アッシュの事
2016年03月01日 (火) | 編集 |
アッシュの事で皆さまにご報告しなければならない事があります。 本当はもっと早くご報告しなければいけなかったのですが、私自身の気持ちが混乱していて書けずにいました。

2月21日からトライアルに出ていたアッシュですが、28日の朝、ねこ親さんから「アッシュが昨夜、急逝した」と電話がありました。 27日の夜、家の中を歩き回っていて、バタンと大きな音がしたので行ってみるとアッシュが倒れていて意識が無かったそうです。 急いで夜間救急病院へ連れていったが既に心配停止状態で、獣医さんも「脳か心臓に突発的な発作が起きたのではないか」と言っていたそうですが死亡原因は特定できなかったそうです。

アッシュの遺体は28日の開店前にねこ親さんが持ってきて下さいました。 私の知っているきれいなアッシュでしたが、冷たく硬くなっていました。 アッシュは店にいましたが、お客様には伝えられませんでした。 私は涙を抑えるのに精一杯だったので。
閉店後にアッシュを猫部屋に連れて行き、みんなに会わせた時、崩れ落ちて号泣しました。 40年以上生きてきて、自分でも驚くほど泣きました。 悲しさと悔しさと申し訳なさで気が狂いそうでした。
アッシュを家に連れて帰ろうかとも思いましたが、アッシュの家はブランだし、アッシュはここへ帰って来たかったんだろうと思い、猫部屋とガラス戸で仕切られたロッカールームにアッシュの好きだった敷物の上に寝かせて帰りました。

29日の朝、平和会ペット霊園に電話し、火葬の予約をしました。 キャバリアのブリーダーレスキューで一斉手術を行なった際、会場となった霊園です。 こんな形でお世話になるとは思っていませんでしたが、丁重に葬っていただきました。 店にブランを迎えにいき、抱っこして猫部屋を歩き回りました。 1年以上、毎日一緒に過ごした猫部屋。 いつもアッシュが動き回っていたのに、腕の中で固まったままのアッシュを抱いて色々な話をしました。 ダンボールにお気に入りの敷物を敷き、食いしん坊のアッシュが好きだったおやつとフードを入れ、咥えたら放さなかった大好きな兎の毛皮も入れてペット霊園に向かいました。

参列者は私と愛犬の柴丸だけでした。 沢山のお花で体を覆い、おやつとお気に入りのオモチャを持たせて火葬しました。 アッシュを可愛がって愛してくれた沢山の人の分もお線香を上げました。 アッシュの骨は健康で若い猫らしく、きれいに残りました。 真っ黒の肉球が可愛かった足先も、天使の羽の肩甲骨も、仏様の形をした喉仏も、長すぎる程長くしなやかな尻尾の先まで、1つ1つその全てを骨壷に収めました。

お骨はそのままブランに持ち帰り、ガラス越しに猫部屋が見える場所に置きました。 今日は店内に祭壇を作り、アッシュを知っているお客様には亡くなったことを伝えました。

犬の預かりをしている頃から、「私が関わった動物は必ず幸せのレールに乗せる」という強い思いで犬猫の預かりボランティアをしてきました。 どの預かりボラさんもそうだと思いますが、自分の愛犬愛猫と同じように預かりっ子に愛情を注ぎ、自分の子以上の手間と時間と気を使って預かりっ子が幸せになれるよう努力しています。 本当はずっと手元においておきたいけど、自分が飼うより幸せになれると信じて、泣く泣く送り出します。 赤ちゃんのように甘えてくる可愛くて大好きなアッシュを送り出したのも、アッシュが本当の家族の元で一人っ子として幸せになれると思ったからです。 アッシュを譲渡しなければ、今もまだ元気にブランで遊びまわっていたんじゃないかとか、私が何かを見過ごしていたんじゃないかとか、思うところは沢山あります。 何が間違っていて何が正解だったのか、まだ分かりません。 今はただただアッシュがこんな若さでこの世を去ってしまった悲しさと悔しさ、アッシュを可愛がって応援してくれた皆様に対する申し訳なさで心が一杯です。 「おめでとう」と言ってもらったのに、幸せになれると信じてもらったのに、こんな辛い報告をする事になってしまいました。 本当にごめんなさい。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/03/01 23:40 | カフェブラン | Comment (6) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
初めまして・・・

とても悲しい内容で思わず泣いてしまいました・・・
なんで、どうして・・・アッシュくんは急いで逝ってしまったのでしょうか・・・

我が家でも、現在お試し中です。
今まで以上に気をつけて、我が仔を大切に育てていきます。

どうぞ、お身体に気を付けて下さい。
アッシュくんもきっと心配していますよ。

貴女の事が大好きだから・・・。
2016/03/03(木) 19:57:35 | URL | hatiware-mama #-[ 編集]
hatiware-mamaさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

現在お試し生活中なんですね。
無事にお試しが終わって、正式な家族になれますように。
可愛い子との生活が1日も長く続く事をお祈りしております。
2016/03/04(金) 13:16:29 | URL | おかもと #-[ 編集]
>兎の毛皮
それ猫の毛皮かも知れませんね
日本の法律では毛皮の表示義務はないので犬や猫の毛皮が「ラビットファー」として売られることは珍しくありませんし

ちばわんはリアルファーに賛成の立場との理解でよろしいですか?
2016/03/07(月) 11:32:15 | URL | ミミ #ftr86F3A[ 編集]
ミミさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

言葉が足りなかったようですみません。アッシュに持たせたのはお客様からのご寄付でいただいた市販されている猫用のオモチャです。 ちばわんはファッション等に使う毛皮の使用に反対しています。誤解を招いてしまうと困るので文章を直させていただきますね。
ご指摘ありがとうございました。
2016/03/08(火) 01:01:04 | URL | おかもと #-[ 編集]
遅ればせながらアッシュの訃報を知りました。子猫の時、妹の小春ちゃんを守る(?)姿やおもちゃを「グルルルル」と唸りながら口いっぱいに咥えてる姿、富士子姐さんやサバオにしばかれてしょんぼりするけどすぐに立ち直るたくましさ。色々思い出してしまいました。時間が出来たら弔問に行きたいと思います。
2016/04/06(水) 23:27:47 | URL | ニコラヰ #-[ 編集]
ニコラヰさん、コメントありがとうございます。

生前はアッシュを可愛がっていただきありがとうございました。このようなご報告になってしまい申し訳ありません。機会がありましたら、また遊びにいらしてください。
2016/04/09(土) 13:37:52 | URL | おかもと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する