頭が良い犬
2013年09月23日 (月) | 編集 |
今日のハルちゃんです。
お散歩前の1コマ。
(家の周りは、脱走できないように柵で囲われています。)


IMG_1285-1.jpg


ハルは、いつもうちの柴丸と一緒に散歩に行きます。
1日2回、1回1時間弱のお散歩です。
ハルは外でも排泄しますが、室内トイレも使えるので、散歩は運動と社会勉強の意味合いが強いです。


IMG_1274-1.jpg


小型犬にしてはお散歩時間が長いですが、ハルは柴丸よりも早いペースで歩きます。
階段も1段飛びで駆け上がります。
お陰でガリガリだった身体も、今は筋肉がついてムチムチ。
結構、運動神経も良いと思います。


IMG_1205-1.jpg


ハルは頭が良くて、物覚えも良いです。
名前もすぐに覚えたし、「オスワリ」「マテ」「ハウス」「オイデ」などのコマンドもすぐに覚えました。
通常、ブリーダーの犬達は排泄物の上で寝起きするのが当たり前だった為、トイレの認識がなく、トイレトレーニングが難しいのですが、室内トイレも「ワン・ツー」のコマンドで排泄する事もすぐに覚えました。
こう書くと、ハルは飼い易い犬のように聞こえますが、実は頭の良い犬は飼うのが難しい。
何故なら、飼い主が犬より頭が良くなければならないからです。


IMG_0627-1.jpg


今日の散歩中、ハルは突然座り込んで動かなくなったり、道路に伏せてしまう事が何度かありました。
無理やり引っ張ったり、立たせたりすれば歩き出しますが、また突然座り込む。
実はこれはハルから飼い主への「抱っこ」コマンドです。


IMG_0605-1.jpg


ハルは以前、後ろ足が弱くて散歩の時にビッコを引いて座り込んだ事がありました。
その時は、大事をとって夫が抱っこして家まで帰りました。
そして今回、手術後の初散歩では階段前で座り込んだので、抱っこして階段を上り下りしました。
これに味をしめて、座ったり伏せたりすれば、抱っこしてもらえると覚えたのです。
で、飼い主に「抱っこ」というコマンドを教えようとした。
私はハルより頭が良いのでハルからのコマンドには従いませんが、こうした犬からのコマンドに従っている飼い主さんは沢山います。
実際、ハルは身体の調子が悪いわけではなく、家の前の階段も駆け上がっていきました。


IMG_0631.jpg


ハルは、可愛い顔してデキル女ですから、見くびらないで下さいね。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/09/23 21:42 | 預かり犬30&31 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する