可能性はゼロではない。
2013年11月01日 (金) | 編集 |
♪ 最終列車は始発列車さ
行ったり来たりでも動いてる~♪


って古田新太さんが歌っているカゴメのCMが気に入っています。
人気女子アナとデートしたり、ロック歌手になったり、最近のはドラフト指名されるバージョンが流れていますが、どれも何の根拠も努力もなく、でも「可能性はゼロではない。」という一言で、全てを肯定している所がゆるくて好き。


IMGP1729.jpg


預かり犬がいると、「この子のいぬ親さんは、どんなご家族になるのかなぁ~」と想像します。
有名人とか、普通だったら絶対にお知り合いになれないような人だと面白いなぁ~って。
実際、ちばわんのいぬ親さんの中には、ご高名な方も色々いらっしゃって、お忍びでいぬ親会にいらしたりもするんですよ。
でも、有名人だとワイドショーで別居だ離婚だと報道されると犬の事も心配になるし、連絡は取りづらいし、面倒な事も多いのかな~なんて、要らぬ心配をしてみたりして。


IMGP1724.jpg


以前、オバマ大統領が就任した時、新しく飼う犬を探していて話題になりました。
その時、うちにも預かり犬がいたので、是非ともうちの犬のいぬ親さんになっていただきたいとオバマ大統領にメールを打とうかと思ったほどです。
そうなると、お見合いは預かり宅で行うからオバマ一家がうちに来るわけで、「靴を脱いでくれって言ったら失礼かな。」とか、「SPとか入れると、何人うちに来るんだろう?」とか、色々考えました。
日本の外交に関る問題なので、オバマさんが希望されたらお断りは出来ないですし(多分、断る理由もないと思いますが)、いぬ親決定となれば飼育環境を確認する為にこちらからお届けとなりますから、ホワイトハウスに犬を届けに行く訳です。
お届けの交通費はいぬ親さんにご負担いただくとして、「日帰りは出来ないからホワイトハウスに泊めて貰えるのかな? エアフォースワンでチャチャッと送ってくれてもいいんだけど。」とか、事、相手がアメリカ大統領一家ともなると夢は広がります。


IMGP1740.jpg


その後、オバマ一家はどこかの国のお偉いさんから犬をプレゼントされ、うちの預かり犬もいぬ親さんが決まり、割と近くで幸せに暮らしており、私もTPP問題でいぬ親さんと気まずい思いをする羽目にならずに済みました。
一方、私の夫は滝川クリステルさんのファンで、インディのいぬ親が滝川クリステルさんになるのを夢見ています。
滝川さんは動物愛護に熱心で、2年ほど前のONE LOVEウォークにもプライベートでいらしていました。
今回も滝沢さんが駒沢に現れるのでは?!と期待していましたが、大物文化人ともなるとお忙しいようで、いらっしゃらなかったようです。
お届けは絶対一緒に行って、幸せ写真を滝川さんの隣に並んで撮るそうです。


IMGP1675.jpg

「可能性はゼロではない!」 ですかね。σ(^_^;)
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/11/01 13:20 | 預かり犬32・33・34 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する