「犬に名前をつける日」
2015年08月26日 (水) | 編集 |
inu-namae_320x180.jpg


「ちばわん」と、ちばわんと一緒に全国でTNR活動を行っている「みなしご救援隊」を取材したドキュメンタリードラマ「犬に名前をつける日」という映画が10月31日公開されます。 HPでは、予告編が公開されました。

公式HP http://inu-namae.com/

小林聡美さんが映像ディレクター役を演じるドラマではありますが、動物愛護センターで犬を引き出す様子や、福島の被災地で動物を保護する様子は実際の映像です。 お涙頂戴タイプの映画ではないと思いますし、タレント犬が名演技をする訳でもないでしょう。 ただ単純に、保護しなければならない動物達がおかれている状況や、その動物達の命を救う為に活動する人達の姿を見て知っていただきたいと思います。 それは作られた映像でもないし、演技でもありません。 私自身もその中のいくつかの場所には行っているし、一緒に活動してきました。 キャバリアのブリーダー崩壊現場はマンションの1階にある元トリミング店で、店の前を通るだけで悪臭が外まで流れて出ていたし、店の中は眼が痛くなるほどの悪臭と犬の鳴き声で5分も居られない程でした。 映画の中ではそんな中で活動するボランティア達のありのままの姿が写っていると思います。


7ddd4940464bf8293707d122233a79b8.jpg


「ちばわん」はボランティア団体ですから、代表をはじめ全員がボランティアです。 どんなに働いても、お金はもらえません。  だから殆どのボランティアが、生活の為に仕事を持っています。 会社に行ってフルタイムで働いて、休みの日はボランティア活動に勤しみます。 場合によっては、深夜から早朝の作業もあります。 それでも多くのボランティアが集まって動くのは、不幸な犬や猫を救いたいから。 意味もなく殺される命を一つでも救いたいから。

こういう活動をしていると、「頭が下がります。」なんて言われる事があります。 もちろん、誰かに頭を下げてもらいたくて動物を救っている訳ではないし、例え金銭の報酬はなくても動物達から沢山の喜びや幸せをもらえます。 だからみんな頑張ります。 辛いことだけだったら、ボランティアは続けられません。 「助けているのではなく、自分が助けられている。 幸せにしてあげているのではなく、自分が幸せにしてもらっている。」と感じているボランティアは、私を含め、とても多いと思います。

ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00038512-crankinn-movi

お時間のある方は,劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。


スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/08/26 18:51 | 千葉わん | Comment (0) | Top▲
 サバ男お届け&ニューカマー登場
2015年08月25日 (火) | 編集 |
先日の日曜日、ちばわんの猫の手さんとちゃっぴ母さんにサバ男をお届けしていただきました。
若干、瞳孔が開き気味ではありますが、


P8230006.jpg


何故か、ガスコンロの上で固まったそうですが、


P8239994.jpg


写真を撮れただけ上々。 猫は環境になれるのに時間が掛かる生き物。 その中では、サバ男は順応性が高い子です。 


P8239999.jpg


ねこ親のN様からは早速、近況報告をいただいています。 早くも撫でられるとお腹を出してゴロゴロと甘えているそうですが、先住猫ちゃんとはまだ距離があるようです。 サバ男は好戦的な猫ではないので、まぁ上手くやってくれるでしょう。 先住猫ちゃんに嫌われないといいね。

ブランの初期メンバーとして、独特の存在感で人気だったサバ男。 申込みも何件かいただいておりましたが、「サバ男にぴったり」と思えるご家族がなかなか見つからず・・。 今までも人間の都合で居場所を転々としてきたサバ男ですから、今度こそ安住の地になって欲しいと思っていました。
N様、どうぞよろしくお願い致します。

そして、寂しくなったブランには、今日から早速ニューカマーが2匹入居しています。


新入り白黒 001


例によって、みんなが隠れるトイレに引きこもり中。


新入り白黒 018


探索に出てくるも、めっちゃ腰が引けてます。


新入り白黒 020

(↑) マッサンじゃないですよ。 ニューカマー1号です。


新入り白黒 010

(↑) で、こちらが2号。

どちらも3歳位の男の子です。 名前はまだ決めていません。 某猫カフェでは、猫の命名権を売ってましたね。 うちもこの経営難を考えると売るべきかも知れませんが、名前をつけたい人はご連絡下さい。 今回は無料ですが、私の独断と偏見で選ばせていただきます。 (ちばわんは多くの保護猫がいるので同じ名前の猫がいると却下されます。) 
そう言えば、猫のひげもオークションで売ってました。 今なら、ブランの猫部屋で拾ったヒゲはご自由にお持ち帰りいただけます。その内、有料になるかも知れませんよ~。

白黒率が高くなったブランですが、模様によって個性も様々。
涼しくなってきた事ですし、猫達と遊びにいらして下さいね。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/08/25 16:13 | カフェブラン | Comment (2) | Top▲
 正式譲渡や近況報告
2015年08月22日 (土) | 編集 |
毎日、蒸し暑いですね。 お盆休みもそろそろ終わりでしょうか? 天気も夏休みも関係なく、お客さんのこないブランです。 11月で1周年なので、「そろそろ1周年イベントの企画を・・」なんて税理士さんには言われていますが、果たして1周年を迎えられるんだかどうなんだか・・。

そんな赤字経営のブランですが、本来の目的である猫達の里親探しは予想以上に順調。 前回の記事でお宅訪問したチーポンとロン(現・ムーンちゃんとバロンくん)も、もちろん正式譲渡となりました。


ムーン


IMG00031_HDR.jpg


何故か、今回はどの写真も縦にする事が出来ず、見にくくてすみません。
ムーンちゃんとバロンくん、ご覧のように全く問題なく幸せに暮らしております。

そして、トライアル中のチャトも正式譲渡になりました。
ブランにいる時は腰痛だったり、吐き戻しが多かったりで体調が悪かったチャト。 吐き戻しはまだあるものの、腰痛は改善されたようで冷蔵庫にあがったりしているそうです。 長時間の留守番も問題なく、お客さんにもすぐに甘えるそうで、本来の人懐っこさを発揮しています。 そうそう、名前は「とらお」君になりました。 とらお君の猫親さんは独り暮らしの男性ですが、落ち着いた性格で他の猫が嫌いなとらお君にとっては良い環境だと思います。 飼い主さんのライフスタイルと猫の性格が合っていれば、留守番等があっても猫との生活は可能だと思います。


KIMG0328.jpg


そして、卒業猫のニーニャちゃん(旧・ニュイ)からはちょくちょく近況報告をいただいています。


image20.jpg


ニーニャちゃんのねこ親さんは、猫を飼うのが初めてのご家族。 1人っ子のニーニャちゃんを大事に大事に育てて下さっています。 ニーニャちゃんの為に買ったけど、ニーニャちゃんが使ってくれないベッドや食べてくれないフードなど、色々ご寄附いただいてブラン猫達が使わせていただいています。 みんな、先輩猫達に続いて本当の家族を探そうね。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/08/22 12:19 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲