柴丸先生、歯磨き中。
2012年04月25日 (水) | 編集 |
先日、ちょっと話に出た牛膝軟骨。
柴丸が噛んでいる様子が撮れましたので、ご紹介。

IMGP9657.jpg

(↑)こんな感じでガジガジしながら、骨を削ります。
「軟骨」と言っても、トリーツなどの鶏軟骨と違い、軽石のように硬いので、ご覧のように骨の屑が散乱します。


IMGP9655.jpg

今回の使用は、2回目。
大分、削れてきています。(カビが生えたり、腐ったりするので、室温での長期保存は出来ません。)


IMGP9658.jpg

前歯も磨きます。


P1000226.jpg

(↑)これは、1回目に噛ませた後の写真。
奥歯の根元に薄黄色い歯石が付いていますが、前の方は歯石が見当たりません。
保護犬の年齢は、主に歯を見て推測するのですが、これなら5歳位に見えるかな?
(柴丸は、7歳です。)
ちなみに、エバの歯は真っ白で歯石も無いため、牛膝軟骨は噛ませていません。
歯が無駄に削れたり、折れたりすると勿体無いですからね。
(歯の弱い犬に与える場合は、ご注意下さい。)


P1000220.jpg

柴丸:「皆さん、歯をお大事に。」
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2012/04/25 09:30 | 柴丸 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する