猫カフェにできること
2017年02月07日 (火) | 編集 |
突然ですが、猫の寿命ってご存じですか? お客様のお話を聞くと、20年以上生きる猫も珍しくありません。 最近、ネットニュースでは猫の腎臓病に効く新薬が発売されたとかで、更に猫の寿命は延びそう。 もちろん、大事な家族には1日も長く生きて欲しい。 でもね、猫を譲渡する立場からすると20年という長い歳月が不安材料になってしまいます。 「20年間以上、この猫を飼い続けられますか?」って聞かれても、私自身、「はい、出来ます!」と言い切る自信がない。 だって20年ですよ? 何か起こるか分からないですよ。 この先20年、平穏無事に生きていられるかなんて誰にも分からないですよ。


DSC_0011-1.jpg


動物愛護団体の場合、犬猫を譲渡する際の里親審査や譲渡条件の中に年齢制限を設けている所があります。 ちばわんの場合、はっきりとした年齢制限はありませんが、私は概ね65歳以上の方には後見人をお願いしています。 これは飼い主さんの寿命を考慮している訳ですが、30代だって40代だって病気になったり怪我をしたり、自分は健康でも家族が重病とか離婚とか、天災や事故で家や仕事が無くなったとか、20年の間には様々な生活環境の変化が考えられます。 無責任に放棄するのではなく、飼い続けたくても出来ない状況が長期間になればなるほど、誰にでも起こり得るということです。 それに対処するには、やはりドイツのティアハイムのような動物保護施設が必要と考えますが、そう簡単に作れる物ではありません。 しかし、ブランのような譲渡型の猫カフェは、規模は違えど実はティアハイムと同じようなシステムを備えています。 しかも、ティアハイムの多くが寄付金で運営されているのに比べ、猫カフェは個人経営が多い自立型(?)。 どこも経営は大変だと思いますが、寄付金に頼るよりは健全に運営できます。


DSC_0027.jpg



最近は高齢化により、飼い主さんが施設に入居するとか亡くなったという理由で遺棄される猫が増えています。 猫も災難ですが、愛猫と別れて施設に入らなければならない飼い主さんの心情も計り知れません。 前々から、高齢者ほど本当はペットの癒しが必要だと思っています。 ペットも一緒に入居できる「さくらの里」のような施設があれば良いのですが、まだまだ数が少ないのが現状。 だったら、老人ホームや施設に猫カフェを併設すればよいのではないか? 経営も運営も別だけど、遊びに来られる距離に猫カフェを作り、ホームに入居する時に手放さなければならなかった猫は猫カフェで預かればいつでも会える。 飼い主ではなくても、猫が好きな高齢者はいつでも猫と遊べる。 一般の利用客もいるので、猫カフェは個人経営で成り立つ。 ホーム側の金銭、労力等の負担は一切なく、入居者のアクティビティやちょっとしたアニマルセラピーに使えて一石二鳥。


DSC_0001-1.jpg


私の浅はかな考えが早々上手くいくとは思えませんが、これだけペットの数が増え、寿命が延びるとなると、やはりペットの受入施設も必要になってくると思います。 また、こうした受入施設ができれば、高齢者への保護猫譲渡もしやすくなります。 共生を考える時は、どちらか一方が負担を強いられるのではなく、どちらもウィンウィンの関係になる方法でなければ成り立ちません。 これからの人間とペット達がみんな安心して暮らせるようなシステムの足掛かりとして、猫カフェが出来る役割を考えていきたいと思います。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/02/07 17:58 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する