スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
 迷子犬の捜索と捕獲の方法
2015年07月12日 (日) | 編集 |
今は犬の逸走が増える時期です。 夏場は外出する機会が多いので出先で逃げる事もあれば、窓を開けていて犬が家の中から逃げ出す事も多いです。 また、怖がりの犬は雷や花火に驚いてパニックになり、逃げてしまう事もよくあります。 ちばわんの卒業犬でも迷子が頻発しています。 お近くの方は、気にしていただければ幸いです。

ちばわん 迷子情報

多くの方がブログやSNSで迷子にしない方法や注意事項を発信していらっしゃいます。 かけがえのない家族が居なくなってしまった時の衝撃や悲しみ、そしてその捜索には多大な労力と費用を必要とします。 犬猫を飼っていらっしゃる方は、是非、参考になさって下さい。

私も何度か迷子犬の捜索と捕獲をお手伝いした事があります。 ちばわん関係者の方は既にご存知だと思いますが、「実際に逃げた時にどうしたら良いか分からない」という方は、事前情報として知っておくと良いかも知れません。 今回は、犬の捜索方法をご紹介します。 長くなりますが、実際の捜索と捕獲は想像以上に大変な物だとご理解下さい。

まず大事なのは、初動捜索です。 犬の捜索は時間との勝負。 時間の経過と共に保護できる確率は下がります。 「明日になれば自分で帰ってくるかも~・・」等と、のんびりしていてはいけません。 長年飼っている犬ならば自力で帰ってくる事もありますが、その間に交通事故などで死亡する可能性もあります。 兎に角、一刻も早く捜索を開始します。

捜索には人の目が必要です。 一人で歩き回って、偶然、遭遇する率は低いです。(馴れている犬ならば、いつもの散歩コースや犬が好きな場所へ行ってみましょう。) 特にパニックになって走り出した犬は、どこへ行くか分かりません。 こうした場合は、チラシを配ります。 

e3fd4d732e9a91e0490da1d95c6f51ba.jpg


上の写真は、現在、迷子捜索中の犬のチラシです。 ちばわんの場合は、迷子が出るとこうしたチラシやポスターを作る担当の方に連絡が行きます。 犬を逃がした本人は、なかなか落ち着いてチラシ等を作っている余裕がないと思いますので、友人や家族にチラシを作ってもらいましょう。 チラシは、「分かりやすい写真と犬の特徴」「飼い主の連絡先と名前」「逃げた日付と場所」が必要です。

チラシが出来たら、出来るだけ多くの場所に貼ったり、ポスティングしたりしたりして、近所の人に知ってもらいましょう。 犬の居場所を見つけるには、目撃情報しかありません。 一人でも多くの人の目で探してもらうしかないのです。 (本来、電柱などにチラシやポスターを貼るには許可が必要です。 やむを得ずはらしてもらった場合は、後できちんと撤去しましょう。)
動物愛護センターや交番、動物病院などにも連絡してチラシを渡します。 交番や愛護センターは、横のつながりが弱く、市や区をまたいでしまうと迷子犬の情報は伝わりません。 犬はどこまで移動するか分かりませんので、近隣の市や区にも個々に連絡しておきましょう。

この辺りの作業(1~2日)で保護できればラッキーです。 保護できない場合、犬は時間の経過と共に移動する範囲が広がりますので、捜索範囲も広げなければなりません。 ポスターを貼ったり、チラシを配ったりする範囲を広げますが、労力も大変な事になりますので、新聞の折り込みを使うのもお勧めです。 折り込みを入れる地域は、自分で指定できます。 広範囲で捜索を行う場合は、チラシやポスターを貼った場所や店、折り込みをいれた地域などが分かるように地図に記入しておきます。(撤去する際にも必要になります。)

捜索の頼りは目撃情報です。 寄せられた目撃情報を地図に記載して、現場に向かいます。 目撃された地域に重点的にチラシやポスターを貼りましょう。 情報が多い程、犬の居場所が特定できます。 時間の経過と共に、どの方面に移動しているかも分かります。 先回りしてチラシを配っておくのも良い方法です。 ここで注意しないといけないのは、その目撃情報が本当に「自分がさがしている犬か」という事です。 犬の捜索をしていると、「世の中にこんなに迷子犬がいるのか?」と思う程、違う犬の目撃情報が入ってきます。 似たような犬の場合もあれば、似ても似つかない犬だったりする事もありますが、善意で連絡して下さった方々です。 感謝して、自分で情報は整理しましょう。

そもそも、人馴れしていたり、呼び戻しの効く犬であれば、この時点で誰かが保護してくれているはずです。 怖がりだったり、人の姿を見ると逃げるような犬で、飼い主が呼んでも自分から寄ってこない犬だと保護は難しく、事実上の「捕獲」が必要となります。 日数が経過すれば犬も何かを食べなくては生きていけません。 よく犬が現れるのは、猫のエサ場です。 犬がエサを食べにくる場所や寝場所が特定できれば、「捜索」から「捕獲」へとコマを進めます。 焦ってエサ場や寝場所に大勢で乗り込むような事は、絶対にやってはいけません。 遠くから犬に見つからないように見張り、「本当に自分の犬か。」「毎日、来るか。」「何時にくるか。」を確認します。 他人の敷地である場合は、家主さんに捕獲の協力をお願いします。

人を見ると逃げるような犬の場合は、野生動物を捕まえるのと同じですので捕獲器を使用します。 捕獲器は、保健所などで借りる事ができます。 捕獲器は、どこにでも勝手に設置して良い物ではありませんので、保健所に相談します。(個人の敷地の場合は、家主さんにお願いします。) 捕獲器を設置したら、中にエサを置きます。 通常、中に動物が入るとふたが閉まる仕組みですが、最初は捕獲器に慣らすため、ふたが閉まらないように細工し、犬が警戒せずに捕獲器の中のエサを食べるようになるまで数日おきます。 

犬が捕獲器に慣れたら、いよいよ捕獲です。 細工をといて、ふたが閉まるように仕掛けます。 犬が入って捕獲できれば、愛犬と涙のご対面ですが、犬は捕獲器の中でパニック状態です。 焦って再び逃がさないよう、気を付けて安全な場所に移動しましょう。 何かしらの理由で捕獲に失敗した場合、犬が捕獲器を警戒するようになり、再び捕獲器で捕まえるのが難しくなります。 折角、特定できたエサ場や寝場所を移動してしまうケースもあり、こうなると捜索はふりだしに戻ります。 捕獲は失敗のないよう、焦らずに万全の態勢で臨みましょう。

犬が保護できたら、二度と逃がさないようにするのはもちろんですが、病院へ連れていって一通り検査をしてもらいましょう。 放浪生活でノミダニや寄生虫がついていますし、怪我をしている場合もあります。 何故か太っていたり、運動量が増えて筋骨隆々になっている犬もいます。 外の生活に楽しみを覚えてしまった犬は、機があればまた逃げ出そうとしますので、一層の注意が必要です。

最後に、貼ったチラシやポスターはきちんと回収しましょう。 届け出た場所やお店なども、お礼を言って回収します。 皆さん、気にかけて下さっていたので、「保護できたの? 良かったね。」と喜んでくれます。 最近では、SNSなどでも迷子捜索の記事が発信されますが、保護できた後もずっと掲載されたままになっている場合があります。 電話番号などの個人情報も載っていますので、掲載して下さった方も忘れずに記事の取り下げにご協力をお願いします。

下記にも「迷子犬の探し方」が載っています。 こんな情報が必要とならない事をお祈りしますが、迷子にしてしまった時は、速やかに探してあげて下さい。 

迷子犬の探し方


5ce7b040a431a8da96c6354b135f8ca3.jpg
スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/07/12 16:26 | その他犬関係 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。