ブラン猫「こっちゃん」
2015年02月14日 (土) | 編集 |
今日はバレンタインデーですね。
愛を確かめ合っている皆さん、どうぞお幸せに。
たった独りでキャット・バレンタインを満喫中のおかもとです。

自慢ではありませんが(いえ、ちょっと自慢ですが)、私は猫に割とモテます。
ブラン猫達に関して言えば、みんな私の心と体(膝の上)とエサを我が物にしようと必死です。
一番新入りの「こっちゃん」(正式名:コサバ)も、私にはスリスリゴロゴロの甘えん坊です。


IMGP2888.jpg


こっちゃんは人間大好き。 初対面のお客さんでも、撫でられるとスリスリゴロゴロでとても甘え上手。
でも今はまだ大半の時間をキャットウォークの一番上で過ごしていて、なかなか下には降りてきません。
喧嘩をする訳ではないし、こっちゃんが怖がりな訳でもなさそうですが、他の猫達と一緒にいるのが苦手なようで緊張している感じがあり、独りでいる方が落ち着くようです。


IMGP2893.jpg


今日は、こっちゃんが野良時代にお世話をして下さっていた方が、わざわざ横須賀からこっちゃんに会いにきて下さいました。
こっちゃんも覚えていたようで、下に降りて甘えていました。
知っている人がいたせいか、珍しく床でくつろぐこっちゃんの姿が見られました。


IMGP2897.jpg


2年近く、こっちゃんのお世話をしていたそうで、色々お話しを聞かせていただきました。
こっちゃんが高い松の木のてっぺんに登っていた事。
走るのが速くて、スズメやネズミを捕まえては、口からネズミの尻尾をたらしていた事。
玄関で鳴きながら人が通るのを待っていた事。
エサ場にくる他の猫を追いかけたり、オス猫が来ると逃げたりしていた事。
1匹だけ仲良しの猫がいた事・・・


IMGP2892.jpg


ブランに来てからのこっちゃんは、棚の上で寝ている事が多く、飛んだり走ったりした姿は見ていないので意外でした。
『本当は、もっと走り回りたいんじゃないのかな・・』
『知らない猫に囲まれて、居心地が悪いんじゃないのかな・・』
『部屋の中より外で暮らしたいんじゃないのかな・・』
私としては色々思いを馳せる訳ですが、当のこっちゃんは快食・快眠・快便。
特にストレスを感じている様子もなく、不満と言えば私がこっちゃんの相手をする時間が短い事くらい。


IMGP2901.jpg


ブランで猫達を見ていて驚くのは、猫の順応性の高さです。
「大きくなった猫は人に懐かない」とか「猫は家に懐くから環境が変わると順応できない」とかよく聞きますが、ここで猫達を見ているとそれは人間の思い込みのような気がします。
年齢や個々の性格はありますが、人間の想像以上に猫達は与えられた環境で変わっていきます。


IMGP2890.jpg


これから時間と共に、こっちゃんの秘められた部分が色々現れてくるかも知れません。
そしていつか、こっちゃんにぴったりのご家族も現れてくれると思います。
それまでどうぞ、こっちゃんの応援をお願い致します。


スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/02/14 18:49 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する