FC2ブログ
 新入りの「ぷっちょ」と「与(くみ)」
2018年09月07日 (金) | 編集 |
今年はかつてない猛暑の上、台風や水害、地震と自然災害が続きますね。 被害に遭われた方にはお見舞い申し上げると共に一日も早い復興をお祈り致します。 こうした災害の度に人間の無力さを感じます。 倒壊した家屋を前に、逃げ出した猫を捕獲するなど不可能に思えます。店の猫達や家の犬猫達がこれからも平和に暮らせる事を願うばかりです。

お蔭様で、ブランでは今日も平和な日常が続いています。 卒業が相次ぎ、寂しくなった猫部屋に新入り猫が2匹入居しました。 1匹は横浜市動物愛護センターから引出したキジトラの女の子。 ポッチャリ体型なので、名前は「ぷっちょ」にしました。


puccho1.jpg


ぷっちょは飼い主放棄の猫で、人馴れバッチリの甘えん坊。 初対面でもお腹を出してゴロゴロ甘えます。 ご覧の通りのサクラ耳で野良猫上がりのルックス。 左目も委縮しているようで、恐らく子猫の時の病気か怪我が原因と思われます。 詳細は分かりませんが、野良猫だった時代に世話をしていた方が避妊手術をし、怪我をしているのを見て家に入れ、そのまま飼い猫になったのではないかと・・。 何にせよ、日常生活は問題なく、性格も良い甘えん坊で、立派な家庭猫。 順応性も高く、入居初日から堂々とソファーで寝ていたので新しい家庭でもすぐに馴染むと思います。


puccho4.jpg


そして、もう1匹の新入り「与(くみ)」ちゃん。 ちばわん関係者ならピンとくるこのネーミング。 はい、そうです。 ちばわんの有名預かりボラ「チビスケ母さん」のおうちから移動してきました。


kumi1.jpg


チビスケ母さんは大先輩で今までも数えきれない程の犬猫を預かっては家族を見つけ、現在も多くの犬猫を預かっていらっしゃいます。 中には老犬や障害のある犬猫も多く、そのバイタリティにはいつも驚かされつつ、大変そうだから何かお手伝いできればと思いつつ、かと言って出来る事もなく・・。 今回、たまたまブログを拝見していて与ちゃんの事を知り、「この子ならブランで預かれる」と思い、チビスケ母さんに連絡した所、与ちゃんがブランにやってくる事になりました。


kumi3.jpg


これね、預かりボラなら殆どの方はそうだと思いますけど、預かりっ子を他の預かりに渡すって少なからず抵抗があると思います。みんな、預かったからには新しい家族が見つかるまで自分が面倒をみる、という思いでいますからね。 増して、チビスケ母さんのような大先輩に若輩者の私が「良かったら預かりますよ~。」なんて言うのは気を悪くされるのではないかと少々気が引けたのですが、「ぜひお願いします。」と快諾していただけて、私としてもとても嬉しかったです。


IMG_5365-1.jpg


ちばわんの犬や猫は様々な場所や状況で保護され、預かりボラの元で生活しながら新しい家族との出会いを待ちます。 ブランの猫達も猫カフェという特殊な環境ではありますが、ここから新しい家族の元へ送り届ける、これは言わば命のバトンの最終段階です。 犬猫と言えど命を救うのは簡単な事ではなく、ここに来るまでには多くの人間の労力や時間、愛情、お金が掛かっています。その分、ちばわんの保護犬、保護猫達は、その命に関わってきた多くの人の応援や期待という後ろ盾があるのです。 だからこそ、最後に家族の元へ送り届ける預かりボラの責任は重大。 与ちゃんにはチビスケ母さんへの責任も上乗せされますが、猫達が本当の家族と出会えるまで、一日一日を楽しく快適に過ごせるよう頑張ります。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/09/07 19:07 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する