FC2ブログ
 子猫ブーム?!
2017年12月29日 (金) | 編集 |
今年も残すところ、あと2日。 今日から冬休みの方も多いようで、平日ですがお客様がぼちぼちいらっしゃっています。 いよいよ、今年ももう終わりですねぇ・・・全然、そんな気がしなくて、未だクリスマスツリーが飾られているブランです。


DSC_0556-1.jpg

(↑)「ジェラトーニ」 トライアル中


今年はジェラトーニを含め、2月にダイスケ(現・ダイン)、11月にリッツ(現・まめお)の3匹しか卒業しなかったブラン。去年、一昨年は年間12匹以上、平均すると月に1匹は家族が決まって卒業していったのと比べると、今年は随分と少ない結果になりました。保護猫カフェによっては、譲渡する際に里親さんからいただく医療費が売上や収益となっている所もありますが、ブランの場合は私が動物愛護団体「ちばわん」のボランティアとして猫達を預かっているので、里親さんからお預かりする医療費や寄付金は全てちばわんにお渡しします。 譲渡数が直接営業に関わってくる訳ではないので、別にブランに長居してくれても構わないのですが、所詮、ここは仮宿でいつか出て行かなければならない場所だから、出来るだけ早く本当のご家族の元へ送り出してあげたいと思っています。


DSC_0062.jpg

(↑) 「紅(べに)」 里親募集中


ブランでは常時10匹前後の猫をお預かりしています。 相性にも寄りますが、1匹卒業したら新しい子が入るという形なので、里親が決まらない → 卒業しない → 新しい子が入らない → メンバーが固定 となり、同じメンバーだとお客さんも飽きてこなくなり売上が下がるという原因にはなります。


DSC_0027.jpg

(↑) 「チョビ」 里親募集中


ちばわん自体では譲渡された猫の数も多く、特に子猫はいつも以上に多かった気がします。 ブランが猫を引き出している横浜市の動物愛護センターも、子猫が溢れているような状況は見かけませんでしたし、先日、他の動物愛護団体の方と話した時も、今年は子猫の譲渡がとても多かったとの事でした。 ただ、その分、成猫の譲渡が全く無かったそうで、「猫ブームが子猫ブームに移行している気がする」と仰っていました。 


DSC_0038.jpg

(↑) 「たまこ」 里親募集中


以前から子猫は成猫より人気があって、譲渡も早いのは周知の事実。 だからこそ、私としてはなかなか譲渡されない成猫の譲渡を少しでも増やす為にブランを開業しました。 子猫が居ればお客さんも増えますし、譲渡が進んで回転が早い → 次々と新しい子猫も入れられる → お客さんも増える というサイクルになるのは分かっていますし、実際に「子猫は入らないのですか?」とか「子猫が欲しいんですけど」という声もいただきますが、子猫でしたら他の譲渡会や保護猫カフェに沢山いますので、そちらをお勧めしています。


DSC_0091.jpg

(↑) 「三太」 里親募集中


私はちばわんやブランの猫に限らず、不幸な猫が幸せになれるのなら嬉しいですし、ペットショップで子猫を買おうと思っていた人が、子猫の里親になるという方向に流れてきているのであれば、とても喜ばしいです。 ただ、「子猫を飼いたい」と思った人が子猫を飼ったとしても、20年以上生きる猫の人生で子猫である時間はせいぜい8か月程度。 子猫ではなくなった猫を最後まで飼い続けてくれるのか心配になるのは、老婆心てヤツですかね。 余りにも不幸な犬猫達を沢山見過ぎたせいで、「子猫ブーム」なんて言葉を聞くと悪い想像ばかりが膨らんでしまうのですが、杞憂に終わることを願っています。

来年は人間にとっても動物達にとっても、良い年になりますように。 今年も一年、沢山の方に応援していただきどうもありがとうございました。 年内は大晦日まで営業していますが、ブログは年内最後になると思います。 どうぞ良いお年をお迎え下さい。 来年もどうぞよろしくお願い致します。(年明けは二日より営業です。)

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/12/29 17:49 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する