柴丸の健康診断
2012年11月17日 (土) | 編集 |
11月も半ばを過ぎ、街中ではクリスマスイルミネーションが始まりましたね。
こうなると、年末へ向けて無理やりお尻を押されてる気分。
年々、クリスマスが早まり、年賀状の発売が早まり、バタバタと新年に雪崩れ込むスピードも速くなる一方。


IMGP0589.jpg


さて、早いもので柴丸も1月1日には8歳になります。
ペットクロックによると現在47歳で、いつの間にか私を追い抜き、夫と同い年。
そろそろ、「昨日の疲れが取れない」とか、「関節が痛い」とか、「小さな音がよく聞こえない」とか、私達と同じ「プチ体調不良」に悩んでいるのかも・・。
そんな中、先日、近所の獣医さんから血液検査半額フェアのお知らせがきたので、柴丸の健康診断をお願いしました。


IMGP0557.jpg


結果から言うと、血液検査の結果は異常なし。
でも、今後の為にも健康な状態での数値を記録しておくことは大切。
この病院は、春と秋の2回、健康診断フェアを実施していて、血液検査が半額になります。
「やっぱり、1年に1回は健康診断をした方がいいですか~?」と聞いてみたら、「1年に1回じゃ足りない位ですよ。」と言われました。
何故なら、犬は人間の4~5倍の速さで年を取る。
半年に1回でも、人間にすれば2年以上、間が空いてしまう、と。
う~ん、上手いセールストークにも聞こえますが、なるほどね~。
確かに、最近、身の回りで犬が突然倒れ、病院で血液検査をしたら既に手遅れ・・・という話も聞くので、ドッグドックを含め、年に2回の健康診断をお願いしようと思います。
大事な家族には、1日でも長く、健康で長生きして欲しいですからね。


P1000021.jpg


この健康診断の時、先生に「気になる所はありますか?」と聞かれたので、「目が白っぽく見える時がある。」と伝えました。
白内障が出ていても不思議な年ではないし、それ以上に柴犬は緑内障になりやすくて心配。
白内障をきちんと調べるには、瞳孔を開かせる目薬を点眼し、真っ暗な部屋でライトを当てないと分からないらしいのですが、「取りあえず、見るだけみてみましょう。」という事で柴丸の目を見てもらうと・・・
「老眼ですね。」。

「へっ? 老眼?!」(゚Å゚) 


P1000022.jpg


光の加減で目が白く見えるのは、古い細胞の層が厚くなるからで、犬は5~6歳から老眼が始まるのだそうです。
まぁ、新聞を読む訳ではないから、日常生活には不便はなさそうですけどね。
同じ老化現象に悩む同い年の夫は、柴丸にいたく共感しておりました。


IMGP0406.jpg


そんな中高年の柴丸ですが、来週、HUNTERの撮影会に参加してきます。
美魔女ならぬ、美魔犬目指して、アンチエイジングにも励みまっせ~♪
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2012/11/17 14:57 | 未分類 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する