闇に光る黒犬
2012年08月10日 (金) | 編集 |
朝晩は涼しくなったといえ、日中はまだまだ暑いですね。
犬の散歩も、日が暮れてアスファルトが冷えてから行く方も多いと思います。


IMGP0158.jpg


闇夜の散歩で欠かせないのが「光」です。
うちの回りは田舎の住宅地で、日が暮れると場所によっては本当に真っ暗闇。
懐中電灯を照らしながら散歩している方も多いし、私も小さなライトを常備しています。
(フンとか、よく見えないからね。)
そして、犬には必ず上の写真のようなピカピカ光る装備をセット。
色とりどりにピカピカさせながら歩いていると、「あら、おしゃれね~。」なんて言われるし、ひとりエレクトリカルパレードみたいですど、暗い中では犬の姿が見え難い為、事故を防ぐにもこれらは必需品なのです。


IMGP0151.jpg


特に黒い犬は、車や自転車から見え難いので危険です。
万が一、犬に逃げられてしまったら、闇に溶け込んで近くにいても発見できなくなってしまいます。
だから、うちでは代々、上のような光る装備を付ける訳ですが、これがとても壊れやすいときている。
写真に写っている物も実は全て壊れていて、廃棄処分となった物の一部なのです。


IMGP0147.jpg


こうした犬用の光るグッズは色々あるので、うちもいくつか試しました。
そして、今の所、コレが良いかなと思えるのが、光る首輪と光るリードです。(↓)


IMG_0142.jpg


首輪にぶら下げるタイプだと、ガチャガチャ当たって壊れてしまう可能性が高いので、首輪自体が光る方が壊れ難いと思います。
ただし、この光る首輪の耐久性が心配なので、うちでは普通の首輪にリードを着け、光る首輪は散歩時だけ首に掛けるようにしています。
長毛の犬だと、首輪が埋もれて光が見えなくなってしまう場合もあります。
光が目立たなければ、意味がありませんからね。
まぁ、何はともあれ、実際に使用している映像をご覧いただきましょう。





工事現場みたいで、ちょっとやり過ぎ?!

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2012/08/10 15:31 | 預かり犬29 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する