犬の遺伝病と繁殖
2008年06月22日 (日) | 編集 |
前回、遺伝について書いたので、犬の遺伝性疾患と実情ついてもう少し書こうと思います。

ほとんどの純血種の犬種は、固有の遺伝病を持っています。 本によっては「かかりやすい病気」と書かれていたりしますが、発症するしないに関わらず、その犬種の遺伝子に病気の原因となる遺伝子が存在しています。 前回の話にあった劣性であれば発症しない病気もありますし、劣性であっても、その犬種全てが同じ病気の遺伝子を持っているため、同じ犬種同士で交配すると必ず発症してしまい、その犬種に定着してしまう病気もあります。

遺伝病を防ぐ為には、遺伝病の原因遺伝子を持つ犬を繁殖させないのが一番です。 既に発症している犬はもちろんですが、胴腹の兄弟犬達や親犬の健康状態を見れば、その犬が原因遺伝子を持っているかどうかおおまかに判断できます。 その為に、ブリーダーは3代、4代に渡って犬の健康状態を把握していく必要がありますが、個人では限界があります。 欧米では、犬の遺伝病に関して様々な機関が存在しており、遺伝病を持つ犬の情報を公開したり、繁殖に関わる犬は健康診断をして許可を受けなければならないといった決まりがあります。 例えば、大型犬に多い股関節形成不全に関しても、欧米では40年以上前から公的機関が存在していて、レントゲンなどの検査結果をポイントで示し、評価の低い犬を繁殖に使わないことで罹患する犬の数を減らしています。 少し古い資料ですが、こういったシステムのない日本国内でのラブラドール・レトリバーの罹患率は46.7%と非常に高く、欧米の11.7%と比べるとおよそ4倍です。(2001年 日本動物遺伝病ネットワーク調べ)


IMGP2923.jpg



↑ 上のグラフは、OFAというアメリカの非営利団体が使用しているレントゲンによる股関節形成不全の評価法で、症状を5段階で示しています。 日本国内の家庭犬と、遺伝性疾患を考慮して繁殖をしている盲導犬協会の犬を比べると、異常のある犬が盲導犬群では28.1%なのに比べ、家庭犬では46.6%と、およそ半分が形成不全を持っている結果となっています。 しかも、その内の20%が重度(severe)の状態です。

このように、繁殖犬を選らぶ努力によって、確実に遺伝性疾患を持つ犬を減らすことが出来ます。 現在、日本動物遺伝病ネットワークでは遺伝病の登録と公開を行っており、ジャパンケンネルクラブでもチャンピオン犬は血統書にDNA登録が記載されるようになりましたが、何よりも一人一人の正しい知識が必要です。 犬種を作り出したのは人間ですから、遺伝病を作り出したのも人間と言えます。 病気で苦しむ犬と、愛犬の病気で苦しむ飼い主を減らすためにも、犬を飼う方々が繁殖に関する正しい知識を持って頂きたいと願います。


(参考資料) 「遺伝病の犬を減らそう」
スポンサーサイト


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/06/22 13:12 | その他犬関係 | Comment (8) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/22(日) 16:57:12 | | #[ 編集]
ほんとうに・・・
「ウチの子のお嫁さんにと思って」・・・なんて
調べもしないでオス・メスをそろえてウキウキ
やってくるかたの多いこと(><)
うんざりですぅ。
繁殖を安易に考えている方は
出産も育児も安易に考えているので
いざとなったら皆さんパニックを起こしてますよ。
だから止めたろ!!みたいな・・・。
玩具じゃないです!!
2008/06/22(日) 22:24:41 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして。
鍵コメさん、こんにちは。

実際に遺伝病の犬を飼ったり、生まれた子犬が遺伝病だったりするまで、遺伝病のことを何も知らない方は多いですよね。 ブログなどで呼びかけたり、直接話しをしていても、結局何も伝わってないのかとガッカリすることは多いです。 生まれてしまった命は、もう取り返しがつかないのに。

リンクの件、どうぞよろしくお願いします。 生まれてきた子犬達が元気に育つことを願うばかりです。
2008/06/23(月) 20:23:26 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
名無しさん?
名無しさん、こんにちは。
何となく、M・mamaさんな気もするけど・・・??

犬って安産の象徴だったりするから、割と簡単に出産を考えている人多いんですよね。 小型純血種なんて、帝王切開や死産も多いのに。
小さな身体にそんな負担を掛けてまで、子犬を産ませたい気持ちが私には分からないです。
大概、「子供を産ませてあげたい。」って仰るんですよ。 犬がそう望んでいるようには、私には見えませんけどね。
子犬を望んでいるのは、飼い主の方でしょ?
犬は自分の寿命を縮めてまで、子犬を産んだり育てたりなんてしたくないでしょ、普通。

今、目の前にいぬ愛犬と一日でも長く一緒に居たいとは思えないのですかね? どうも自分の幸せを犬にむりやり強いているような気がします。
2008/06/23(月) 20:32:26 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
ちがうよー
昨日、コメントを入力中にまた間違えて消してしまったのでv-40、「もういいやv-42」と、ノーコメントだったはずが、
「勉強になります」の、タイトルのコメント・・・。「えっ?!」  
読み進めていけば、当然のことながら、私の書いた文章ではなかった(^^;
そう、私も「勉強になります」で始めたのでした。
「あー、私と同じ気持ちで読んでる人がいるんだなあ。」と、感動しながら、更新された翌日のコメントを見ていたら、また、私が出席していたかのような錯覚に捉われたので、とりあえず、参加してみました。
トップのコメントは残念ながら私ではないですよー。
ただ、それに関連した話で、知人が、自分ちの犬が出産したとき、三日三晩寝られなかったと言っておりました。そして、やはり、三頭のうち一頭は、死んでしまったそうです。
昨日の朝日新聞の連載記事にも載っていましたが、欧米では、人気や流行ではなく、犬の特性と生活環境をよく理解した上で選ぶ飼い主が多いそうです。そうなれば、不幸なペットも減りますよね。
2008/06/24(火) 00:39:00 | URL | モナハハ #-[ 編集]
たびたび・・・
勝手に自分だと思い込んで書いていましたが、
違っていたらごめんなさい(汗)
2008/06/24(火) 00:58:00 | URL | モナハハ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/24(火) 07:49:36 | | #[ 編集]
モナハハさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
何だか紛らわしいことになってしまって、すみませ~ん。(^^ゞ

ペットに流行があること自体、どうなのかなぁ~と思いますが、CMや映画の影響もあるのでまぁそれは仕方がないとして、理由は何であれ、飼ったのなら最後まで面倒をみるのが当たり前ですよね。 日本人はそれをしないで、流行のバッグや時計のようにペットまで使い捨てにするから、海外からの批判が多いんですよね。

時々、テレビでNYで犬を飼っている様子が写ったりしますが、どの犬もとてもお行儀が良く躾けられています。 アメリカでは(特に都会では)、しつけられていない犬や飼い主は非難されるので、恥かしくて外に出せないのだそうです。 その分、行儀の良い犬を連れている人は「犬をちゃんと躾けられる人」として1つのステータスとなる。 周りの眼が飼い主のモラルやマナーを向上させているんですね。 フンを路上に放置している日本の飼い主をNYに放り出してやりたいです。
2008/06/24(火) 16:01:30 | URL | おかもと #gfxZCaLQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する