スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
 野良子猫、来襲!
2011年06月26日 (日) | 編集 |
え~、早速ですが、うちに居候が来ています。(^_^;)


IMGP8458.jpg

↑ タダ飯を喰らう居候達。

遡ること、金曜日。
そろそろお風呂にでも入ろうかと「ペケポン」の川柳コーナーを観ていたら、ご近所さんから電話。
現在、裏山の大規模工事が始まり、住民運動の真っ只中。
てっきり、その件かと思いきや、

「おかもとさ~ん、道路に子猫が居るんだけど、どうしよう~?!」(>_<) って。

「車に轢かれると可哀相だから、捕まえられるなら捕まえたら?」と言うと、電話口で「捕まえた~!」と言うので、すぐその現場へ。
抱かれていたのは、小さな茶トラの子猫だったのですが、目やにと鼻水で顔が鉄仮面状態。
身体にも傷や汚れがあり、痩せていて飼い猫ではないのは明らか。
近くに母猫の姿もなく、この月齢なら里親を探した方が良いだろうと預かる事にしたのでした。
家に帰り、急いで猫小屋の準備をしていると、また電話。

「おかもとさ~ん、もう1匹居るんだけど、どうしよう~?!」(>_<)って。

やって来たのは、兄弟と思われる白地にサバ模様の子猫。
兄弟なら一緒の方が良いので、この子も預かる事に。
何やらバタバタしている内に、11時半頃、夫が帰宅。
帰るなり、「途中で子猫の鳴き声がしたから探しに行く。」と・・。( ̄□ ̄;)
場所も2匹が居た所と同じなので、きっと兄弟に違いない!
懐中電灯を持って深夜の大捜索となったのですが、その場所は高台の道路側面から下の川に繋がる急斜面の雑木林。
草に埋もれて姿は全く見えず、夫がフェンスを乗越えて分け入ったのですが、鳴き声が消えてしまい、なかなか見つかりません。
午前1時まで捜索したのですが、結局、子猫を見つける事が出来ませんでした。(ToT)


IMGP8510.jpg


保護した2匹は、翌朝、風邪と脱水症状の為、病院で補液して貰いました。
この日は、浜松まで犬のお届けがあった為、急遽、ブルームさんで猫達を預かって貰ったのですが、その間にノミ退治やら投薬やら爪きりやら、色々ケアしていただいて随分小奇麗にして頂きました。\(^o^)/


IMGP8504.jpg


フードもなかなか食べず心配しましたが、ミルクを混ぜると俄然食欲が増加。
既に歯も生えそろい、生後1ヶ月半は経っていると思われるのに、シリンジでしかミルクを飲めない甘えん坊でしたが、漸くお皿から食べられるようになりました。(^。^;)
食べ出したら元気も取り戻し、今は2匹でオモチャのように跳ね回っています。(*^。^*)


IMGP8471.jpg


もう少し健康状態が良くなってお顔がキレイになったら、新しい家族探しを始めます。
ちなみに、この子猫達は個人保護なので、現在は「ちばわん」と関係ありません。
お問合せは、このブログのコメント欄か、右側にあるメールフォームをご利用下さい。


IMGP8490.jpg

どうぞヨロシク。(=^・^=)


スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/06/26 23:24 | 預かり猫1&2 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。