あなたのお名前なんつーの?
2013年02月21日 (木) | 編集 |
犬の名前と呼び名は、結構、違っていることが多いですね。
うちの柴丸は、普段、「しばっち」と呼ばれています。
叱られる時は、「シバマルッ!」と呼ばれるので、自分の名前が「柴丸」であることも分かっていますし、小さい頃から「カワイイ、カワイイ」と言われて育ったため、道端で「かわいい♪」なんて声が聞こえると、「えっ、ボク?」と振り向いたりもします。
きっと、「かわいい」も自分の名前だと思っているのでしょう。


IMGP7819.jpg


フィオナも、うちでは「フィーちゃん」と呼ばれています。
と言うか、「フィオナ」なんて呼ばれた事はないです。
だから、自分の名前は「フィー」だと思っているはず。


IMGP0971.jpg


我が家の犬にとって、一番大事なのは「呼び戻し」。
呼び戻しさえ出来れば、脱走や逸走の危険度が減るので、預かりとしても肩の荷がおります。
フィーちゃんは呼び戻しもバッチリなので、「フィー♪」と呼べば何処にいてもすっとんできます。


IMGP0956.jpg

フィオナ:「馳せ参じまする!」


こちらは、おなじみ黄金猫の「ディラン」。(↓)


IMGP0611.jpg


通称「ディーちゃん」です。
猫は犬ほど名前に反応したりしないようですが、我が家の猫はみんな名前を呼ぶと高確率で鳴くし、家のどこからともなく現れます。
実際、猫は家の中にいても姿が見えないことが多いので、呼び戻しが犬以上に必要だったりするのです。。

そして、我が家で現在ちょっと面倒なのは、ディーちゃんを呼ぶとフィーちゃんが来ちゃうこと。


IMGP0800.jpg

フィオナ:「今、『フィーちゃん』て呼んだよね?」


んーっとね、呼んでないけど、まぁいいや。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/02/21 23:56 | 預かり犬30&31 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する