フィオナの散歩
2013年02月07日 (木) | 編集 |
すっかりお散歩大好き犬になったフィオナ。
毎日、小1時間の散歩を朝夕2回行っています。


IMGP0800.jpg


フィオナはちょっとビビリな所があるので、宅配便のお兄さんとか、わきゃわきゃした子供とか、フィオナ的にちょっと怖くて気になる人とすれ違うと、何度も後ろを振り返り、確認しながら歩きます。
「世の中には色んな人がいるんだからさぁ、いちいち気にしなくてもいいんだよ。」と伝えますが、「でもさぁ~、でもさぁ~、もしかして追いかけてくるかも知れないしさぁ~・・・」と、用心深いフィオナなのです。
だから、散歩はちょっと時間が掛かります。


IMGP0795.jpg


車や自転車には大分慣れて、バス通りも大丈夫。
他の犬は気になるようで、近寄っていこうとしたり、これも振り返って確認したり。
でも、吠えたり、凄く怯えたりすることはありません。


IMGP0796.jpg


まだ4ヶ月の仔犬でお散歩デビューしたばかりなら、これで上出来な感じ。
でも、今日、たまたま近所でいつも吠える柴犬の前を通ったので、ちょっと練習してみました。


IMGP0797.jpg


家の前を通るだけで、ワンワンギャンギャン吠え続ける白柴M。
柴丸は全く無視して通り過ぎますが、フィオナは「なに? なに? 何なのっ?!」って感じで、近づいて確認したいやら、怖いやらで私の周りを右往左往。
フィオナはアイコンタクトも取れるし、呼び戻しもバッチリですが、こんな時は名前を呼んでも他の犬に気を取られて反応しません。
だから、ちょっとお尻を指で突っついてみる。
すると、「ハッ?! 何ですか、奥様?!」って、我に返って私に集中してくれます。


IMGP0752.jpg


吠え続ける白柴Mの前を行ったり来たりしながら繰り返していたら、Mの飼い主さんが玄関から出てきました。
Mの飼い主さんは柴丸の事が好きで、私とも比較的仲良し。
私が預かりボラをしている事もご存知で、フィオナを見て「あら~、新しいわんちゃん? うちのMとそっくりじゃない? 可愛いわね~。」と家の前でおしゃべりを始めました。
その間も、会話が聞こえないほど吠え続けるM。
一方、一言も発せず、ボーっとおしゃべりが終わるのを待ち続けるうちの2匹。


IMGP0743.jpg

フィオナ:『顔も中身もデキが違いますから。』

と思ったのは、言うまでもありません。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/02/07 23:49 | 預かり犬30&31 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する