お散歩とオヤツと・・
2009年02月13日 (金) | 編集 |
病院で薬をもらって来たにも関わらず、一向に治まらない喉の痛み。 加えて、飲み続けている痛み止めと抗生物質のせいで、胃腸の調子まで悪くなる始末。 折も折り、川崎市には生暖かい春一番が吹いて、突風の中、アレルゲンに曝露されながら犬の散歩。 もはや、喉の痛みが扁桃腺なのか花粉症なのか、瞼の重さは花粉症か薬の副作用か、果たして流れ出る鼻水の原因は風邪なのか、それとも・・・朦朧とする意識の中で、ウン◎の温もりと柔らかさだけが、不思議と心に染み入る今日の散歩。


Image290.jpg

↑ 散歩中、日向ぼっこに興じる犬。 歩けよ! 散歩なんだから!


何を言いたいかと言うとですね、「犬を飼うと散歩が大変だよ。」って事です。 「犬とお散歩したいなぁ~♪」と思って飼ってみても、暑い日も寒い日も、雨の日も風の日も、犬によってはお散歩しないといけない訳です。 室内トイレが出来る小型犬ならいいですが、中型犬以上だとトイレだけでなく、運動量としても散歩が必要になってきます。 最初のうちは楽しくて、毎日、犬を見せびらかすように散歩していた飼い主さんが、段々姿を見せなくなり、気付くと犬がいつも外に繋がれているという図を近所でもよく見掛けます。 これから犬を飼おうと思っている方は、その辺をよく考えて下さいね。


IMGP4525.jpg


ウーピーさんはお散歩だけでは飽き足らず、室内遊戯にも興じています。 つき合わされている柴丸先生は、若干、うんざりしています。 そんな時は、オヤツです。


IMGP4532.jpg

W: 「やった! 早く、くれろ!」


IMGP4533.jpg

W: 「ウマウマじゃ♪」


ガムやアキレスは、犬を大人しくさせるのに効果的なオヤツです。↑


IMGP4515.jpg

こちらは、ワタシを元気にするのにとても効果的なオヤツです。↑
あぁ、愛しのピエール! 我が心の支え。 キミが野菜室にいるから、苦しみも悲しみも乗越えて生きていけるよ。 ありがとう、バレンタイン!
(明日は、バレンタインだYO!)
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/02/13 22:20 | 預かり犬23&24 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する