雛人形
2017年02月25日 (土) | 編集 |
先日から、ブランでは店内に雛人形を飾っています。

DSC_0630.jpg


私が初節句で買ってもらった雛人形なので、もう半世紀近く前の年代物。 最近は一式がガラスケースに入ったコンパクトな物やお雛様とお内裏様だけのセットが多いようですが、時代なんですかねぇ・・・私の雛人形は7段飾り。 立派なのは有難いですが、お蔭で飾るのも大事で、もう何年も箱に入ったまま。 前回飾ったのは確か私が高校生の時で、四畳半の自分の部屋に無理やりひな壇を組み、寝る場所が無いのでひな壇の下で寝袋で寝て風邪をひいたのが最後の記憶。 それから、早30年ですよ。


DSC_0642.jpg


実家を売却する際に置いたままだった雛人形を今の家に持ってきたのが数年前。 私は物に執着する人間ではなく、必要ない物はドンドン捨てて、大事な物もすぐに失くしちゃうタイプ。 必要無いリストの筆頭で保管するにも場所を取る雛人形ですが、何故か捨てられず今に至っています。 


DSC_0648.jpg


捨てるのは忍びないし、どこかにでも寄付できればと思ったりしましたが、配送料もかなり掛かります。 寄付するにしても中身を確認しないといけないのですが、実は今回もまだ全ては確認できていません。 雪洞(ぼんぼり)はコードがダメになっていて電源は入れられず、桜や橘の造花は随分と色褪せていて、もはや人様に差し上げるのは難しいかな。


DSC_0634.jpg


不思議なもので、初節句から一緒にいる雛人形は何だか親族のような気がして、箱から出した時も久しぶりに親戚に会ったような気分。 私のお雛様はとても美人さんで、今も変わらず美しいのですが、高校生以来、30年ぶりに会う私はすっかりシミだらけのオバサン・・・。 「貴女も随分、老けたわねぇ・・」って声が聞こえそう。


DSC_0608.jpg


それにしても30年、振り返ればあっと言う間でしたが、随分と長いこと箱の中で過ごさせてしまい、申し訳なかったです。 この30年の間に、私も色々あったんですよ。 お雛様もまさか猫カフェに飾られるなんて、さぞ驚かれたでしょ? 色々、積もる話がありますね。 来年は、店に7段飾りで全員を飾れるように頑張りますね。

 
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/02/25 16:57 | ワタクシ事 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する