「なっちゃん」ねこ親決定&お届け報告
2014年12月24日 (水) | 編集 |
皆さま、楽しいクリスマスイブをお過ごしですか?
だ~れもいない猫カフェで、独りクリスマスイブを過ごしているおかもとです。
新百合ヶ丘辺りでは有名なケーキ屋さん「リリエンベルグ」のシュトーレンをクリスマスプレゼントとしてサービス中ですが、誰も来ないので自分で食べながらブログをアップする私のクリスマスイブ・・・。

さてさて、ブログをアップしていない内にニュースは色々たまってしまいました。
まず、第一に報告しなければならないのは、やはりねこ親決定報告!
(知らない人には説明しよう。 「ちばわん」では猫の新しい家族を里親ではなく「ねこ親」と呼ぶのだ。)


IMGP2418.jpg

はい。 前回の記事でちょこっとふれた「なっちゃん」。
めでたく、カフェブランの卒猫第1号となりました。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
なっちゃんの新しいおうちは、ブランから200m位のご近所さん。
ねこ親のSさんが店の前を通る度、なっちゃんが窓から外を見ていたのだそうです。
少し前に飼いネコを病気で亡くされたSさんは、ブランに新しい家族を探しにきて下さって、「やはり窓から見ていたなっちゃんを・・」をご希望されました。


DSC_3019.jpg


12月16日、店から歩いてなっちゃんのお届けに行ってきました。
(私は犬のお届けは何度も行っていますが、猫は初めてだったので代表の付添いをお願いしました。)
上の写真は、ねこ親さん宅でのなっちゃん。
キャリーケースから出すとゴロゴロ言いながらご機嫌で歩き回り、ソファーでくつろぐ余裕ぶり。
環境の変化に弱い猫のお届けでは、猫が隠れて出てこない事も多いのに、さすが肝っ玉母さん。
『あ~、なっちゃんがこのご家族を選んだのね~』と思わざるを得ない感じでした。


DSC_3028-1.jpg


なっちゃんの名前は「ミタ」さんになり、新生活がスタートしました。
なっちゃんはブランがオープンした時の初期メンバーで、最初に私に懐いてくれて、店に独りでいる時も、開店当初で一番心細かった時もずっと傍にいてくれた心の友でした。
どれだけなっちゃんの存在に助けられたか分かりません。
子猫5匹と一緒に捨てられていたなっちゃん。
見つけた人が保健所に持って行かずに「ちばわん」に相談してくれたから、代表が保護してくれたから、私はなっちゃんに助けられました。
これからは、ミタさんとして幸せな生活を送って欲しいと思います。


IMGP2504.jpg


なっちゃんの抜けた穴は大きいですが、今はなっちゃんの娘「チロル」と「ルチア」がブランに居ます。
そして、明日のクリスマスには、新たな猫達がやってきます。

クリスマスが動物たちにとっても幸せな日となりますように。
尊い命が無慈悲に奪われる事がありませんように。
サンタさんがいるなら、それが私の願いです。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2014/12/24 19:24 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する