コニャンコのヒミツ (おまけのヒミツ付き)
2011年08月08日 (月) | 編集 |
コニャンコ達には、まだお知らせしていない秘密があります・・。


IMGP8858.jpg

芹:「秘密なんて無いニャリ。」


写真では決してお伝え出来ない事。
それは、 「声」 。


IMGP8847.jpg


実は、この2匹。
声が 「ダミ声」 なのです。(>_<)

保護した時から、子猫と言うよりカエルのような鳴き声で、「ミィ~」とか「にゃぁ~」ではなく、「あ゛」とか「グェ」とか濁点から始まる鳴き声でした。
ディランは余り鳴かないのですが、時々、口だけパクパクしている事があります。
本によると、声が高すぎて人間の耳には聞こえないのだとか。
芹はよく姿に似合わぬダミ声で鳴きますが、その声のせいか、常に要求か文句を言っているような気がする・・。(^_^;)


IMGP8835.jpg

芹:「だから何じゃ? 声が何じゃ?」


猫の声は生まれつきで、大きくなっても変わらないのだそうです。
だから、芹もディランも、残念ながらこの先ずっとダミ声のままだと思います。
見た目と声って一致しないものなのですね。
実は、うちのジェスロのヒミツは・・


IMGP8781.jpg


これまた、姿に似合わぬ可憐で可愛い声なのです。(*^。^*)
死にそうな子猫だった時から、体重が4kgを越えた今も、未だに消え入りそうなか細い声で「みぃ~・・・」と鳴きます。(=^・^=)



*****************


(おまけ)


ワタシのヒミツ。
今まで誰も知らなかった(私自身も知らなかった)私の秘密を全世界に初公開・・・。



IMGP8873.jpg


(↑) ワタシのオーラ。


最近は、オーラってPCで画像化できるみたいですよ。
昨日、お手伝いに行った「癒しフェア」で撮ってもらいました。
癒しフェアについては、コチラアチラのブログをご覧下さい。

そうそう、コチラ(↓)もよろしく!


bc0894b752e05d428b13cca6b1c77d5a.jpg

モデルニャンコは、ディランです。(^。^)v

動物達を取り巻く環境を変える事が出来るのは、私達人間です。
動物達に代わって、彼らの声を国に届けましょう!

現在、「動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号、以下「動物愛護管理法」という。)」の見直しを行っています。それにあたって、動物取扱業の適正化について、平成23年7月28日(木)から平成23年8月27日(土)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。 (環境省)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/08/08 17:23 | 預かり猫1&2 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する