五郎と京子のねこ親募集開始
2015年11月11日 (水) | 編集 |
10月15日に横浜市動物愛護センターから引き出し、ブランに入居している五郎と京子。 このブログでは紹介し、HPでは紹介していたものの、肝心のちばわんHPに掲載依頼するのを忘れていて昨日、掲載していただきました。(;^_^)
ちばわんHPに掲載をお願いすると、「いつでも里親募集中」や「ペットのおうち」というペットの里親募集をするHPにも投稿していただけるのですが、まぁ投稿数の多い事!ヽ(゚ロ゚;)
全国から飼い主のいない犬猫の投稿が集まるのですが、特に猫の里親募集は多くて子猫から老猫、白黒から三毛まで色とりどり。 この中から選んで貰うなんて女子アナ並の競争率なんじゃないかと思われる・・。Σ(´□`;)

ネットや広告で飼い主を募集する際に大事なのは、如何に可愛い写真を撮るかという事。 犬もそうですが、特に猫は見た目重視。 兎に角、写真選考を通過しなければ次に進めないのです。 そんな訳で、京子と五郎の募集広告にはカフェブランのオリジナルカレンダー等でも写真を使わせていただいているNagaさんの写真を投入!


229872062_org.jpg

(↑) 里親募集写真とは思えぬアーティスティックな写真。(京子)


ほんとにね、猫の里親を見つけるのは犬以上に難しいです。 特に大きくなってしまった成猫は箸にも棒にもかからない。 その癖、もう最近では一年中子猫が生まれては捨てられ、犬よりも生まれる数が圧倒的に多い。 保護はするものの里親が決まらず、家にどんどん猫が溜まっていき2~30匹の猫を家で保護しているなんて人はとても多いのです。 ブランは今月で1周年を迎えますが、これまで18匹の猫に家族が見つかりました。 成猫で、しかも7歳10歳といった年齢の猫である事を考えれば、予想以上の高成績だと思います。 赤字経営でも、これだけの猫が家族を見つけられて幸せになれたなら、開業した甲斐があるというもの。


229328013_org.jpg

(↑) 京子。 (Photo by Nagaさん)


話がずれましたが、そんな訳で写真はとても大事なのです。 私も犬の預かりを始めてからデジイチを購入して使用していましたが、10年も酷使するとカメラもさすがに壊れてきて、最近、新調しました。 年を取ると新しい事を覚えるのが大変て言いますけど、本当に大変、というか億劫なのですが、明後日の金曜日にはブランにプロの写真家さんを招いての写真教室も行われますので急いでカメラの使い方を覚えている所。


229327673_org.jpg

(↑) 五郎。 (Photo by Nagaさん)

ボディだけで28800円(レンズは夫のおさがり。)という格安カメラではありますが、10年前のカメラに比べると性能は格段に上がっていてピントが合ってシャッターがきれるまでが速い! ピントの合う範囲も広くて物体が移動してもピントが合い続けるから連写が面白くてハマっています。


DSC_0129.jpg

(↑) 五郎。

まだ練習中なのでアングルとかはこれからですが、猫は動きがあるので楽しいですね。 それから、センターにいる時から右目が腫れて開いていなかった五郎ちゃん。 毎日、目薬をつけて随分開いてきたのですが、元々目が小さい上に顔が黒いのでなかなか顔が写真に写らない。 漸く、今日、目が分かる写真が撮れました。


DSC_0140.jpg


おもちゃが写りこんでしまいましたが、五郎ちゃんはこんな顔(↑)。 猫にも人にも性格花丸の元気な男の子です。 ブランでお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願い致します。


スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/11/11 18:08 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する