スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
 犬を「家族」にする。
2012年04月12日 (木) | 編集 |
今日は、暖かくて春らしい一日でした。
桜も満開でお花見日和でしたが、残念ながらお花見の予定は無し。
庭の桃が満開になったので、うちでお花見ですかね。


IMGP9561.jpg


今日のように天気の良い日で私が家にいる時は、エバも柴丸も庭で過ごしてもらいます。
庭は柵で囲まれているので犬は逃げられないようになっていますが、念の為、私が家の中に入っている時は、エバにはロングリードを付けて係留しています。
エバは歴代の預かり犬のように穴掘りをする事もなく、フラフラと歩いては寝心地の良い場所を探し、昼寝をして過ごしています。
家の前を犬やバイクが通っても、警戒吠えは一切ないので、とても静か。


IMGP9552.jpg


ちばわんの譲渡条件に「完全室内飼い」と書いてあるので、希望者さんの中には、「家から絶対出してはいけない。」と思われる方がいらっしゃるようです。
もちろん、そんな事はなく、散歩好きな犬は沢山お散歩にも連れて行って欲しいし、庭やバルコニーがあるおうちなら、お天気の良い日に犬を日向ぼっこさせてあげれば喜ぶと思います。
(目を離した隙に犬が逃げないよう、庭を柵で囲む等の脱走対策は必ず行って下さい。)


IMGP9556.jpg


犬の飼い方で、「日中は外(庭)で、夜は玄関に入れます。」とか、「車庫の中に犬小屋を置いて飼います。」という方がいますが、ちばわんの譲渡条件ではどちらもNGです。
(家の中で犬の居場所を「1階だけで2階はダメ。」というように制限するのはOK。)
一般的にはこうした飼い方で十分幸せに暮らしている犬もいますが、ちばわんでは保護犬を「家族として迎えて欲しい」とお願いしています。
室内飼いを条件にする理由には、逸走の防止であったり、病気の早期発見など色々ありますが、何よりも家族として愛情をもち、最後まで一緒に暮らして欲しいという願いがあります。
一度は捨てられ死の淵まで追いやられた保護犬だからこそ、ちばわんを卒業したら二度と不幸になって欲しくないというのが、ボランティア全員の気持ちです。


IMGP9555.jpg


犬の室内飼育については、ちばわんHPでも説明があります。
どうぞご理解の上、ご応募下さい。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2012/04/12 21:35 | 預かり犬29 | Comment (4) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。預かりのまゆりんです。わがやの居候と、エバちゃんがとっても似ています~
うちのチェルはエバちゃんほど人馴れしていませんが、見た目は似てますね。甲斐犬と思っているんですが、どうでしょう?
いつかいぬ親会でお会いできたらいいですね。
2012/04/12(木) 22:12:52 | URL | まゆりん #-[ 編集]
さすがおかもとさん
いいこと言いますね。

エバちゃん、柴丸さんとの相性はどうですか?
5頭目の家族とか・・・いずれチビスケ母さんちみたいに・・・とか(汗)
2012/04/13(金) 18:09:59 | URL | カプアンパパ #//pyUnGg[ 編集]
まゆりんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

チェルちゃんは、真っ黒なんですね。
エバは、足先と胸に白い毛が混ざっているので雑種ですが、チェルちゃんは、甲斐犬かも知れませんね。
最近は特にビビリの子が多いような気がしますが、チェルちゃんも引きこもりですか?
早く慣れてくれるといいですね。
いぬ親会でお会いできるのを楽しみにしてます。
2012/04/13(金) 20:55:04 | URL | おかもと #-[ 編集]
カプアンパパさん、こんにちは。

エバと柴丸の相性は、イマイチですね。
喧嘩せずに散歩も出来るし、一緒に遊んだりもしますが、柴丸の方がエバの若さについていけないようです。
いつの間にか、柴丸も歳をとってたんだなぁ~と実感します。

犬は、もう増やせませんね~。
犬は手が掛かるので、柴丸だけで十分です。
猫なら増えても平気なんですけどね。
って、増やしませんよっ!!
2012/04/13(金) 21:00:38 | URL | おかもと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。