アニマルコミュニケーション
2015年10月10日 (土) | 編集 |
3連休の初日、皆さま如何お過ごしですか? 土曜日なのに全くお客さんがこないブランです。暇なのでブログでもアップしようかと思うのですが、皆さん「アニマルコミュニケーション」てご存知ですか?ブランでも何度かワークショップを行っているのですが、「動物と直接、話をする」のがアニマルコミュニケーション(AC)です。占いや行動学のような物ではありません。


猫部屋おもちゃで遊ぶ 017

(↑) 麦 メス 1歳


「そんなの出来る訳ないじゃーん」と思いますが、やってみると意外と出来ます。そもそも人間には動物と会話する力があり、使い方を忘れているだけなのだそうです。今まで何度か初心者を集めてACのワークショップを開催してきましたが、みんな多かれ少なかれ、何かしらの情報を動物達から受け取っています。


猫部屋おもちゃで遊ぶ 027

(↑) 富士子 メス 1歳


コミュニケーションをとる時は、瞑想状態に入り、心の中に相手となる動物を呼び出します。動物と言葉で会話をする人もいれば、映像が見える人、答が文字で現れるという人もいます。私は映像タイプで、これも動物の目線で見える人や俯瞰で上から全体が見える人、フラッシュバックのように写真のような映像が見える人など様々ですが、私は夢を見ているような感じでその動物と一緒に行動する動画タイプ。調子が良いと動物と一緒にお宅の中へお邪魔するので、間取りなども分かってしまいます。練習する時は先入観が入らないように知らない動物とコミュニケーションし、得た情報を飼い主さんに確認します。(ただの妄想という可能性も大いにあり得ますからね。)だからそのお宅へ行ったことも当然ないのですが、「キッチンの引き戸を開けると廊下を挟んで和室があって、押入れと炬燵がある」等と説明して整合性を確認します。


猫部屋おもちゃで遊ぶ 037

(↑) オレオ 2歳 オス (ナビスコ兄弟)


映像だと飼い主さんに確認できる情報は多いのですが、動物達の考えている事などは分かりづらく、深い話が出来ません。だから私は「会話がしたいな~」と思っていたのですが、コミュニケーションの方法は人の持つ個性のような物らしく、「映像が見たい」「会話がしたい」と思ってもなかなか思い通りにならなかったりします。練習を積んで自分の能力を伸ばすしかありません。


猫部屋おもちゃで遊ぶ 033

(↑) リッツ オス 2歳 (ナビスコ兄弟)


先日もブランでワークショップがあり、私は2匹の猫とコミュニケーションの練習をさせていただいたのですが、今回は2匹と会話をする事ができました。今までも少しは声が聞こえた事があったのですが、今回は質問に対する的確な答えが返ってきて、これがとても面白かったのです。その子の話し方から性格や感情も分かり、正に「動物と話した」という実感があります。


猫部屋おもちゃで遊ぶ 004

(↑) 白猫アナ 1歳 メス

人によっては自分のペットや自分が知っている動物は先入観が入るのでACはしない方が良いと言われる場合があります。私はまだAC初心者だし自分のペットとはコミュニケーションをしない方が良いのかも知れませんが、一番知りたいのは自分の身の回りの動物達の事ですよね。それで少し前に愛猫の「芹」とACをした事があり、その時も芹が色々話してくれて、それがとっても可愛かったのです。本当に芹が話してくれたのか、ただの私の妄想なのか自信がなかったのですが、ACの後から芹の行動に明らかな変化があったのでこれは本当に芹が話したのではないかと今は思っています。


猫部屋おもちゃで遊ぶ 010

(↑) 竹丸 オス 2歳


誰でもACを出来る能力を持っています。最初から上手くコミュニケーションが出来る人もいれば、なかなか上手くいかない人もいるかも知れませんが、それは生まれつき「絵が上手い」とか「足が速い」とかいう資質と同じレベルの話で、コツを掴めばある程度は出来るようになります。昔、「動物は痛みを感じない。動物が鳴くのは機械がキーキー鳴るのと一緒。」と信じられていた事があります。動物と暮らしていれば、動物達が痛みや喜びといった感情を持っている事はすぐに分かります。それでも、その感情や動物達の考えや理解力がどれ程深いかを知らない人間はまだ沢山います。世界中の人が動物と話せたら、動物達を取り巻く環境はどれほど変わるだろう?人間と動物との共生は、どれほど進化するだろう?単純に、動物と話せたらどれほど楽しいだろう?夢物語のようですが、是非、騙されたと思って一度挑戦していただけたらと思います。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/10/10 14:58 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
先日、ACのWSでお世話になったT野です。
その節はありがとうございました。
目に見えない耳にも聞こえないものをキャッチするなんて無理無理~と思いながら参加しました。
拙いながらも、先入観とは言い切れないようなイメージが私にも浮かんだのにはびっくりしました。

当日は前日から立てなくなった犬を留守番させながらの参加でした。
WSではAC修行中の方とペアを組ませていただいて、いろいろメッセージをいただきました。
犬はWSの二日後に旅立ちました。
このタイミングでの参加は本当に偶然だったのですが、私には意味深いものになりました。
2015/10/12(月) 18:13:16 | URL | ちゃみハハ #sCdCES4I[ 編集]
ちゃみハハさん、こんにちは。
お返事がおそくなってすみません。

先日は、ACにご参加ありがとうございました。動物からのイメージも受け取れたようで良かったですね。ACは誰にでも出来るんだという事を分かっていただく為のWSなので、少しでも実感していただければ嬉しいです。

ちゃみさんが虹の橋を渡られたんですね。旅立つ前にメッセージを受け取れて良かったですね。ちゃみさん、伝えたい事があったのかな。感謝の気持ちを伝えたかったんじゃないかな。最後まで大事に愛されながら旅立てたちゃみさんは、とても幸せ者だと思います。

落ち着いたらまた遊びにいらして下さいね。ちゃみさんのご冥福をお祈り致します。

2015/10/14(水) 18:14:42 | URL | おかもと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する