単焦点レンズ
2017年01月22日 (日) | 編集 |
急に寒くなりましたね。今年は両足がしもやけになっているおかもとです。裸足で外を歩く犬や猫はしもやけにならないんですかねぇ・・・。どちらにしても、外で暮らす動物たちは寒さとの戦いが辛いでしょうね。


DSC_0133-1.jpg


路上生活をしていたミーちゃんがブランに来てからすぐに氷点下の日が続いたので、寒い思いをさせずに済んで良かったな~と思っています。ミーちゃんは小柄で痩せていたし、ご老体に寒さは堪えるでしょうからね。


DSC_0137-1.jpg


ミーちゃんはまだ他の猫にシャーシャー言ったりしますが、喧嘩をする事もなく、お客さんが来れば膝に乗って甘えたり、おもちゃでちょっと遊んだりしつつ、窓側のベッドで日向ぼっこをしながら寝ていることが多いです。欠歯があるせいかフードはムラ喰いで、ドライは気が向かないと食べてくれません。野良猫の場合、エサやりさんが安価なフードを与えている場合が多いのですが、香料を使って味や匂いを強くしているフードに慣れてしまっていると、良質なフードは食べなくなってしまいます。ミーちゃんも食べられるドライフードを色々試しつつ、ウェットフードで栄養を補っています。丁度、クリスマスに猫達に沢山プレゼントをいただいていたので、とても助かっています。どうもありがとうございました。

ところで上の2枚の写真、いつもとちょっと違うのですが、お気付きになられました?


DSC_0193-1.jpg


「ブランは写真の上手なお客さんがいっぱいいるから、どうせまた借りたんでしょ?」とか思ってます? 違うんですよ~。 正真正銘、私が撮った写真なんですよ~。何が違うかと言いますと、表題にあるレンズなんですよ。普段はズームレンズを使っていますが、夫から「単焦点レンズ」というレンズを借りて撮影してみました。


DSC_0262-1.jpg


レンズの構造云々については私は詳しくないので興味のある方はネットで調べていただくとして、撮影して便利なのは背景が綺麗にボケること。これだけで、写真が垢抜けて見えます。しかも、部屋の中が散らかっている様子がボケるから室内撮影も気にならない、とかね。


DSC_0325-1.jpg

(↑) 光が丸くボケる通称「玉ボケ」も勝手にできちゃう。


そしてもう一つの利点は、暗い所でもシャッタースピードを落とさずに撮影できること。下の写真は自宅の室内で夜に撮影した写真、しかもチューブの中なのでかなり暗くて猫の眼も真ん丸。 でも、ブレずに撮れちゃう。猫は暗い方が目が丸くて可愛いし、常に動くのでこれはとても便利。

DSC_7702-1.jpg


(↓) 短所と言えば短所なのが、焦点距離が短いところ。下の写真は左目に焦点を合わせていますが、鼻はもうボケちゃってます。写真によっては、右目に合わせると左目がボケるなんて場合もあり、ピント合わせがシビアかも。


DSC_0331-1.jpg


そんな時は、いっそ片目にだけにしちゃうとかね。(↓)
まぁ、やりようはいくらでもあります。


DSC_0185-2.jpg


撮り方は変わらなくても、レンズが変わると写真が変わって世界が広がります。 写真教室でも、単焦点レンズは大人気。 あぁ、そうだ! 丁度、写真教室の生徒さんが撮ったブラン猫達の写真を展示している「カフェブラン保護猫写真展」が開催中なんだった!


photoevent_320x180.jpg


入場無料だから、行ってみてね~!

スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/01/22 14:34 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 新入りのミーちゃん
2017年01月15日 (日) | 編集 |
年が明けたと思ったら、もう今月も半分が終わりました。 今年もあっと言う間に終わりそうですね~。 年明け早々、猫部屋には新しいメンバーが入居しました。 三毛猫の「ミチコ」、通称ミーちゃんです。


DSC_0134-1.jpg


「ミチコ」のミチは道路の「道」。 ミーちゃんはちばわんのボラさんの近所に住んでいた外猫です。 1年程前から姿を現していたようですが、ボス猫にいじめられていたそうです。 人の膝に乗って来たりするほどの甘えん坊で抱っこも大好き。 人馴れしすぎている外猫は、捕まって虐待されることもあって危険です。 病院で検査をしてもらったところ、エイズや白血病も陰性だったので、ブランで預かって新しい家族を探すことになりました。


DSC_0093.jpg


年齢は7~8歳とのこと。 口の中には大きな歯石があったそうです。 お腹の毛を剃ったら避妊手術と思われる痕がありました。 通常、7~8年も野良生活をしていればエイズや白血病に感染してしまいますが、両方陰性で人馴れしている性格から、飼い猫だったけど捨てられたか、引っ越しの際に置いていかれたか、と言った感じです。

 
DSC_0173-1.jpg


外で生活していた子をここで預かる時は、猫に対して申し訳ない気持ちになります。 いきなり知らない場所に連れてこられて部屋に閉じ込められ、前にいた場所にはもう戻れない。 ずっと外を見て、窓を開けると外に向かって大きな声で誰かを呼ぶように鳴くミーちゃんにもきっと仲良しの猫や大好きな人やお気に入りの場所があったのだと思います。 ミーちゃんにとっては、こんな所に連れてこられたことは不本意かも知れません。


DSC_0143.jpg


私は車にひかれているいる猫を見るのも嫌だし、やせ細ってボロボロの姿で外を歩いている猫の姿を見るのも好きではありません。 家の中にいれば安全だし、寒さに震える事もないし、病気や怪我も治してもらえるから、みんな家族のいる家猫にしてあげたいと思いますが、それは私のエゴだとも思っています。 平和な日本に生まれても外国の戦場に行きたがる人がいるように、自然環境や空腹と戦っても自由に生きたい猫もいるはずです。 外で生きる猫にとって、家猫になる事が玉の輿なのか、屈辱なのかは分かりません。 どちらにしても私のエゴを押し付けて猫の生き方を変えさせてしまう以上、少しでも猫達に「これはこれで悪くないかも」と思ってもらえるようにお世話をしてあげることしかできません。


DSC_0316.jpg


ミーちゃんには諦めてもらわなければならない事が沢山あります。 でも、新しい生活には今まで得られなかった「家族」という幸せが待っています。 ミーちゃんには、ミーちゃんの事を気にかけてお世話をしてくれていた人達や、これから出会う人みんながミーちゃんの幸せを願っていると伝えました。 最近の猫の寿命は20年近いですから、ミーちゃんの人生はまだ半分。 残りの人生を幸せに生きる為、過去を捨てて新生活の幕を開けよう!


DSC_0317.jpg


ここでのんびり暮らしながら、新しい家族が現れるのを待とうね。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/01/15 17:44 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 新年のご挨拶、とか。
2017年01月08日 (日) | 編集 |
遅ればせながら、明けましておめでとうでした。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

ってことで、おざなりの挨拶も終わった所で年明け早々、年を取った元旦生まれのバースデーボーイ。

DSC_9595.jpg

うちの柴丸、12歳になりました。 昨年から猫カフェの副店長という仕事も得て、益々ご健勝の由、大慶至極に存じますですよ。 私が預かりボラを始めたのが柴丸1歳の頃。 卒業犬達もみんなシニアの域に入ってきて、年賀状には心臓、肝臓、腎臓が悪いといった近況報告も多くなりました。 年と共に病気になったり、老化してあっちが痛い、こっちが悪いとなるのは人も犬も猫もみんな同じだと思います。 出来れば辛くない程度に日々の生活を送り、最後は愛する家族に見守られながら安らかに逝きたいと思うのも皆同じでしょう。 そう遠くない未来に柴丸との別れも訪れると思うと、今一緒に過ごせる毎日をより一層大切に過ごそうと誓う私の2017年。

DSC_9762.jpg


そんな何やら裏寂しい新年一発目の記事ですが、ブランの方は既に楽しげな予定が色々入っていて、相変わらずお客さんは少ないのに忙しい毎日です。 1月13日からは、あのオシャレでマツコから嫌われている「たまプラーザ」駅前で写真展が開催されます。

確定 保護ネコ写真展リーフ修正h1_b1_1215


ブランで写真教室を開催して下さっている写真家の泉谷真由美さんがご尽力下さって、写真教室の生徒さん達の写真を集めた「カフェブラン保護猫写真展」を開催することになりました。 ちばわんのボランティアさん達にもご協力いただき、ちばわんのパネル展示やチャリティグッズ販売も行います。 兎角、「凶暴」「懐かない」と思われている保護猫達の甘えん坊で愛らしい写真をご覧いただき、保護猫達への理解を深めていただくきっかけになればと思っています。 入場無料ですので、お気軽に遊びにいらして下さい。


photoevent_320x180.jpg



写真展の準備も大詰め。 泉谷さんが写真展の様子をブログで紹介して下さっています。 チャリティグッズを販売する在廊スケジュールも出ていますので、是非、ご覧下さい。(上のバナーをクリックするとブログに飛びます。)

2月13日には、猫部屋で行うネコヨガを開催します。 こちらは受付早々に満席となり、既にキャンセル待ちの状態です。 猫に囲まれて行うリラックスヨガで、心も身体も癒されそうですね。 ご希望があれば、継続的に開催していきたいと思いますのでリクエストをお待ちしております。

3月6日は2回目となる「シニアと猫のつどい」を開催。 本当に動物の癒しを必要としているのは高齢者の方々ではないかと思うのですが、猫カフェの存在をご存じなかったり、「若い人がいく所だし、システムも分からないから入りづらい」と感じられている方が多いのではないかと思い、地元情報誌スパイスアップさんと企画したイベントです。 前回参加された方からは非常に好評で、「わたしここに住みたい」とおっしゃって下さった女性や、その後、写真教室に参加して下さっている男性もいらっしゃいます。 シニア世代の方にも、もっと気軽に猫カフェを利用していただけるきっかけになればと思います。
スパイスアップ」さんのページに詳しく紹介していただいていますので、お誘いあわせの上、お気軽にご参加下さい。

そして、ブランの猫部屋には新しいメンバーも入居しています。 近々、ご紹介しますので、是非、遊びにいらして下さいね。 本年もどうぞよろしくお願い致します。





 



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/01/08 19:28 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲