スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
 アッシュの家族が決まりました。
2016年03月04日 (金) | 編集 |
アッシュの件では多くの皆さまに悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。 また、アッシュの急逝を悼む沢山のメッセージをありがとうございました。 私にまで優しいお言葉やご心配をいただきありがとうございます。 まだ気が緩むと涙が溢れてしまいメッセージの返信ができませんが、私は大丈夫です。

水曜日にはブログでアッシュの急逝を知った方々が、お花を持ってご来店下さいました。 店内に設けたアッシュの祭壇は、お花でいっぱいになりました。 沢山のお客様に可愛がってもらい愛されたアッシュは、短くも幸せな人生だったと思います。

DSC_4449.jpg


1歳の元気な猫が急死してしまった事は私の中でも納得できず病理解剖も考えましたが、死因が分かったところでアッシュが生き返る訳でもなく、何より綺麗なアッシュの体に傷をつけるのが嫌だったので、そのまま火葬していただきました。


DSC_4441.jpg


アッシュが正式譲渡になった後で亡くなっていたら、遺骨は私の所へは戻ってきませんでした。 2月27日がアッシュの寿命が尽きる日でそのままブランに居たとしたら、誰もいない深夜に倒れて介抱もされないまま息を引き取ったでしょう。 アッシュが譲渡先でずっと幸せに暮らしていたら、今はまだ鮮明に覚えているくぐもった鳴き声や膝に乗った時の重さや甘える仕草も、記憶の彼方へ消えていったと思います。 でも、アッシュが戻ってきた事で、私の心の中にアッシュの居場所がしっかりと出来ました。 数え切れない程のアッシュの思い出は、ずっとそこに留まって繰り返し思い出され、消えることはありません。 それが本当の意味でアッシュが「私の家族になった」という証なのだと思います。 

おもちゃとマタタビの日 050


子猫の頃は、お客様にオモチャで遊んでもらうのが大好きでした。 運動神経が良くて、大ジャンプも得意でした。 オヤツが大好きな食いしん坊で、指まで噛んで叱られました。 一番腕が長いのに、すぐに目を瞑るからいつも鼻先を引っかかれでイジケていました。  身体は一番大きくなったのに中身は子供のままで、ケンカを売っては返り討ちにあい、「アイツがいじめるんだよ~」と鳴きながら私の所へ言いつけにきました。 そんな屁タレなアッシュが可愛くて大好きでした。 多分、皆さまの心の中にはそれぞれのアッシュの姿が記憶されていると思います。

おもちゃとマタタビの日 097


葬儀を私の名前で申し込んだので、アッシュの骨壷には「岡本アッシュ」の記されていますが、アッシュはブランの子だと思っています。 アッシュにとって一番長く過ごしたブランがアッシュの家で、可愛がってくださった皆さんがアッシュの家族なのだと思います。 心の中にアッシュの居場所を作って下さった皆さまが、アッシュの本当の家族なのだと思います。 預かりっ子達の家族を探すのが私の役目ですが、アッシュにはもうこんなに沢山の家族がいた事に今更、気付きました。

おもちゃとマタタビの日 057

私はいつも「一日も長く生きて飼い主を喜ばせるのがペットの役目だ。」と動物達に伝えます。 アッシュはこんなに早く逝ってしまい、私を含め多くの家族をこんなに悲しませました。 だからアッシュには守護天使となって働いてもらいます。 天からブランやブランの猫達を守れるのは、天使になったアッシュにしか出来ない仕事ですから。 屁タレで食いしん坊なアッシュの事ですから、時には仕事をサボって猫部屋の棚の上でゴロゴロ寝ていたり、オヤツの時には他の猫に紛れて食べにくるかも知れませんが、大目に見てあげて下さい。

おもちゃとマタタビの日 051

今日から猫部屋には新しい猫が2匹、入居しています。 この子達もアッシュがちゃんと仕事をすれば、きっと良い家族を見つけられると思います。 それまでアッシュ同様、可愛がってあげてください。 どうぞよろしくお願い致します。



スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/03/04 00:02 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/03/30(水) 20:50:03 | | #[ 編集]
鍵コメさま。
コメントありがとうございます。 アッシュを可愛がっていただきありがとうございました。 また、大きな供花もありがとうございます。 アッシュも喜んでいると思います。 機会がありましたら、また遊びにいらして下さい。
2016/04/01(金) 17:22:27 | URL | おかもと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。