癒し癒され
2008年07月09日 (水) | 編集 |
IMG_6278.jpg ボクは背中を揉まれて癒されていますが、
 旦那様もボクの背中を揉んで癒されています。
 不思議と人間同士では成り立たない
 モチツモタレツな関係です。

 <「柴丸生活」(未刊)より>
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/07/09 10:17 | 柴丸生活 | Comment (4) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
昨年9月に天国へ逝ってしまった愛犬に表情やしぐさが似ている柴丸くんの日常を楽しみに拝見しています。
ウチの子もチーズ大好きでした(犬は皆好きなんでしょうか?)
薬が苦手だったので、よくチーズに丸め込んで飲ませたりしてました。でもだんだん賢くなってバレちゃうんですよねぇ(苦笑)←またはまわりのチーズだけ食べて、中の錠剤だけ器用に吐き出すこともあり....(笑)。
将来また犬を飼うことがあったら里親会で良いご縁があるといいな~と思っています。
これからもブログ楽しみにしてます。また遊びに来ます♪
柴丸ファンのonomiより。
2008/07/09(水) 12:42:49 | URL | onomi #CP0WLv2.[ 編集]
アカデミックに
どこで読んだか忘れましたが、欧米の科学者の説で、人間には「毛の長い小動物の毛を撫でたい」という遺伝子が組み込まれている。と書かれていたと思います。
我が家でも私が仕事中、アンジェロがマッサージを要求するので、右手一本でキーボードを使って仕事をこなせるようになりました。
ところで頭髪量の少ない私は誰を癒すこともできません(涙)。
2008/07/09(水) 22:18:08 | URL | カプアンパパ #Uy53zpx2[ 編集]
はじめまして。
onomiさん、こんにちは。
ご愛読&コメントありがとうございます。

犬はみんなチーズが好きですね。 少なくても私は今まで、チーズ嫌いな犬に会ったことがありません。 チーズに包まれた薬だけを吐き出すなんて、器用なワンちゃんだったんですね。

柴丸がいなくなったら、私は確実にペットロス症候群に陥ります。 これを治すには、新しいペットを迎えるのが最良の方法と聞きますが、前の犬に対する思いいれが深いと、なかなか心情的に新しい犬を迎える気になれないでしょうね。 onomiさんが「犬を迎える時は、里親会から・・」と思ってくださって、とても嬉しいです。 素敵なワンコと出会い、また楽しいワンコ生活を送れるようお祈りしております。
2008/07/10(木) 11:14:20 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
ほほぅ~。
カプアンパパさん、こんにちは。

私の読んだ本によると、人間は昔、犬に守られて生きてきた経験があるので、犬と一緒にいると安心するのだそうです。 そして、子供の内は「守られたい」欲望があるので大きな動物を好み(ゾウとかキリンとか)、大人になるにつれ「守りたい」欲望に変わり、小さな動物(子犬や猫)が好きになるのだとか。 私は未だにトラやクマなどの大きな動物と一緒に暮らしたいと思っているので、歳はくってもまだまだオコチャマでちゅぅ~。 
2008/07/10(木) 11:20:40 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する