またシャンプーだ!
2009年07月26日 (日) | 編集 |
先日、ゾフィーの2回目のワクチンを打ちに病院へ行ってきました。 体重は、2週間で2kg増えて7kg! まだアバラが浮いて見えるほどガリガリですが、一回り大きくなって、全体的にしっかりしてきました。 「様子をみましょう」と言われていた皮膚炎も診て頂いたところ、細菌による感染症だそうで、5日分の飲み薬をいただき、1週間に2~3回のシャンプーを言い渡されました。

って事で、またブルームさんでシャンプーです。(^^ゞ
でもその前に、看板犬で「ちばわん」卒業犬でもあるソニカちゃん、アビィーちゃん、そして、ゾフィーと同じく犬親さんを募集中のビュート君にごあいさつ。(↓)

Image520.jpg


おかもと家卒業犬の先輩でもあるアビィーちゃんに遊んでもらいます。(↓)

Image533.jpg

アビィーちゃん: 「アンタはアタシの後輩なんだからねっ!」


(↓) ゾフィーは、アビィーちゃんが好きなようです。(^O^)

Image531.jpg

ゾフィー: 「ねぇ、ねぇ。 どうやって『赤い糸』見つけたの?」


(↓) 左から、ビュートくん、ゾフィー、アビィーちゃん。

Image532.jpg


まったりしたところで、シャンプーです。 今回も薬用「ノルバサン」シャンプーで洗いつつ、マイクロバブルシャワーで洗いました。 洗いあがりは、ツヤツヤサラサラで気持ちいい~!(*^。^*)

Image537.jpg

ゾフィー: 「また洗われました・・・。」

うちへ来て既に3回シャンプーしましたが、まだ濡れると獣臭のような「センター臭」と呼ばれる独特のニオイがします。 センターから来た犬は、みんな「センター臭」がして、それは彼らが生き抜いてきた悲惨な現実が染み付いているようで、私は早く消してあげたいと願います。 預かり宅で、或いは犬親さんの元で、ある日ふと「ニオイが消えた」と気付く時、私はその犬が幸せな家庭犬になったのだと感じます。 犬達は人間のように自分の過去を振り返ることなく、常に前向きに生きています。 でも、決して自分の身に起きた事を忘れた訳ではない。


IMG_0275.jpg

ゾフィー: 「『赤い糸』は寝て待つんだって・・。」(-_-)zzz

早くゾフィーの心が悲しみの入る隙が無いほど、幸せでいっぱいに満たされますように。

スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/07/26 11:10 | 預かり犬26 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する