新入りちゃん達のご紹介
2018年06月02日 (土) | 編集 |
生き物って脈拍の数で寿命が決まってるって知ってます? ネズミでも象でも、生きる年数は違うけどその間に打つ脈の数はほぼ同じなんですって。 その計算でいくと、人間の寿命は約50年。 「人生50年」」て言いますけど、その通りなんですよね。 私もその50年に近づいてきた訳ですが、確かに体が死に向ってるんだなぁと感じます。 医療の進歩やら高栄養やらで人間の寿命は80年位になっていますが、個人的には後5年位で死ぬつもりで生きているので、さっさとやる事をやっておかないとねー。


DSC_0580.jpg

(↑) シャンシャン オス 6歳  2018年3月入居


今年は立て続けに長居していたブラン猫達が卒業し、新しい猫達が入居しました。 若くて個性豊かな面々が加わった事で、猫部屋の雰囲気も随分変わり、活気がでました。 どの子も猫と仲良くできる子ばかりなので、ケンカもなく、雰囲気も久々に平和で和気あいあいとした感じです。


DSC_0652-1.jpg

(↑) サリーとカブ 1歳半 2018年4月入居


サリー(サバシロ)とカブ(キジトラ)は同腹の姉弟で、ご覧のような仲良し姉弟。 カブは成猫なのにとても小柄で2.5㎏位しかありません。 小さくても元気いっぱいで誰よりも大きな声で鳴くし、オヤツの時はお客さんの体によじ登ってオヤツを催促。 小柄な猫らしく性格は芯が強いですが、子猫のように先輩猫に甘えて懐に入る術も持っていてなかなかの世渡り上手です。


DSC_0391-1.jpg

(↑) カブ


サリーちゃんは運動神経抜群の活発な遊び好き。 こちらは3.4㎏で標準的な大きさ。 オモチャに一番食いつきがいいのがサリーで、ジャンプもするのでお客様には大人気。 涙が止まらず、目ヤニで皮膚がただれてしまい女の子なのにちょっと残念なルックスですが、当猫は全く気にせず、そしてブランのオス猫達にも人気のモテ女です。


DSC_0311-1.jpg

(↑) サリー

そして、サリーとカブと一緒にやって来たブランでは珍しい長毛のプリシラ。

DSC_0189-1.jpg

(↑) プリシラ 6歳 メス

とてもおっとりした性格の甘えん坊です。 人が大好きで誰にでもスリスリゴロゴロ。 猫とも問題なく過ごせますが、特に仲良くはならないようで、一定の距離を保っています。 他の猫達もプリシラとは距離をとっていて、猫界でもちょっと独特な存在なのかも知れません。


サリーとカブより1か月早くブランにやって来たシャンシャンは、とても猫との付き合い方が上手。 ちょっとビビりな所があり、最初は隠れている事が多かったのですが、最初に遊びに誘ったり、ブランでの生活を教えてくれたのは当時の教育係だった三太(現・燦太)。 三太はシャンシャンの性格を見込んで、次の教育係をシャンシャンに託したのだと思います。 シャンシャンは三太のような強さはありませんが、平和的な解決方法でケンカの仲裁も上手できる中和剤のような役割をしています。 シャンシャンが大好きで仲良しのサリーも、同じようにケンカの仲裁をします。 この新入り達が仲の悪いジェラトーニとチョビの仲裁をし、カブとサリーは嫌われ者だったジェラトーニを父親のように慕うせいで猫部屋の雰囲気がとてもマイルドになりました。


DSC_0133-1.jpg

(↑) シャンシャン、カブ、サリー、プロレス中。


猫達にも個々の性格があり、環境や立場が変われば自分達なりに順応していきます。 ブランではそんな猫社会を垣間見ることもできて、日々驚いたり、教わったりする事が沢山あります。 ブランに来る猫は大人猫ばかりですが、その変貌ぶりは驚くばかりです。 皆さんも可愛いだけではない奥深い猫の世界を体験しにいらして下さいね。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/06/02 13:41 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する