新入り猫と報告色々(六太・マッサン)
2016年06月11日 (土) | 編集 |
一昨日の事ですが、横浜市動物愛護センターに猫を引き出しに行き、職員さんのおすすめで今回は1匹だけ引き出してきました。 2歳の黒猫の男の子。 首輪がついていて迷い猫として保護されたそうですが飼い主が現れず、譲渡されることになりました。 飼われていたのでスリスリで抱っこ大好きな甘えん坊。 お腹も出しちゃうし、おもちゃで遊ぶのも大好きだし、本当に「飼い猫」という感じです。 肉球の皮が剥けていたので、何かの拍子に逃げちゃったのかな。 飼い主さん、探してないのかなぁ・・。 犬や猫が逃げた時、最寄の警察や保健所に連絡を入れると思いますが、区や市をまたぐと管轄が変わり、情報が自動的に全国に流れるなんてことはありません。 迷子を捜す時は半径2~30km程度は移動すると考えて、面倒ですがそれぞれの市区の役所や警察に届け出を出した方が良いです。 「警察から連絡がないからもうどこかで死んでしまったかも・・」なんて諦めていたら、数百メートル先の隣の区で保護されていて、保護した方も地元の警察にしか届けないから保護されているという情報も隣の区で探している情報もマッチせず・・・なんて事が実際によくあります。


DSC_0254-1.jpg


最近はネットに掲載すれば世界的に情報は拡散されますが、いくらネット上で知られてもネット環境にない方も沢山いらっしゃいますからね。 もし近所で可愛がっていた黒猫が迷子になって戻ってこないなんていう方がいらっしゃったら、ちょっと教えてあげて下さい。 年齢は2歳位で未去勢のオスでした。(現在は去勢済み)


DSC_0220-1.jpg


ブランでの名前は「ヤマト」。 黒猫ヤマトです。 この写真はセンターから来た翌日の写真ですが、キャットタワーで寝る位すっかりリラックス。


DSC_0218-1.jpg


猫部屋に入った瞬間から探索開始。 他の猫にニオイを嗅がれようがお構いなし。 逆に自分からニオイを嗅ぎに行き、そこら中にマーキングし、エサ皿を並べたら他の猫の皿を取る勢い。 よく言えば物怖じせず、悪く言うとすれば図々しい。 他の猫が人に甘えていると割り込んで猫に襲い掛かったりする焼きもち焼き。 しつこくして嫌がられたりしているので、どちらかと言えば1匹飼いに向いていると思います。


DSC_0213-1.jpg


人懐っこくて可愛いヤマトをどうぞよろしくお願いします。

そして、トライアル中だった六太は正式譲渡となりました。 最初はお子さんを警戒していたようですが、仲良くなれたようです。


P5110258.jpg


そして、マッサンの半年報告もいただきました。


image2.jpg


image1.jpg


相変わらずの巨体ぶりでキャットタワーが小さく見えますね。 ブランで家族を待っている猫達が本当の家族に出会えるよう、応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/06/11 19:21 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する