スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
 2011年3月11日
2016年03月11日 (金) | 編集 |
人には誰でも「忘れられない日」があるのかも知れませんが、私は自分が結婚した年も、親の誕生日も覚えていない日付に疎い人間。 だから、「何月何日にどこで何をしていたか」を覚えている日はほぼありません。 唯一、明確に覚えていて、きっと一生忘れないのは2011年3月11日、東日本大震災が起きた日です。 

その日、私は外出していて、地震の後、急いで車で家に戻りました。 車を運転しながら、映像が見えないテレビの音だけを聞いて、自分の家も津波にのまれるんじゃないかと錯覚するような不安でいっぱいだったのを覚えています。 家に大きな被害はありませんでしたが、地震で鍵を閉めていなかった窓が全開になっていて、愛猫のジェスロの姿がなく、外に逃げたと思って柴丸と一緒に探し回りました。 暗くなってしまったので家に帰り、柴丸にエサをあげようとしたらジェスロが家具の裏から出てきて体のチカラが一気に抜けました。 


うちの猫写真 506


あれからもう5年、色々な事がありました。 家には2匹の姉弟猫「芹」と「ディラン」が加わりました。 地震の時には元気だった私の母と夫の母は、もうこの世にはいません。 ちばわんで保護した被災犬を預かってくれた元気一杯だった友人も、あっと言う間に癌で亡くなりました。 「自分もいつまでも健康ではない。 今やらないと、いつやれるか分からない。」 その頃はまだ何となくしか考えていなかった猫カフェのオープンに踏み切ったのも、震災の影響が大きかったと思います。


うちの猫写真 260


5年が経ち、最近では震災の事を思い出す事もありません。 でも5年も経つのに、まだ震災前の生活に戻れない方が沢山いらっしゃいます。 まだ仮設住宅を出られない方、家があるのに帰れない方、家畜を全て失った方、農地があるのに使えない方・・・。 私が被災者の立場だったら、保育園落ちたどころの騒ぎではなく、「日本死ね!」と思います。 日本死ねと思いながら、自分が死ぬかも知れません。


うちの猫写真 393


東日本大震災から学んだ事は沢山あります。 自分の大切な物は自分で守らなければ誰も助けてはくれない事。 被災して全てを失っても国や自治体は何もしてくれない事。 だから自分が困らない為の備えが大切な事。 ブランの猫達も含め、私には5年前より守らなければならない物が色々増えました。 きっと多くの方が、2011年3月11日を覚えていると思います。 今一度あの日を思い起こし、自分の大切な物を守る為、今後、起こると言われている首都圏直下型地震や南海トラフ地震に備えていただければと思います。




スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/03/11 16:55 | 柴丸&ジェスロ | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。