甘えん坊パム
2008年03月09日 (日) | 編集 |
昨夜、夜鳴きをしたパムちゃんです。

IMGP1888.jpg


最初の日は声も出さず、音もたてず、ひっそりと存在を隠していたパムちゃん。
漸く、自分を表せるようになってきたようです。
それはそれで良いのですが、夜鳴きは困るので一晩中無視。
今朝、犬部屋へ行くと、待ちかねたパムちゃんが尻尾ブンブンでお出迎え。
ケージから出した途端に、ヘソ天でお尻クネクネスリスリの甘えん坊に豹変していました。(@_@)

IMGP1901.jpg


千葉の愛護センターから助け出され、うちにやって来たパムちゃん。
どういった経緯で愛護センターにいたのかは分かりませんが、人に飼われていた事は明らか・・・と、私は思っています。
ためしに、「オスワリ」とか言ってみると・・・・

IMGP1907.jpg


・・・できた。
「マテ」も分かっているようだし、「オテ」「オカワリ」も微妙に知っている様子。

IMGP1902.jpg


日本犬らしく奥ゆかしい上に、お行儀が良くて甘えん坊。
こんなに可愛くて問題行動なんて何もないのに、なんで愛護センターになんていたんだろうね?
まぁ、そもそも愛護センターで処分されていい理由なんて、何もないんだけどね。
もう二度と辛い目になんて合わないように、優しい里親さんを探そうね。

IMGP1910.jpg


黒柴ミックスの「パム」
優しい家族を待ってます!
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/03/09 16:59 | 預かり犬16 | Comment (6) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
Pamちゃん、いい子、いい子ねぇ~♪
やっぱりまりもと似てるよ~。『お座り』『伏せ』は出来るけど、『待て』はフライングしちゃうのよ(涙)
飼われていたんだね、きっと・・・

余談ですけど、我が家の冷蔵庫と電子レンジは『Pam』なのよ~~~(笑)
2008/03/10(月) 09:27:24 | URL | マックはは #-[ 編集]
かわいい
ひと晩で甘えん坊さんにジャガー・チェンジ(豹変)ですか。
黒豆柴MIXのパムちゃんは、柴のかしこさと
MIX特有の個性があって、かわいい子ですね。
ペットショップなんかじゃ、絶対手に入りませんね。
どーして愛護センターにいたんでしょう。さっぱりわかりません。
柴丸さんとくらべたら、小っちゃいですね~。

ところで「千葉WAN推奨お散歩バッグ」はウエスト68センチ~でしたが
モデル体形の奥さまには、すこしゆるいんじゃないですか。
そうですか、余計なお世話ですか。

2008/03/10(月) 12:10:31 | URL | カプアンパパ #//pyUnGg[ 編集]
マックははさん、こんにちは~♪
コメントありがとうございます。

まりもちゃんは「フセ」もできるんだ~、エライねぇ。
パムのフセも惜しい所までは来てるんだよね~。
そのままゴロ~ンになっちゃうだけで・・・。

冷蔵庫と電子レンジが「Pam」ですか?!(@_@)
ついでにお揃いの犬も如何でしょう?
2008/03/10(月) 12:23:14 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
カプアンパパさん、こんにちは!
ルー・大柴さんかと思いました。
毎度コメントありがとうございます。(^^)/

そうなんです。
更にパムが小さく見える柴丸と並んでいる写真を載せようと思っていたところです。
パムは多分、写真だと実物より大きく見えるので、比較対照に柴丸と並ばせたのですが、柴丸は普通の柴犬よりデカイので、余り参考にもならず・・・・結局、意味が無いような・・・。

えっ? あのウエストポーチって68cmからですか?! ( ゜_゜;)
hanaharuさんも使ってるんですよ。
もちろん、私は普通に使えますので御心配なく。
2008/03/10(月) 12:30:18 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
もはや、うちのブログに掲載されている子はパムちゃんではないですね!!!口角が上がって、穏やかな瞳をしています。
収容部屋でもとにかくイイ子で目を惹きました。
こんなにイイ子がどうして捨てられてしまのでしょう?
きっとそういう何の問題もない、何千、何万いえそれ以上かもしれません。とっても多くの子たちが人間の勝手で殺されてしまっているんですよね。
それを「仕方ない」で許されているこの日本…恐ろしいです。
2008/03/10(月) 23:59:53 | URL | ぷりんママ #6.e6ZSuY[ 編集]
ぷりんママさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

どの預かり犬もそうですが、預かり宅へ来ると日に日に表情が変わりますね。
パムちゃんも控え目と言うには余りにも遠慮がちな「私、生きてていいんですか?」みたいな顔と仕草から、「オヤツ頂戴!」「お散歩行こう!」と犬らしい仕草をするようになってきました。
落ち窪んでいた眼も穏やかになって、結構、幼い顔をしているんですよ。

本当に自分の祖国ながら、この現状は悲しくて情けないです。
普通に暮らしている近所の方でも、動物の命を人間と同じ「命」として認識していない人が沢山いて驚かされます。
一人一人の認識から変えて行かないと、処分場に持ち込まれる動物の数は減らなさそうですね。
2008/03/11(火) 21:26:59 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する