おニャンぽ
2012年10月15日 (月) | 編集 |
猫は、昔から家猫であっても放し飼いが多いですね。
そのせいで、発情期に家出したきり戻らない雄猫も多く、帰ってきたら雌猫が妊娠していたなんて事もしばしば。
たとえ避妊去勢手術をしていても、外に出れば野良猫から病気をうつされたり、交通事故で変わり果てた姿で再会する場合もあり、やはり家猫にとって、外は安全な世界ではありません。
うちの周りのような住宅密集地であれば、近所の家に入り込んで排泄したり、車に足跡を付けることもあるでしょう。
トラブルが原因で隣人に日本刀で切り殺される昨今、私だって毎朝、庭先に猫のフンがあろうものなら、穏やかではいられません。


IMGP9905.jpg


今ではちばわんをはじめ、多くの団体が「猫の室内飼い」を譲渡条件とし、環境省のペット飼育基準でも室内飼いが推奨されています。
うちの猫達もちばわん卒ではありませんが、完全室内飼い。
やはり、大事な家族には一日でも長く一緒に居て欲しいですからね。


IMGP0460.jpg


が、しかし、好奇心いっぱいの猫の本能なのか、ジェスロのように目の開く前から家の中だけで育ってきても、猫は外に出たがるもの。
ジェスロが子猫の頃、「外に出たいなら、柴丸と一緒にお散歩させよう!」と猫用ハーネスとリードを購入したのですが、暴れるジェスロにハーネスを着けるのが一苦労。
やっと着けたと思ったら、転げまわって脱いでしまい、とてもお散歩など出来る状態ではなく諦めたのでした。
ところが、最近、外に出たがる芹にハーネスを着けてみたら・・・


IMGP0528.jpg


意外と簡単に装着。
しかも、サイズまでピッタリ!
これなら、おにゃんぽが出来るにゃん♪


IMGP0525.jpg


まずは、家の前のアプローチから、


IMGP0512.jpg


庭のウッドチップを初体験。


IMGP0516.jpg


家の裏に立ちはだかる高いヨウ壁。


IMGP0520.jpg


ヨウ壁の上に飛んできたカラスにロックオン。


IMGP0524.jpg


ブルーベリーの植わっている花壇に侵入。
これだから、猫の散歩は困るねぇ・・。
(この後、すぐに捕獲。)


IMGP0529.jpg


芹のおにゃんぽは、うちの敷地内のみ。
それでも芹には楽しいらしく、玄関に行っては、「おにゃんぽ行きたいにゃー!」とよく鳴いています。


IMGP0540.jpg

ディラン:「芹ちゃん、どこ行ってたにゃ? 何、着けてるにゃ?」


IMGP0543.jpg

ディラン:「ぼくちんも、おにゃんぽ出来るかにゃ?」

ディランは、蚤の心臓でビビリ屋さんだし、すぐにパニくるので絶対ダメ。
その前に、怖くてハーネスも着けられないから無理です。

芹は許容範囲の広い落ち着いた性格で、大きな音に驚いたり、恐怖でパニくる事がありませんが、猫の動きは素早くて押さえるのが難しい為、逸走する危険は犬以上だと思います。


IMGP0536.jpg

芹のおにゃんぽは、うちの庭だけで我慢してね。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2012/10/15 16:38 | うちの子たち | Comment (2) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
おにゃんぽイイな
ハーネス似合っているし超超超かわいいんですけど♡
またお楽しみが増えましたね~♪
2012/10/18(木) 20:36:23 | URL | ウーフェルママ #-[ 編集]
ウーフェルママさん、こんにちは。

へへへっ、カワイイでしょ?
うちの芹姫は、何でも似合っちゃうんですよ。
つい、ご近所さんに見せびらかしたくなります。*⌒∇⌒*
でも、猫は逸走厳重注意です~。
2012/10/19(金) 00:00:14 | URL | おかもと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する