FC2ブログ
 ジェラトーニお届け報告
2018年06月16日 (土) | 編集 |
今年は梅雨入り前から真夏のような暑さかと思えば、昨日からは既に秋のような冷え込み。 昨夜はすっかり夏仕様になっていた布団で冷感敷きマットに羽毛布団を掛けて寝たおかもとです。 この寒暖差は人も動物も身体を壊しますよね~。 皆様、ご自愛下さいませ。

さてさて、ブログでのご報告が例によって遅れておりますが、11日にジェラトーニとお客様からお預かりした沢山の婿入り道具を新しいご家族の元へお届けしてきました。 いつも店が休みの時は私が運転してお届けに伺うのですが、ジェラのねこ親さんは秋葉原にお住まいでして。 そんな都会のど真ん中へ車で突っ込む勇気がなく、夫に運転をお願いしました。 案の定、都心の街中はカオスだったので、自分で行かなくて良かったです。





ジェラトーニにとってはブランから二度目のトライアル。 なので、何となく様子は分かっていました。 前回同様、車内ではギャーギャーと大きなダミ声で文句ブーブーでしたが、おうちに到着するとご機嫌で部屋中を探索。 隠れる事もなく、ずっとゴロゴロ言いながらあっちへスリスリ、こっちへゴッツン。 ねこ親さんにもスリスリと甘え、オヤツも食べるし、おもちゃで遊ぶし、とても初日とは思えぬ振る舞い。 ねこ親のSさんからは連日、「ジェラ君通信」で日々の様子をお知らせいただいています。

DSC_1434.jpg


トイレや食事などは予想通り問題なかったのですが、初日の夜は明け方まで大声で鳴いていたようで、寝ている所を起こされるのが大嫌いな私としては、「Sさんも寝られなくて大変だなぁ・・」と心配しました。 が、2日後には「落ち着きました」とのメール。 「1週間ぐらい続くかな~と思っていたので、ジェラ君は優秀です!」と頼もしいお言葉。 私だったら1週間も夜鳴きされたら発狂しそう・・。


00150004.jpg


前にも書きましたが、ちばわんでは1か月のトライアル期間を設けています。 トライアルと言っても正式譲渡を前提とした最終チェックのトライアルなので、「ちょっとお試し~」というトライアルではありません。 当然、様々な問題に対処していけるという覚悟があるのは大前提です。 が、どんなに気に入った相手でも、一緒に暮らしてみると思いもしなかった一面が現れてくるのは当たり前。 時間と共に慣れる事もあれば、我慢ならない場合もあります。 今後何年も一緒に暮らすのに、嫌々一緒に暮らすのはお互いにとって不幸です。 だから、トライアル中に「一緒に暮らすのは無理」と判断したら、戻してもらって全く構いません。 その時はお互い傷つくかも知れませんが、新しい出会いに向って踏み出せます。 お気づきかも知れませんが、結婚と似てますよね。


DSC_1418.jpg


そんなこんなでジェラトーニのトライアルは進行中。 名前はジェラトーニのままだそうです。 現在、ブランでは9匹の猫達が入居中。 皆んな本当の家族との出会いを待っています。 ブランはお客様が猫と遊ぶ猫カフェではありますが、同時に保護猫達が家庭猫として暮らす為の修行の場でもあります。 お客様に可愛がっていただいているブランの猫達は、どの子も人が好きな甘えん坊ばかり。 猫を飼いたい方も飼えない方も、是非、会いにいらして下さいね。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/06/16 14:11 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する