お庭のインディ
2013年11月05日 (火) | 編集 |
朝晩は、めっきり肌寒くなってきました。
夏の間、日差しを遮る為に育てたパッションフルーツとキワーノのグリーンカーテンを片付けようと思いつつ、10月に入ってからパッションは花盛りだし、キワーノも実が育ち始めるしで季節外れのグリーンカーテンを残していた我が家。


IMGP1766.jpg


パッションは1つだけ実が大きくなったので収穫。
キワーノは「南国フルーツはもう無理だろう」という冷え込みになったので諦めました。
何より、グリーンカーテンがカメムシの越冬地になりそうな程集まってきたので、漸く伐採する事に。
で、まずは腰高窓を覆いつくし、触手のようにネットに絡みついた蔓をバツバツとハサミで切り離し、外れる枝葉を外してみると・・


ギャッ!!∑(゚◇゚;)


IMGP1767.jpg


ナンジャ、コリャ-ッ!? (゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)



えぇ、そうなんです。
これがキワーノの実なんです。
もっと大きくなって、熟すと黄色くなるのですが、これはまだ成長途中。
気付かぬ場所でいつの間にか育っており、本来、実がなれば喜ぶべき所、どうも不気味なルックスで喜べず。
取り合えず、この実はこのまま残してありますが・・・何だかなぁ。


IMGP1788.jpg


一方、私が南国フルーツと格闘中、庭で日向ぼっこをしていたインディくん。
何故か、プランターの中に入って、パッションフルーツの葉を食べ始める。


IMGP1786.jpg


いやいや、止めなさいよ!
植物には毒のある物もあるんだから。


IMGP1772.jpg


インディは、何でも口に入れてしまうので困り者。
家の中でも危険な物はありますが、外は比べ物にならない程、危険がいっぱい。
拾い喰いをしてはいけない事は理解し、「出して!」と言えば口の中の物を出すようにはなりましたが、小石でも吸殻でも木の実でも、いつの間にか口に入れていたりするので目が離せません。


IMGP1783.jpg


内弁慶で外では怖がりだったインディも、最近はお散歩で会う人に寄って行ったり、外でも楽しめるようになってきたみたいです。
排泄も、お散歩中に出来るようになりました。
危ない事も沢山あるけど、楽しい事はもっと沢山あるから、ひとつづつ覚えていこうね。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/11/05 19:52 | 預かり犬32・33・34 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する