タマちゃん正式譲渡&チーポン、ロン近況報告
2015年07月25日 (土) | 編集 |
5月のねこ親決定ラッシュの後は、嬉しい正式譲渡ラッシュ。
今回は、タマちゃんの正式譲渡報告です。


タマちゃん正式譲渡 004-2


タマちゃんのおうちは、店から徒歩5分ほど。 先日、写真を撮りにお邪魔してきました。 高齢のご夫婦のお宅ですが、トライアル中も息子さんご夫婦から近況報告のメールをいただいており、タマちゃんもご夫婦にはすっかり慣れた様子。


タマちゃん正式譲渡 001-2


美味しいコーヒーをいただきながら、タマちゃんがいかに良い子で可愛いか、たっぷり聞かせていただきました。 80代のご夫婦ですが、店まで猫のお見合いに来られたり、頭も体もすごくお元気なご夫婦。 タマちゃんと暮らし始めて益々お元気になられたようです。 息子さんご夫婦からも、「タマちゃんが来て生活に張りがでたみたい。」と喜びのメールをいただいています。

ずっと動物と暮らしてきた方にとって、「高齢だから」という理由でペットを飼えなくなるのは、とても寂しく辛い事だと思います。 本当に動物との暮らしで癒しが必要なのは、ずっと家にいる高齢者の方ではないかとも思います。 一方で、飼い主が亡くなって愛護センターなどに捨てられる犬猫が多いのも事実です。 今回のねこ親のKさんのように、息子さんやご家族が「何かあれば猫の面倒は私達がみます。」という後継者がいる事で、安心して猫と暮らせるKさんご夫婦は、とてもお幸せな方だと思います。

年齢に関わらず、「寂しいから」という理由で最初から飼いきれないと分かっているのにペットショップで子犬や子猫を飼うのは止めて欲しいし、明らかに飼いきれないと分かった上で、子犬や子猫を売りつけるペットショップにも問題があります。 飼いたくても飼えない方には、猫カフェのような場所で動物と触れ合っていただくのも一つの方法です。 双方が幸せを享受できる生き方こそが、真の共生ではないでしょうか。

そして、先日のチャトのお届けの後、近くにお住まいのチーポンとロンの猫親さん宅にお邪魔してきました。


お届けチャト、チーポン、ロン 015


早速、迎えてくれたのはロンちゃん。 「いらっしゃい。ボクんちに何か用?」って感じで、すっかり我が物顔。 新しい名前は、「バロン」君。


お届けチャト、チーポン、ロン 005

 
はい、お久しぶりのチーポン。 新しい名前は、「ムーン」ちゃん。 ブランにいた時より、ちょっと痩せた感じもします。 ねこ親さんが心配する位、二匹で遊びまくっているみたいですからね。


お届けチャト、チーポン、ロン 008


ねこ親のKさんご夫婦には、来月赤ちゃんが誕生予定。 よく「妊婦が猫に触ると流産する」等と言われるのは、「トキソプラズマ」という寄生虫のせいです。 実際に、妊娠を理由に猫を手放す方もいらっしゃいますが、きちんと検査をすれば、そんな必要はありません。 詳しくは、他サイトの「トキソプラズマ症と猫と妊婦」などをご覧いただくとして、Kさん自身は子供の頃からずっと猫と一緒に生活していて既にトキソプラズマ症が陽性だった為、今回も問題なく一緒に暮らしていらっしゃいます。

妊娠中や子育て中も、猫の癒しが必要な時期かも知れません。 皆が幸せに暮らせるといいですね。


スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/07/25 18:38 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する