のら猫よもやま座談会
2016年05月25日 (水) | 編集 |
昨日(5月24日)はブランで初の「のら猫よもやま座談会」を開催しました。 元々は他の猫カフェで「TNR勉強会」のようなものを開いていていつも多くの参加者がいると聞いたのがきっかけ。(TNR = のら猫を捕獲して避妊去勢手術を施し、元いた場所に戻すこと。多くの場合、手術済みの目印として猫の耳先をカットする。) のら猫問題やTNRに関しては「ちばわん」にも経験豊富な方がいらっしゃいますし、「需要があるならやってみようか。」と企画してみたのでした。


IMGP2873.jpg

(↑) TNRで耳先カットされた猫。(ブラン卒猫のチロルとルチア姉妹)


開催に当たり、ちばわんのボランティアで千葉県動物愛護推進員でもあるIさんに講師(というとご本人に嫌がられますが)をお願いしました。(Iさん、遠いところありがとうございました。m_ _m ) 初めての開催でどんな相談がくるか分からないし、「勉強会」だと堅苦しいというIさんの提案で、気軽に何でも話せるように「のら猫よもやま座談会」という形になりました。 そして4名の方が参加された座談会では、経験豊富なIさんがそれぞれのお悩みに具体的かつ実践的なアドバイスをされ、「誰に相談すればいいか分からなかった」という参加者の皆さんに喜ばれていました。


DSC_0902.jpg

(↑) 捕獲器の使い方と病院への運搬の仕方まで細かく説明。 エサだけ取られないエサの設置方法なども、現場の経験豊富なIさんならではの知恵。

私自身、TNRやのら猫問題に参加した経験がない為、皆さんのお話はとても勉強になりました。 私の中で特に印象に残ったのは、

① TNRは猫の数を減らす為の対処法でしかないこと。
② のら猫問題は、環境問題であること。
③ 餌やりさん同士の連携がないこと。

「TNRさえすれば、もう安泰」と思われている方も多いようですが、手術した猫達は元の場所に戻してそこで生きていってもらうのですから、繁殖は防げてもそれまでの野良猫問題が全て解決する訳ではありません。 のら猫達と住民の皆さんが共存していく為には野良猫達を「地域猫」として町ぐるみでお世話していければ良いのですが、これがなかなか難しい。

猫が大嫌いで「うちの庭に入ってきた猫は殺す!」と思っている人は「地域猫」等という話は聞きたくもないでしょう。 でも、野良猫問題は「環境問題」なのだと言われれば、多少は耳を傾けてくれるかも知れません。 実際、庭にフンをされて怒っている方は、地域猫用のトイレを作り、猫好きの世話人さん達がトイレの管理をする事で庭を綺麗に保てますし、きちんとエサを与えればむやみにゴミ置き場が荒らされる事もなくなります。 発情期の大きな鳴き声は騒音ですが、避妊去勢をしておけば鳴かなくなります。 「地域猫」として人間が管理してあげれば、猫嫌いな人にとっても猫から受ける迷惑や被害が無くなるという利点があるのです。 「地域」の猫ですから、一個人ではなく、その地域の自治会や町内会長、そして区役所等の行政も一丸となって進めていく事が大切です。 なかなか面倒ではありますが、話を聞いていて「地域猫活動」とは「町づくり」なのだと思いました。 住民が自分達が住みやすい町にしていく為に、協力しあい、行政に掛け合い、自分たちの理想とする町を作り上げていく。 「子供達が安心して遊べる町にしたい」と思うように、「猫達が安心して暮らせる町にしたい」と思うのは当たり前のことですし、動物に優しい町は人にも優しく、その逆もまた然りではないでしょうか。

そして今回参加された2名の方は、ブランの近くでのら猫のお世話をされている方でしたが、お互い初対面。 周りで猫のエサやり等をされている方がいる気配はあるけれど、実際に顔を合わせたりする機会もなく、横の繋がりは全く無いそうです。 でも、同じ猫達のお世話をしているなら情報が共有できた方がいいですし、知り合いになっておいた方が何かと便利。 そんなエサやりさんの交流の場としてブランを使っていただくのも良いのではないかと思いました。 ちょっと後ろめたく感じながら、こっそり野良猫達にエサをあげているエサやりさんが、堂々と集まれる場を企画してみたいと思います。

猫と人が共生できる優しい町づくりに少しでもブランが協力できるよう、今後も色々な企画をしていこうと思っています。 「こんな事をして欲しい」とか、「あんな事してみたい」というご希望がありましたら、お気軽にご相談下さい。 




スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/05/25 14:05 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
先日はありがとうございました。
私も良い経験をさせて頂き感謝感謝です。

どうしても愛護や猫好きさんの問題と捉えられがちで、
先ずそこで理解を得られ難いです。
また、実際に何とかしたい!と考えている方でも環境問題と捉える事の意味が分からない。と言われた事もあります。
(これは私の伝え方が下手なのですが^^;)
ここをご理解頂けたのが一番嬉しいです。やっほーい。

ご参加下さった方々が来て良かった。と思ってくださっていると安心なのですが、一抹の不安は残ってます^^;

まだまだあたしゃ未熟者なのであの程度の事しか出来ないのですが、こんな私でもお役に立てる事がありましたらご遠慮無くお声掛け下さい。
宜しくお願い致します。
2016/05/27(金) 08:56:11 | URL | オカン(Iこと今井です~) #CjlWd7YA[ 編集]
オカンさん、こんにちは。
返事が遅れてすみません。

先日は、遠いところお越しいただきありがとうございました。私も知らない事ばかりだったので勉強になりました。 さすが、現場で活躍されているオカンさんは凄いです。説得力もあります。 参加されて皆さんも喜ばれていましたので安心して下さい。

またお世話になる事もあると思いますが、引き続きどうぞよろしくお願いします。
2016/05/28(土) 13:44:02 | URL | おかもと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する