FC2ブログ
 年齢詐称疑惑!?
2018年07月11日 (水) | 編集 |
保護犬、保護猫の年齢ってどうやって決めているかご存知ですか? 成犬、成猫で保護された場合、正確な年齢は分からない訳ですが、犬の場合は歯や眼で大体の年齢を探ります。 猫の場合は、口の中と爪でみる事が多いです。 犬の歯は色や歯石の付き具合に加え、年齢で尖り具合が変わります。 食べていたフードで差はありますが、年と共に犬歯の先が丸くなります。 目も犬の場合は加齢と共に白く濁ってくるので目安になります。 一方、猫の歯はあまり摩耗せず、どちらかというと歯肉や歯石で年齢を予想します。 そして、加齢と共に爪が厚くなるのが特徴。 全ての爪が一斉に厚くなるのではなく、厚い爪が1本づつ増えていく感じです。


DSC_0032-1.jpg

(↑) タマコ 3~4歳位


もちろん、それまでの食生活や健康状態もあるので、なかなか年齢を見定めるのは難しいです。 ブリーダー崩壊では栄養不良で何度も出産をしていて、若いのに歯や顎の骨が溶けている犬もいました。 猫の爪も個体差があって、ブランにいるカブはまだ1歳半だそうですが、何本か厚い爪があります。

DSC_0354-1.jpg

(↑) カブ 1歳半(2018/03 現在) 飼い主申告


カブとサリーは飼い主がセンターに持ち込んだ猫なので、飼い主申告で1歳半と年齢が記されていました。 このように飼い主申告があった場合、センターではその年齢で書類を作成しますが、これが「ホンマかいな?」と思ってしまうケースが多いのです。

まず、サリーとカブは2018年3月に動物愛護センターに入った時点で1歳半、と言う事は一昨年の秋生まれといった所。 でもブランに来てから2匹ともすくすく成長。 痩せていたのが太っただけでなく、骨格も明らかに大きくなっていて、「1歳半でこんな急激に成長するか~?」と思ってしまう程。 子猫ではないにしても、去年の春生まれの1歳では?という気がします。


DSC_0348-1.jpg

(↑) サリー 1歳半(2018/03 現在) 飼い主申告


そして、同じく飼い主放棄のシャンシャンは飼い主申告で6歳。 こちらも痩せてヒョロヒョロだったのがブランで随分とお肉がついて毛艶もよくなると同時に大の遊び好きに変身。 駆け回ったりジャンプをしたりする姿は4歳のチョビより若い感じ。 しかも口の中もとても綺麗で、見た目だと2歳位。 お客様からも、「え?6歳?もっと若いでしょ?」と言われる位なのです。


DSC_0007-1.jpg

(↑) シャンシャン 6歳 (飼い主申告)


正直な所、飼い主に放棄される位ですから、あまり大事に飼われていないケースも多いです。 プリシラと一緒にセンターに持ち込まれた同居猫達も毛玉だらけで病気の治療もしてもらえず、健康状態もよくありませんでした。 多頭崩壊だと数が多くて飼い主もどの子が何歳なんて覚えていないし、大事に飼われていたとしてもその飼い主さんが亡くなり、親戚の方がセンターに持ち込むとなれば猫の年齢なんて知らなくて当然。 若い猫なら貰ってもらえると故意に年齢を偽る人もいますから、私自身は飼い主申告の年齢をあまり信じていません。 年齢ってそんなに重要なのかな、とも思っています。


DSC_0155-1.jpg

(↑) プリシラ 6歳(飼い主申告)


猫の寿命は年々伸びているようで、20年以上生きる猫も珍しくありません。 長く一緒に暮らしたいと思い1歳の猫を選んでも、2歳で病気で死んでしまったり、自分が高齢だからと13歳の猫を貰ったのにもう10年生きてるとか、生き物ですからこればかりは難しい。 自分の寿命だって分からない訳ですからね。


DSC_0160-1.jpg

(↑) ミチコ 年齢なんてクソ。 (本猫談)


書類上、ブランの猫達の募集広告もセンターで記載された年齢になっていますが、保護犬・保護猫をお探しの際は表記に惑わされず、その子自身をよく見てあげることをお勧めします。 よく遊ぶ活発な子か、落ち着いてのんびりした子か、その子の個性を見てご自分にピッタリの犬猫との出会いを探してみて下さいね。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/07/11 13:27 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する