さんが決まりました。





人懐っこく甘えん坊で遊び好き。 片目だけど元気いっぱいで愛嬌のあるぷっちょ。 唯一の問題は、他の猫と仲良く出来ない事。 猫部屋では集団イジメにあってしまうので、カフェスペースで暮らしていました。 それでも富士子はぷっちょを目の敵にしていて、ガラス越しでも襲い掛かってくる勢い。 ぷっちょにも少し問題があるようで、見ていると初対面なのにかなり不躾な態度。 何をしても怒らないカブだけはぷっちょも好きなようで、ロッカーにカブが出てくると遊びに誘ったりしていました。 まぁ、カブは怒らない代わりに相手にもしていませんでしたけどね。





店内が工事中の間、ちばわんボラの猫の手さんのお宅にショートステイさせていただきましたが、猫の手さんのおうちでも特に問題なくリラックスして過ごしていた様子。 お留守番も大人しくできていたようで、ブランに来たときもそうでしたが、順応性は高いと思われます。 ぷっちょの新しい家族は独り暮らしの女性。 ペット可の新居に引っ越すに当たり、ブランに猫を探しに来て下さり、ぷっちょを気に入って下さいました。 お留守番はあっても1人っ子生活を満喫できるぷっちょ。 猫の為に日当たりの良い部屋を選んだそうですから、ぷっちょものんびりと快適に暮らせると思います。 お届けは、16日頃で調整中です。 ぷっちょファンの皆さまは、卒業前に会いにいらして下さいね。

そして、FBなどではお知らせしていましたが、2月22日にリニューアルオープンした後からサリーとカブが体調を崩していました。 サリーは嘔吐と下痢で、抗生剤を飲ませて2日ほどで回復。 普段は遊び好きのサリーが全く遊ばなかったのでご心配をお掛けしましたが、今は普段通りのハイジャンプを披露していますのでご安心下さい。





サリーの体調不良に続いて、同じく元気がなくなったカブ。 最初は「顔が腫れてない?」から始まり、右目が開き辛くなり、熱が出て元気がなく、食欲不振。 その間、2か所の病院へ連れて行くも、大暴れして診察できず出入り禁止。 抗生剤と目薬で熱や顔の腫れはひきましたが、何も食べないので強制給餌。 あの食いしん坊でちゅ~るに喰らいついてくるカブにまさかちゅ~るを強制給餌する日が来るとは想像もしませんでしたよ。 昨日からステロイドを与え、今日になって何日かぶりに固形物(「ねこ福」というカリカリオヤツ)を自分から食べました。 嘔吐はないので少しづつでも自分から食べるようになって、早くあの食いしん坊に戻って欲しいと思います。





サリーもカブもパニックで暴れるタイプなので、病院へ連れて行くのも躊躇われる姉弟。 先日、写真教室を開催して下さっているNoriねーさんから、「サリーちゃんの上顎の白いの何?」と聞かれまして、私は全く気付いておらず、サリーは口の中を見せてくれるような猫ではない為、「写真に撮れたら見せて下さい」とお願いして届いた写真がこちら(↓)。




何これ? Σ(゚д゚;) (右上の奥歯に注目)


何か挟まっていると言うより、生えているように見える。 生えるとしたら骨か、乳歯? 何より歯茎が歯肉炎になっているし、上顎も喉の方まで赤い。 写真を見てもらい、先生には「普通通り生活しているなら様子見でいいんじゃない。」と言われましたが、ちょっと待って。 もしかして、これがサリーの右目のグジュグジュの原因なんじゃない??
先生に右目の話をすると、やはりこれが原因となっている事もあり得るし、時間と共に歯肉炎も悪化すると思われるので、早めに抜歯していただくようお願いしてきました。 日程は、これから調整しますが、サリーちゃんの眼もこれで治って欲しいなぁと期待しています。

先生も「静止画すごいな~。動いてたら絶対分からないよ。」と仰っていましたが、お客様が撮って下さった写真で病変や異常に気付く事が時々あります。 私が気付かなくてもお客様が気付いて下さる事も沢山あって、皆さまの猫達への愛情と観察眼に感謝です。 これからも、お気づきの点がございましたら、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2019/03/01 16:07 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する