カンちゃん、ねこ親決定報告
2015年10月11日 (日) | 編集 |
3連休の2日目。相変わらず暇なブランです。お客さんが来なくて困っちゃうよね~。暇だから、またブログアップしちゃおーっと。嬉しい報告もあるからね。


IMGP3151-1.jpg


3月からブランに入居していたカンちゃんの新しい家族が決まりました。ロン・チー・ポンの麻雀3兄弟の1匹だったカンちゃん。ロンとチーポンが先に卒業し、カンちゃんはブランでのんびりと家族を待っていました。スコティッシュが混ざったような丸みのある風貌とのんびりした性格が人気だったカンちゃん。ちょっと強面に見えたり、お客さんがいる時はソファーの下で寝ていたりと積極性がなかったせいか、今までお問い合わせはありませんでしたが、常連さんなどの通な方からは人気がありました。


IMGP3122.jpg


写真も寝姿が多いのですが、オモチャでも遊ぶし、可愛い声で鳴きながら指を舐めてくれるし、毎日、店に行くと一番に出迎えてくれるのはいつもカンちゃん。新入りにいじわるされても喧嘩する事なく、性格もとても穏やかな可愛い子なのです。


IMGP3153.jpg


カンちゃんの新しい家族は60代のご夫婦。穏やかでのんびりとした生活環境は、カンちゃんに合っているかとは思いますが、元々兄弟で飼われていて、1匹になるのは多分、カンちゃんにとっては初めての事。お届けから1か月はトライアルになるので、様子を見ながらカンちゃんには新しい生活に馴染んで欲しいなと思います。


ルチアとか 001


これで、麻雀3兄弟はみんな卒業。一緒に入ってきた子達が全部卒業すると、一つの時代が終わったような気がします。新しい家族の元で幸せになる事が目標で喜ぶべき事ですが、一緒に暮らした動物と別れるのはやはり寂しいものです。

最近、ブランに入居する猫は横浜市動物愛護センターからやってきます。そして、その殆どが元・飼い猫と思われます。明らかに(箱に入れられたりして)捨てられた猫もいれば、迷子になってしまったのか、「飼い主不明の猫」として保護される猫もいます。ロン・チー・ポンは、同じ場所に捨てられていました。動物が嫌いな人は、元々動物を飼ったりしません。犬や猫を捨て、動物を不幸にする人は、実は自称「犬好き」「猫好き」な人達です。今更ですが、動物は命ある生き物。動物を飼うというのは、その命に責任を持つ事です。最近は20年以上生きる猫も珍しくありません。動物を飼う前に、最後まで本当にその命に責任が持てるかどうか熟考していただきたいと思います。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/10/11 14:34 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する