「愛犬と一緒のご家族写真撮影会」
2016年05月31日 (火) | 編集 |
カフェブランは猫カフェですが、ワンちゃんも一緒に利用できるテラス席があります。 階段を上った2階になりますが、丁度、街路樹の高さになるので新緑や紅葉の時期はとても綺麗。 先日、ちばわんの犬達が遊びに来てくれた時に写真を撮って下さった写真家の泉谷さんが、「テラス席でわんちゃんの撮影会をやろう!」と提案して下さり、今回「愛犬と一緒のご家族写真撮影会」を開催することになりました。


柴丸(泉谷) 044


宣伝用写真とテスト撮影を兼ねて、柴丸と夫がモデルになりました。


柴丸(泉谷) 048

柴丸:「あ、どーも、どーも。 ボクが柴丸です。 いつも奥様がお世話になってます。」


お気付きかも知れませんが、この記事の写真は泉谷さんが撮って下さった物。 さすがにプロが撮ると一味も二味も違いますね。御年11歳を迎え、還暦の赤い首輪をしている柴丸も若々しく見えます。


柴丸(泉谷) 064-0


泉谷さんはブランで毎月、写真教室も開催して下さっている女性プロカメラマン。 優しくて褒め上手なので、写真教室はいつも皆さん楽しくて笑いが絶えません。 撮られる方も、気張らずにいつも通りの姿を撮影していただけると思います。 もちろん、わんちゃんだけの撮影でもOKです。 プロに撮ってもらえる貴重な機会に是非、わんちゃんの素敵な写真を残しませんか?

柴丸 003


今回は初めての開催という事で、1組1000円という大サービス価格! 約20カットの中からお好きな写真を1枚お選びいただき、後日、2Lサイズに焼いて郵送でお届けします。 詳しくは、下記またはHPをご覧ください。 


《 愛犬と一緒にご家族写真撮影会 》

日時: 6月12日(日) 12時~16時位(1組30分程度) ※雨天順延
金額:1000円(2Lサイズの写真1枚付き) 2枚目以降は1枚300円で追加できます。

申込みは、名前・連絡先・わんちゃんの種類と頭数・ご希望時間を明記の上、
nekocafeblanc@yahoo.co.jp までメールでお申込み下さい。

<お願い> わんちゃんの排泄は済ませてからテラス席へお越し下さい。

ご参加お待ちしております。

スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/05/31 18:28 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 小梅の正式譲渡
2016年05月28日 (土) | 編集 |
4月21日からトライアル中だった小梅ですが、無事に正式譲渡となっております。 毎度毎度、ご報告が遅れてすみません。


IMG_0253.jpg


小梅ちゃんのご家族は、お父さん、お母さん、お姉さん、お兄ちゃん、あとカメさん。 人懐っこく順応性の高い小梅ちゃんなので、お届けした日からのびのびとおもちゃで遊んでもらったりしながら生活していたようです。


IMG_0321.jpg


最初は用意して下さっていたトイレの砂が気に入らなかったようで、「おしっこしてない!」とねこ親さんがあわてて病院へ連れて行って下さいましたが、実は部屋のどこかで用を足していたらしく膀胱はカラ・・・。 猫砂をブランで使用していた物と同じタイプに変えていただいた所、粗相もなくなったそうです。


koume.jpg


小梅ちゃんを可愛がって下さった皆様、どうもありがとうございました。 ねこ親のYさま、これからも末永くよろしくお願いします。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/05/28 18:31 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 のら猫よもやま座談会
2016年05月25日 (水) | 編集 |
昨日(5月24日)はブランで初の「のら猫よもやま座談会」を開催しました。 元々は他の猫カフェで「TNR勉強会」のようなものを開いていていつも多くの参加者がいると聞いたのがきっかけ。(TNR = のら猫を捕獲して避妊去勢手術を施し、元いた場所に戻すこと。多くの場合、手術済みの目印として猫の耳先をカットする。) のら猫問題やTNRに関しては「ちばわん」にも経験豊富な方がいらっしゃいますし、「需要があるならやってみようか。」と企画してみたのでした。


IMGP2873.jpg

(↑) TNRで耳先カットされた猫。(ブラン卒猫のチロルとルチア姉妹)


開催に当たり、ちばわんのボランティアで千葉県動物愛護推進員でもあるIさんに講師(というとご本人に嫌がられますが)をお願いしました。(Iさん、遠いところありがとうございました。m_ _m ) 初めての開催でどんな相談がくるか分からないし、「勉強会」だと堅苦しいというIさんの提案で、気軽に何でも話せるように「のら猫よもやま座談会」という形になりました。 そして4名の方が参加された座談会では、経験豊富なIさんがそれぞれのお悩みに具体的かつ実践的なアドバイスをされ、「誰に相談すればいいか分からなかった」という参加者の皆さんに喜ばれていました。


DSC_0902.jpg

(↑) 捕獲器の使い方と病院への運搬の仕方まで細かく説明。 エサだけ取られないエサの設置方法なども、現場の経験豊富なIさんならではの知恵。

私自身、TNRやのら猫問題に参加した経験がない為、皆さんのお話はとても勉強になりました。 私の中で特に印象に残ったのは、

① TNRは猫の数を減らす為の対処法でしかないこと。
② のら猫問題は、環境問題であること。
③ 餌やりさん同士の連携がないこと。

「TNRさえすれば、もう安泰」と思われている方も多いようですが、手術した猫達は元の場所に戻してそこで生きていってもらうのですから、繁殖は防げてもそれまでの野良猫問題が全て解決する訳ではありません。 のら猫達と住民の皆さんが共存していく為には野良猫達を「地域猫」として町ぐるみでお世話していければ良いのですが、これがなかなか難しい。

猫が大嫌いで「うちの庭に入ってきた猫は殺す!」と思っている人は「地域猫」等という話は聞きたくもないでしょう。 でも、野良猫問題は「環境問題」なのだと言われれば、多少は耳を傾けてくれるかも知れません。 実際、庭にフンをされて怒っている方は、地域猫用のトイレを作り、猫好きの世話人さん達がトイレの管理をする事で庭を綺麗に保てますし、きちんとエサを与えればむやみにゴミ置き場が荒らされる事もなくなります。 発情期の大きな鳴き声は騒音ですが、避妊去勢をしておけば鳴かなくなります。 「地域猫」として人間が管理してあげれば、猫嫌いな人にとっても猫から受ける迷惑や被害が無くなるという利点があるのです。 「地域」の猫ですから、一個人ではなく、その地域の自治会や町内会長、そして区役所等の行政も一丸となって進めていく事が大切です。 なかなか面倒ではありますが、話を聞いていて「地域猫活動」とは「町づくり」なのだと思いました。 住民が自分達が住みやすい町にしていく為に、協力しあい、行政に掛け合い、自分たちの理想とする町を作り上げていく。 「子供達が安心して遊べる町にしたい」と思うように、「猫達が安心して暮らせる町にしたい」と思うのは当たり前のことですし、動物に優しい町は人にも優しく、その逆もまた然りではないでしょうか。

そして今回参加された2名の方は、ブランの近くでのら猫のお世話をされている方でしたが、お互い初対面。 周りで猫のエサやり等をされている方がいる気配はあるけれど、実際に顔を合わせたりする機会もなく、横の繋がりは全く無いそうです。 でも、同じ猫達のお世話をしているなら情報が共有できた方がいいですし、知り合いになっておいた方が何かと便利。 そんなエサやりさんの交流の場としてブランを使っていただくのも良いのではないかと思いました。 ちょっと後ろめたく感じながら、こっそり野良猫達にエサをあげているエサやりさんが、堂々と集まれる場を企画してみたいと思います。

猫と人が共生できる優しい町づくりに少しでもブランが協力できるよう、今後も色々な企画をしていこうと思っています。 「こんな事をして欲しい」とか、「あんな事してみたい」というご希望がありましたら、お気軽にご相談下さい。 






命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/05/25 14:05 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲
 ジェラトーニ&ダフネ
2016年05月15日 (日) | 編集 |
こんにちは。 1月に見てもらった手相で「一生お金持になれない」と言われ、先日のアロマカードで「欲しい物は手に入らないので現状で満足しろ」と言われ、残りの半生、夢も希望もないおかもとです。 GWが過ぎまして、GWも激混みだった訳でもないのですが、何故かその余波なのか、超ヒマな日曜日。 お天気も良くて猫部屋は平和です。 平和と言えば聞こえはいいですが、誰もいないって事で商売あがったり・・・・って、なんで上手くいってないのに「あがったり」なのって思ったので調べてみたら知恵袋が教えてくれましたよ。

『(客が来ない、あるいは利益が出ないなどの理由で、)商売が成り立たない状態である。
上がったり」の「上がる」は、物事が最終の段階に達するという意味で、植物が枯れる、魚が死ぬ、のように死を意味する場合と、月経が上がるのように機能を失うことを意味する場合があります。』

ふ~ん・・・・・何か色々ヘコむ説明ありがとう。


さて、と。


気を取り直して。


今朝、目が覚めた時にふと気づいたんですよ。 新入り達の募集広告を出してないな~って。


Σ( ̄ロ ̄lll)


 ((((;´・ω・`)))


Σ(´Д`*)



(訳:「ハッ!やべぇな・・・だから申込みが来ないんだよぉ~。」)


店のHPには載せてあるのですが、ちばわんに掲載依頼するのを忘れておりましてね。 前にも書いた事がありますが、募集広告は写真が大事。 急いで撮ってみたものの、そうそう良い写真も撮れず、今回もブラン猫達の写真を沢山撮って下さっているNagaさんからお借りしました。 えへへ。


236292288_org.jpg

(↑) この歩くポーズも美しい猫が「ジェラトーニ」。


236293557_org.jpg

(↑) 妹の「ダフネ」。


ご覧のように、どちらも美猫。 5歳という実年齢より若く見えます。 お腹まわりに中年の証しが見えますが、それはそれでご愛嬌。 2匹ともスリスリの甘え上手なので、すでに店では人気者です。 おもちゃでも遊びますが走る回るようなことはなく、年相応に落ち着いた2匹なので、ゆったりとした猫暮らしを希望される方に向いています。


DSC_0760.jpg

(↑) ダフネ

最近は20歳を超える猫が多いですから、ジェラトーニもダフネもまだまだ一緒に過ごせる時間は長いはず。


DSC_0742.jpg

(↑) ジェラトーニ

優しい家族が現れるのをのんびりお待ちしております。




命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/05/15 18:26 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 幸せ報告(六太・竹丸・海・五郎・麦)
2016年05月10日 (火) | 編集 |
こんにちは。 猫ブームが来ないままGWも過ぎ去り、閑散としているカフェブランです。
昨年のGWは結構な人出でてんてこ舞いだった為、猫ブームの今年は更に凄い事になるかと意気込んで連日、ボランティアさんに来ていただいたのですが、そうでもなかったです・・。 「これなら一人で十分、回せたんじゃね?」って感じで、遠くから来て下さったボラさんは拍子抜けだったと思いますが、普段、私一人では手の回らない所をお掃除していただいたり、私自身はとても助かりました。お手伝いに来て下さった皆さま、どうもありがとうございました。

予想はしていましたが、GW明けの今日はお客さんが誰もこないので、溜まっていたご報告等をしようと思います。 まずは、5月1日からトライアルに入った六太。 猫の手さんが、小田原のご家族の元へお届けして下さいました。


5ce7b0.jpg

(↑) またたびに夢中の六太。

ちばわんでは、犬も猫もお届けから1か月間はトライアルで、それが無事に終わると正式譲渡となります。 この正式譲渡の報告を私は忘れがちなんですよね。 ブランを卒業した猫達は全て正式譲渡になっているのですが、ブログで報告していなくてごめんなさい。


DSC00163.jpg

(↑) 竹丸。 もう何だか懐かしい感じですが、正式譲渡になって可愛がられていますよ。 FBでちょこちょこ記事や写真をアップしていただいていますが、「天使」だそうです。


そして、海ちゃんも正式譲渡になっています。 先日、1歳のお誕生日を迎え、ご報告とお写真も送っていただきました。 こちらの写真は、正式譲渡になった際にいただいたバリスタ姉さんとのツーショット。(↓)

image12.jpg


そして、五郎(現・こやぶ)ちゃんも正式譲渡になっています。 こちらはツイッターでこやぶおじさんの日々がアップされておりまして、面白いので写真をお借りしました。(↓)

Ch6vwX_VAAEvkH_.jpg


ご覧の通り、みんな可愛がられて幸せに暮らしていますよ。 そして前回お伝えしましたが、小柄なアイドル猫「麦」の新しい家族が決まりました。 毎週、ブランに通って下さっている常連のお客様に迎えていただく事になり、麦ちゃんファンのお客様にも喜ばれています。 お届けはお引越し後の6月です。 

DSC_0547-1.jpg


また、ブランではオリジナルTシャツを販売中です。 店頭にもいくつかありますが、ネットだとサイズや色も多彩です。 「STEERS」での販売は、5月13日で終了します。 (「T-Trinity」での販売は継続予定。)

DSC_0740.jpg


Tシャツをお買い上げいただくと、保護猫の支援が出来ます。 1匹でも多くの猫達に新しい家族が見つかるよう、これからも引き続き応援よろしくお願い致します。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/05/10 14:46 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 ゆく猫くる猫
2016年05月01日 (日) | 編集 |
こんにちは。 猫ブームのこない猫カフェ、ブランです。 GWなのにブログを更新しちゃうくらい暇って、どゆ事? 猫ブームってどこで起きとるの??

お客さんも売り上げも少ないブランですが、お蔭様で譲渡率は上々です。 FBやHPでは報告していますが、4月21日から人気の三毛猫、小梅がトライアル中。 本日、5月1日からはこちらも人気のミドルエイジのイケメン「六太」がトライアルに出ました。 また、小さな体で大きな心を持つ美形人気猫「麦」も遂にねこ親さんが決定。 麦は6月からトライアル予定です。

DSC_0371.jpg

(↑) 小梅


DSC_0709.jpg

(↑) 六太


出て行くばかりで猫部屋が寂しいかと言えば、これがそうでもないんですね。 横浜市動物愛護センターには、次々と成猫が持ち込まれているようです。 センターでも個人譲渡をしていて、猫ブームなせいか譲渡も増えてきているようですが、やはり貰われるのは子猫ばかり。 現在、春に生まれた子が離乳してそろそろ里親募集が開始されるのですが、「子猫が出てくるのを待ちま~す。」という方が多いらしく、成猫の譲渡は進まず・・。 一般的には成猫より子猫が圧倒的に人気ですが、ブランではミドルエイジ、シニア猫が人気ですぐに里親が決まります。 子猫とは違う大人猫の良さを知っていただけるのも猫カフェならでは。 新しく猫を家族に迎えようとお考えの方は、是非、ブランへ遊びに来ていただきたいと思います。 話が逸れましたが、そんな訳で4月28日には横浜市動物愛護センターから2匹の成猫を連れてきました。 5歳の兄妹です。

DSC_0714.jpg

(↑) ジェラトーニ オス 5歳


DSC_0727.jpg

(↑) ダフネ メス 5歳


2匹とも人馴れOK. スリスリして甘えてきます。 ダフネは他の猫にちょっとシャーシャーしてますが、ケンカにはならないので大丈夫。 ジェラトーニの方が、猫には社交的です。 まだ隠れている事も多いですが、その内慣れると思いますので見守ってあげて下さい。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/05/01 17:38 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲