Say NO Project
2013年11月27日 (水) | 編集 |
ちばわんで家族を募集する犬達の多くは、千葉県の動物愛護センターにいた犬達です。
「動物愛護センター」は急速な勢いで変わってはきているものの、最終的には集められた動物達を殺処分する場所です。
ボランティア団体をはじめ、職員さん達も捨てられた動物達の命を救うべく日々努力をしていますが、ちばわんの「愛護センターレポート」をご覧いただいても分かるように、救っても救っても持ち込まれる犬猫達が後を絶たず、「飼い主がいない」「預かり先がない」という理由だけで、日本中で罪の無い動物が殺処分されているのが現状です。


IMGP1235.jpg


一方、先日までうちでお預かりしていたハルちゃん一家は、「ブリーダーレスキュー」のHPにある通り、廃業したブリーダーから直接レスキューしました。
ブリーダーの中には本当に良い犬を作り出そうと努力している方もいらっしゃいますが、多くは犬を金儲けの道具としてしか扱わず、如何に安く子犬を沢山産ませるかしか考えていません。
アメリカでは「パピーミル(子犬工場)」と呼ばれていますが、ペットショップやホームセンターで売られている仔犬達は、こうした非常に不衛生な場所で生産され、格安で販売されています。
当然、犬達の健康状態も悪く、本来なら繁殖すべきではない遺伝病を持つ親犬の血統も考慮せずに子犬を産ませる為、特に純血種には多くの遺伝病が受け継がれます。
それ以上に、仔犬達は親犬や兄弟犬達と暮らす事で多くを学ぶ生後60日間の前に出荷され、1頭でガラスケースの中に入れられて店頭に並ぶので、犬としての社会化ができず、成長してから様々な問題行動を起こします。


IMGP1317.jpg


好きで犬を買ったのに、どうしてこんなに犬が捨てられるのか。
そもそも、どうしてこんなに沢山の子犬や仔猫が、コンビニの商品のように日常的に売られているのか。
子犬の生産元となっている親犬達の事を少し考えて欲しいのです。
「ブリーダー 倒産現場」などと検索すれば、日本中でその親犬達の悲惨な状況を目にするはずです。


20130711_21980.jpg


動物愛護管理法が改正されても、子犬が売れる限り、悪質なブリーダーは存続し、悲惨な親犬達は増え続けます。
需要があれば供給が増えるのが商売なら、需要をゼロにしてしまえばいい。
店頭の子犬を見て可愛いと思っても、その子犬の生まれた環境や母犬達の状況を知れば、多くの人は買う気を無くすのではないでしょうか。


banner07.jpg


それが「Say NO Project」です。
商売として扱われている犬達の現状を知ってもらうこと。
それが動物愛護に繋がります。


banner03.jpg


犬や猫を欲しいと思った時、店頭で買う以外にも方法はあります。
動物愛護大国のドイツでは、犬や猫は保護シェルターを訪ねて譲り受けるのが一般的で、店頭での生体販売は禁止されています。
安易に買えなければ、安易に捨てられる動物も減るはずです。


IMGP1460.jpg


店頭で子犬や仔猫を買わない事で、その親犬達も救うことが出来ます。
一人でも多くの方に、この活動を知っていただきたいと思います。
詳しくは、「Say NO Project」HP をご覧下さい。

スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/11/27 22:28 | その他犬関係 | Comment (4) | Top▲
 インディとハルモニアのご報告
2013年11月25日 (月) | 編集 |
こんにちは。 おかもとです。
ご無沙汰しちゃってすみません。
例によって、預かり犬がいなくなって燃え尽き症候群に陥っておりました。

DSC_0977.jpg


えぇ、そうなんです。
インディの募集広告を載せた途端、次々と応募が舞い込み、しかもどのご家族も良い方ばかり。
ササッとお見合いが決まり、我が家にやってこられた希望者様。
その場で「是非、うちの子にさせて下さい!」との事で、翌週にはお届けとなりました。


IMGP1816-1.jpg

(↑)お届け前の記念写真


インディのご家族は、50代のご夫婦。
新宿の高層マンションにお住まいで、犬を届けにきた田舎者の夫婦はホテルのようなエントランスから「うっひょ~!」と驚くばかり。
「高い、たか~い!」と正にオノボリサン。


IMGP1817-1.jpg

(↑)いぬ親のN様との幸せ写真


お届けの時は、まだ名前は決まっていなかったのですが、今日、いぬ親のN様からメールが届きましたのでご紹介しますね。

「・・・片っ端から、知っているスペイン名で呼んだところ、Xavierに何度も反応したのでシャヴィと呼んでいます。
スペインのサッカーチームバルサのMFシャヴィと同じです。意味は、新しい家。
バルサのシャヴィのようにすばしっこくなって欲しい訳ではないのですが。
スペイン人の名前は長いので、
Xavier Indio Okamoto de N***** という事になります。
シャヴィがどういう経緯の中でレスキューされた事、インディと呼ばれ愛されて過ごした事を
決して忘れずに、事あるたびに人々に伝える義務を思い起こさせてくれると思うのです。・・」


ですって。
嬉しいですね~。
素敵な名前になって、新生活スタートしています。


そして、一足早くトライアルを開始したお母さんのハルモニア。
無事にトライアルを終了し、正式譲渡となりました。
こちらは茅ヶ崎の海岸沿いで、のんびり湘南ガールの生活。


DSC00747.jpg


ハルちゃんは人に心を開くまで少し時間が掛かる子でしたが、ご家族のO様がしっかりと関係を築いて下さったようです。


DSC00737-1.jpg


そうそう。
ブログではご紹介していませんでしたが、インディのお兄ちゃん「ジョーンズ(現・茶々丸)」も正式譲渡になっています。


DSC_0990.jpg

(↑) 茶々丸くん。 似てるでしょ?


DSC_0995.jpg

(↑) ちょっとお兄ちゃん顔かな。
久し振りの再会でも、仲良く楽しそうに遊んでいました。


こうして我が家のキャバリア一家は、みんな新しい家族の元で生活を始めました。
ブリーダーレスキューから多くの方の応援とご協力をいただきありがとうございました。

現在、まだ家族を探しているキャバリアが1頭、そして1頭のコーギーが預かり先も募集中です。
詳しくは、「ブリーダーレスキュー特設ページ」をご覧下さい。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/11/25 22:08 | 預かり犬32・33・34 | Comment (0) | Top▲
 寒い日は寄り添いあって
2013年11月09日 (土) | 編集 |
立冬も過ぎ、日々寒さが増してきました。
特に寒がりな猫達は・・・


DSC_0947.jpg


入り過ぎだろ。Σ\( ̄ー ̄;)

どう見ても、芹が無理やりジェスロの上に乗ってるよね?
ジェスちん、大丈夫かい?


DSC_0966.jpg

J:「・・・耐える」


ん、ガンバレ。
さすが、世界一のネコだ。


寒くなると、人も犬も、みんな寄り添うようで・・


IMG_3953.jpg


インディもちゃっかり特等席で爆睡中。


IMG_3954.jpg


可愛いから、インディの寝顔を載せちゃおう。


IMG_3972.jpg


ハイパーでやんちゃなインディも寝ていれば天使。


IMG_3968.jpg


ゆっくり、おやすみ。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/11/09 18:22 | 預かり犬32・33・34 | Comment (0) | Top▲
 お庭のインディ
2013年11月05日 (火) | 編集 |
朝晩は、めっきり肌寒くなってきました。
夏の間、日差しを遮る為に育てたパッションフルーツとキワーノのグリーンカーテンを片付けようと思いつつ、10月に入ってからパッションは花盛りだし、キワーノも実が育ち始めるしで季節外れのグリーンカーテンを残していた我が家。


IMGP1766.jpg


パッションは1つだけ実が大きくなったので収穫。
キワーノは「南国フルーツはもう無理だろう」という冷え込みになったので諦めました。
何より、グリーンカーテンがカメムシの越冬地になりそうな程集まってきたので、漸く伐採する事に。
で、まずは腰高窓を覆いつくし、触手のようにネットに絡みついた蔓をバツバツとハサミで切り離し、外れる枝葉を外してみると・・


ギャッ!!∑(゚◇゚;)


IMGP1767.jpg


ナンジャ、コリャ-ッ!? (゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)



えぇ、そうなんです。
これがキワーノの実なんです。
もっと大きくなって、熟すと黄色くなるのですが、これはまだ成長途中。
気付かぬ場所でいつの間にか育っており、本来、実がなれば喜ぶべき所、どうも不気味なルックスで喜べず。
取り合えず、この実はこのまま残してありますが・・・何だかなぁ。


IMGP1788.jpg


一方、私が南国フルーツと格闘中、庭で日向ぼっこをしていたインディくん。
何故か、プランターの中に入って、パッションフルーツの葉を食べ始める。


IMGP1786.jpg


いやいや、止めなさいよ!
植物には毒のある物もあるんだから。


IMGP1772.jpg


インディは、何でも口に入れてしまうので困り者。
家の中でも危険な物はありますが、外は比べ物にならない程、危険がいっぱい。
拾い喰いをしてはいけない事は理解し、「出して!」と言えば口の中の物を出すようにはなりましたが、小石でも吸殻でも木の実でも、いつの間にか口に入れていたりするので目が離せません。


IMGP1783.jpg


内弁慶で外では怖がりだったインディも、最近はお散歩で会う人に寄って行ったり、外でも楽しめるようになってきたみたいです。
排泄も、お散歩中に出来るようになりました。
危ない事も沢山あるけど、楽しい事はもっと沢山あるから、ひとつづつ覚えていこうね。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/11/05 19:52 | 預かり犬32・33・34 | Comment (0) | Top▲
 可能性はゼロではない。
2013年11月01日 (金) | 編集 |
♪ 最終列車は始発列車さ
行ったり来たりでも動いてる~♪


って古田新太さんが歌っているカゴメのCMが気に入っています。
人気女子アナとデートしたり、ロック歌手になったり、最近のはドラフト指名されるバージョンが流れていますが、どれも何の根拠も努力もなく、でも「可能性はゼロではない。」という一言で、全てを肯定している所がゆるくて好き。


IMGP1729.jpg


預かり犬がいると、「この子のいぬ親さんは、どんなご家族になるのかなぁ~」と想像します。
有名人とか、普通だったら絶対にお知り合いになれないような人だと面白いなぁ~って。
実際、ちばわんのいぬ親さんの中には、ご高名な方も色々いらっしゃって、お忍びでいぬ親会にいらしたりもするんですよ。
でも、有名人だとワイドショーで別居だ離婚だと報道されると犬の事も心配になるし、連絡は取りづらいし、面倒な事も多いのかな~なんて、要らぬ心配をしてみたりして。


IMGP1724.jpg


以前、オバマ大統領が就任した時、新しく飼う犬を探していて話題になりました。
その時、うちにも預かり犬がいたので、是非ともうちの犬のいぬ親さんになっていただきたいとオバマ大統領にメールを打とうかと思ったほどです。
そうなると、お見合いは預かり宅で行うからオバマ一家がうちに来るわけで、「靴を脱いでくれって言ったら失礼かな。」とか、「SPとか入れると、何人うちに来るんだろう?」とか、色々考えました。
日本の外交に関る問題なので、オバマさんが希望されたらお断りは出来ないですし(多分、断る理由もないと思いますが)、いぬ親決定となれば飼育環境を確認する為にこちらからお届けとなりますから、ホワイトハウスに犬を届けに行く訳です。
お届けの交通費はいぬ親さんにご負担いただくとして、「日帰りは出来ないからホワイトハウスに泊めて貰えるのかな? エアフォースワンでチャチャッと送ってくれてもいいんだけど。」とか、事、相手がアメリカ大統領一家ともなると夢は広がります。


IMGP1740.jpg


その後、オバマ一家はどこかの国のお偉いさんから犬をプレゼントされ、うちの預かり犬もいぬ親さんが決まり、割と近くで幸せに暮らしており、私もTPP問題でいぬ親さんと気まずい思いをする羽目にならずに済みました。
一方、私の夫は滝川クリステルさんのファンで、インディのいぬ親が滝川クリステルさんになるのを夢見ています。
滝川さんは動物愛護に熱心で、2年ほど前のONE LOVEウォークにもプライベートでいらしていました。
今回も滝沢さんが駒沢に現れるのでは?!と期待していましたが、大物文化人ともなるとお忙しいようで、いらっしゃらなかったようです。
お届けは絶対一緒に行って、幸せ写真を滝川さんの隣に並んで撮るそうです。


IMGP1675.jpg

「可能性はゼロではない!」 ですかね。σ(^_^;)

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/11/01 13:20 | 預かり犬32・33・34 | Comment (0) | Top▲