果報は寝て待つべし。 (おまけつき)
2009年10月28日 (水) | 編集 |
我が家の家訓は、「果報は寝て待て」。
だから、犬と言わず、人と言わず、暇さえあれば寝ている。
食べるより、遊ぶより、「寝る」ことのプライオリティーが一番高いので、基本、毎日朝寝坊。


IMGP6176.jpg

↑ うちで一番、睡眠時間の長い生き物。

ゾフィーは、毎朝、7時半位に起きている。(多分・・)
ゾフィーが犬部屋で、独りガタガタと遊んでいる時、隣の寝室では二人と1匹がまだ爆睡中。


IMGP6092.jpg

↑ うちで一番、早起きの生き物。

ゾフィーがうちへ来て3ヶ月が経ちましたが、未だ、我が家のリズムには合わない様子。
ガリガリだった身体も来た時とは見違えるほど大きく立派になったので、先日、ゾフィーの募集広告を更新し、新たに募集を掲載していただいたのですが、世間様からの反応は全く無し。
こんなに性格良子なゾフィーに何処からも応募がないとは、摩訶不思議なくらいです。


IMGP6097.jpg

ゾフィー: 「ワタシの赤い糸は、どうなってるのかしら?」

やっぱり、我が家の家訓に従って、もっと寝てないといけないんじゃないの?

Z: 「そうかっ! もっと寝ないといけないのかっ!」


IMGP6136.jpg

Z: 「・・・・・」

寝方がなっとらんっ!ヾ(。`Д´。)ノ彡

なんなの、その寝方はっ!
足がこんがらがってるでしょ!
そんな事だから、赤い糸もこんがらがっちゃうのよっ!


IMGP6162.jpg

Z: 「えっ! そうなの?!」

そうよ、当たり前よ!
「寝て待つっ」て言ってもねぇ、ただ寝てりゃぁいいってモンじゃないのよ。
それなりに待つ姿勢があるって言うか、何事も受入態勢をしっかりしておかないと折角来た果報が逃げちゃうでしょ?
だからもっと、「スキッ!」と「ピチッ!」と真剣に寝なさい!


IMGP6146.jpg

Z: 「ハイ。 (-_-)zzz」

よろしい、よろしい。
これで果報を待つ準備は万端ね♪ (゚∇^*)v

ゾフィーの果報は、「ちばわん」HPで受付けています。


(おまけ)


IMGP6180.jpg

↑ 果報もヘッタクレもない自由な犬は、ベットも毛布も無視して壁を蹴りながら就寝中。
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/28 22:07 | 預かり犬26 | Comment (4) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
初めまして。
初めまして。
いつもブログを楽しみに拝見させていただいてます(*´∀`*)
ゾフィーちゃんおっとこまえの女の子で、私が大好きな顔なのに、なかなか、赤い糸がみつからないなんて。。。。

家は1歳3ヶ月の女の子のダックスを飼ってます。
家が大阪で候補には残念ながら手をあげたくても
あげれません。
他の犬とも上手に挨拶したり、遊んだりできるゾフィーちゃん
赤い糸が見つかるのを応援してます。
2009/10/29(木) 20:27:46 | URL | さくらのママ #bFfRCBMM[ 編集]
さくらのママさん、こんにちは。
ご愛読&コメントありがとうございます。

遠く大阪から応援していただき、どうもありがとうございます。
私も凛々しいお顔にスレンダーな身体、性格も花丸なゾフィーは大好きなのですが、何故か申し込みがこないんですよねぇ・・・。(^^ゞ
なかなか通好みな犬だと思うんですけどね。(^O^)
ゾフィーの御家族にはどんな方が現れるのか、楽しみに応援して下さい。
2009/10/29(木) 22:47:10 | URL | おかもと #-[ 編集]
いつも見てます^^
私は、1年前、
16年間愛した愛犬が先立ち、、、、

一年経ってようやく 里親探しのサイトなど、
見れる様になりました。
そしてゾフィーを見つけました。

ゾフィーが大好きです。

ですが、、、
まだ、あの悲しみを背負う勇気がなく、
見ているだけになっています。。。

もし決心付いたら、改めて、ちゃんとした形で、連絡しようと思っております。


2009/10/31(土) 17:19:44 | URL | サチ #nL6A2.tM[ 編集]
サチさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

16年も一緒に過ごした愛犬を亡くし、辛い想いをされている事と思います。
ペットを亡くした時の悲しみの深さは、想像を絶しますね。
私は子供の頃から色々なペットを飼っていましたが、母は私が動物を飼いたいと言う度に「悲しい思いをするから止めなさい。」と反対しました。
でも、別れの辛さは愛情の深さですよね。
掛け替えのない幸せな時間を過ごした証。
その経験は、人生の宝物だと思う。
別れの悲しみも当然だし、それを含めてその犬と暮した思い出だと思うんです。
悲しむのが嫌だから、そんな幸せな時間まで諦めてしまうなんて、私は勿体無いと思っています。
だから、悲しくて辛い思いをするのが分かっていても、またペットを飼います。

心が元気になって、また犬を飼えるようになれるといいですね。
2009/11/02(月) 16:15:55 | URL | おかもと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する