いぬ親会・ねこ親会
2010年11月28日 (日) | 編集 |
今日は、朝から「ちばわん いぬ親会・ねこ親会 in 品川」へお手伝いに行ってきました。
帰宅して犬部屋のドアを開けたら、軽い「センター臭」(動物愛護センターのニオイ)がして驚いたおかもとです。(゚ロ゚)
原因は、もちろん、この2匹・・・(↓)


IMGP7638.jpg
アリー:「だって、ずっとお留守番だったし・・・」
ブリー:「出ちゃうモンは出ちゃうし・・・」

そうだよね~。 8時間も放っておかれたら、出ちゃうよね~。
出来れば、踏み散らかさないで欲しかったけどね~・・・。(ToT)


2010110823095751f.jpg


ところで、品川のいぬ親会場「ウェルカムセンター原」は、西大井の駅から徒歩5分ほど。(車の運転に自信がない私は、いつも電車で参加しています。)
室内なので、天候にも左右されない恵まれた会場で、安全面から屋外では行わない「ねこ親会」も、「ちばわん」では唯一、こちらで開催しています。
今日も優しいご家族との素敵な出会いがありました。
詳細は、後日「ちばわんイベント報告」で紹介されますので、どうぞご覧下さい。


20091130001304f2a.jpg


「ちばわん」では、毎月第3日曜日に行われる江戸川河川敷のいぬ親会をはじめ、色々な場所でいぬ親会を開催しています。
11月からは「いぬ親会ラッシュ」で、13日は茅ヶ崎、21日に江戸川、今日の品川、そして来週(12月5日)の湘南と、ほぼ毎週いぬ親会が開催されています。


syonan12_320x180.jpg


いぬ親会・ねこ親会は、「犬猫の家族を探す」だけでなく、保護犬・保護猫の現状を知ってもらう「啓蒙」やフリマやチャリティーグッズを販売して活動資金を集める場でもあり、また多くの方が支援物資や寄付金を持ってきて下さる場です。
その為にも、こうしたいぬ親会を継続し、多くの人に周知していただく事はとても大事。
一方、いぬ親会の開催には、大変な時間と労力が掛かります。
会場の手配から備品の調達・設置・運搬、参加犬の募集・連絡・医療処置、運営スタッフの収集と役割分担、等等・・書ききれない程の仕事を大勢のスタッフが行っています。


IMGP5163.jpg

(↑) 湘南いぬ親会の様子。


「ちばわん」は、全員がボランティア。
デザイナーさんがポスターを作ってくれたり、看板屋さんがパネルを作ってくれたり、DIYの得意な方が備品を作ってくれたり、皆が力を寄せ合って、来場者の方に分かりやすく、足を運んでいただけるようないぬ親会を作ろうと努力しています。
忙しい中、皆がこんなに頑張る理由はただヒトツ、「不幸な犬猫を減らしたい」から。


IMGP5173.jpg

(↑) 湘南いぬ親会の様子。(パネルとフリマ)


何の罪も無いのに捨てられ、殺されるはずだった命が、沢山の人の手に助けられ、優しい家族と出会い、幸せに暮す姿を見る時、全ての苦労は報われます。
この愛すべき生き物達が幸せになれるなら、そもそも苦労なんて存在しないけど。


IMGP7621.jpg

(↑) ブリー

12月5日(日)の湘南いぬ親会には、私もお手伝いに行きます。
アリーとブリーはビビリちゃんなので参加しませんが、是非、遊びにいらして下さい。<(_ _)>

湘南いぬ親会の開催については、「ちばわんイベント報告」でご確認下さい。


スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/28 23:52 | 千葉わん | Comment (2) | Top▲
 アリブリ近況
2010年11月27日 (土) | 編集 |
また更新が滞ってしまいました・・。(-。-;)
日々、通って下さっているコアでレアな「どぐでんファン」の皆さま、申し訳ない。<(_ _)>


IMGP7635.jpg

↑ ブログのせいか、全く申し込みのない預かり犬達と、同じ位困っている先住犬。


うちに来て、そろそろ2ヶ月。
アリーとブリーは、日を追ってパワーアップし、毎日運動会が激しさを増しています。
相変わらず、外の散歩は出来ないので、彼らの運動は室内の運動会のみ。
元々、ミニピンは小型犬でも運動量の多い犬種。
当初は、一日中ケージに引きこもっていたくせに、最近は運動が足りないと「ケージから出してー!」とアピールするようになりました。
そんな時も2頭とも吠える事はなく、せいぜいアリーが「ピーピー」鼻鳴きしながらケージの中で暴れる程度なので、近所からの苦情をきにする必要もなく、カワイイもんです。(^O^)


IMGP7626.jpg

一足早く人馴れしたアリーに比べ、ビビリ度が強く、なかなか頑なだったブリーも、ここ数日で随分変化があり、性格も表情も明るくなりました。(*^。^*)
普通にオヤツや遊びの催促をするし、オモチャで遊ぶのも大好き。
尻尾を振りながら、夢中で私に「タッチ&ゴー」をして走り回ります。
なんと、もうすぐ「ヘソ天」をしそうな気配ですよ。\(゚o゚;)
運動会の前には、狭いサークルの中で排泄を済ませてからフリーにします。
2頭とも場所で覚えるタイプのようで、フリーにしてもトイレがある場所で排泄します。
でも、運動会の開催中は、トイレシートがすっ飛んでいるのが残念なところ・・。(^_^;)


IMGP7621.jpg
(↑) ブリー


家の中に居る限り、全く普通の家庭犬。
トイレトレーニングはイマイチだし、「オスワリ」も「フセ」も出来ないけど、散歩に行く手間がなく、ミニピンなのに殆ど吠えず、クレートトレーニングが出来ていてお留守番もOKなんて、猫並みに飼いやすい。(^。^)v
そうそう、本物の猫とも同居可能ですよ。(=^・^=)


IMGP7559.jpg


実は、先日ジェスロに異変が起きました。
今は投薬で落ち着いていますが、早朝、ヒキツケを起し、24時間救急に駆け込みました。
その話は、また機会があれば、お話したいと思います。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/27 01:45 | 預かり犬27&28 | Comment (0) | Top▲
 本当に「好き」なのか?
2010年11月19日 (金) | 編集 |
異常な猛暑から長い残暑が続き、涼しくなったと思ったら秋の長雨。
春から勃発した住民運動に巻き込まれて日々忙しく、ずっとホッタラカシだった庭は雑草の温床。(>_<)
漸く、先週の晴れた日、外溝の掃除に取り掛かりました。


IMGP7588.jpg

(↑) ブリー


お世辞にも広いとは言えない敷地なのに、家屋の回りを草むしりするとそれなりに時間が掛かり、腰が痛くなる。
小さな雑草を一本づつ摘んでは抜き、根深いタンポポを掘り起こし、敷き砂利に混ざった落ち葉を手で拾い・・・その時、とてもムッとしている自分に気がつきました。
私はハンギングに花を植えたり、野菜を作ったり、土いじりが好きな人間だと思っていたのですが、草むしりをしたり、虫が付いた落ち葉を拾ったりするのは、とても嫌でやりたくなかった。
本当に土いじりやガーデンニングが好きな人なら、きっとこんな手入れも苦にならないと思うのです。
本当の料理好きが、後片付けもきちんとやるように。
本当の登山家が、道具の手入れを怠らないように。
楽しい部分は、きっと誰でも「好き」です。
でも、裏も表も全てをひっくるめて「好き」なのが、「本当の好き」。


IMGP7589.jpg

(↑) アリー


子犬を見れば、10人中9人が「カワイイ!」と思うでしょう。
「犬が好き」という人が、ペットショップで子犬を買って行きます。
でも、「犬が好き」で飼ったはずの人達が、その犬を「殺して下さい。」と処分場へ持ち込むのは何故なのでしょう?


f0078320_13374399.jpg

(↑) 愛護センターレポートより


センターで処分される多くの犬が、首輪やハーネスを付けています。
オスワリやオテが出来る犬も沢山います。
皆、「犬が好き」な人に飼われていたはずなのに、どうしてこんな冷たい床で死を待たねばならないのか・・。


IMGP7600.jpg

(↑) ブリー


「吠えてウルサイから。」
「病気になったから。」
「クサイから。」
「大きくなったから。」
「世話が面倒だから。」・・・


「犬が好き」な人達が、そんな理由で犬を捨て、処分場に持ち込みます。
それは、「本当に好き」なのではなく、ただ子犬を見て「カワイイ!」と思っただけだから。
まるで「動くヌイグルミ」を買うように「生きた子犬」を買ったから。


IMGP7627.jpg


環境省の動物愛護部会で「生後8週齢以内の犬猫の販売禁止」が取り上げられましたが、ペット販売業者の反対で議会を通らなかったそうです。
何故なら、子犬は小さければ小さいほど、ヌイグルミのように可愛くて、「犬が好き」な人によく売れる。


これから「犬を飼おう」と考えていらっしゃる方は、自分が本当に犬が好きなのか、もう一度考えてみて下さい。
「ちばわん」HPにある「飼い主診断チャート」が参考になると思います。


はいけい、にんげんの皆さま。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/19 23:40 | 預かり犬27&28 | Comment (4) | Top▲
 スタイル自慢
2010年11月17日 (水) | 編集 |
師走の寒さに加え、冷たい雨のそぼ降る川崎市です。
一体、「秋」は何処へ行ってしまったのでしょうね・・。

そんな雨も寒さも、元から散歩もしないし、エアコンで暖められた部屋でぬくぬく暮すこの2匹には全く関係ナシ。
日に日に活動的になり、体力も気力も充実させ、犬として本来の姿を取り戻しつつあるようです。


IMGP7617.jpg

↑ サークルからの脱出を考え中のアリー。


IMGP7609.jpg

↑ 落ちたオヤツを探しているブリー。


ところで、この2匹はとてもスレンダーでスタイルが良く、美しい犬なのです。
アリーは、ミニピンらしくコンパクトにまとまって筋肉質。
ピョンピョンと撥ねながら動く様子は、まるで子馬のようで愛らしい。
ブリーは、イタグレのような長い手足で優雅に動き、大きな瞳と半立ちの耳がとてもキュート。
本当は、2頭を連れて近所を散歩させたり、ドッグカフェに連れて行き、みんなに自慢したいのですが、それが出来ないのがとても残念・・。


下の写真は、うちへ来て1週間後のアリーとブリー。
アリーはそれ程痩せていませんでしたが、ブリーはアバラも背骨も浮き出て筋肉も薄く、老犬ように見えます。
ブリーは毛もバサバサで、栄養失調のようでした。(↓)


IMGP7275.jpg



(↓) 今日のブリー。 柴丸とご対面。

IMGP7606.jpg




(↓) 挨拶を試みるも、柴丸先生はご機嫌ナナメ。(^_^;)

IMGP7613.jpg



(↓) 今日のところは、退散!

IMGP7614.jpg


2頭足しても柴丸の体重より軽いのに、フードは柴丸の3倍早く減ります。(^_^;)
なかなか太らないなぁ~と思っていましたが、こうして見るとしっかりお肉も付いてきているようです。
保護した時は、2頭とも細い革の首輪(多分、寄付された物資)をしていたのですが、アリーの首輪は噛み切られ(多分、ブリーの仕業)、ブリーの首輪は少しキツくなってしまいました。
被毛もすっかり生え変わって、見違える程ツヤツヤになり、美しく生まれ変わった2頭。(^。^)v
こういう短毛でスレンダーな犬には、意外と太くてハードな首輪が似合うんですよね。
そんな首輪選びも楽しみですが、外で見せびらかせないのが残念だよ~!(ToT)



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/17 17:27 | 預かり犬27&28 | Comment (0) | Top▲
 アリー&ブリー初動画
2010年11月15日 (月) | 編集 |
いや~、やっとアリブリの動画が撮れましたよ。
今では毎日、部屋の中を走り回って元気イッパイなのですが、カメラを構えるとすぐケージに引篭ってしまい、なかなか写真も動画も撮れなかったのですよ。
今朝は、掃除をしようと犬部屋へ行くと、アリーがサークルから脱走して走り回り、テンション↑↑だったので急いでカメラを回しました。
では、早速、動くアリブリをご覧下さい。





アリーは、部屋の中ではすっかり普通の家庭犬です。
ビビリではありますが、ご覧のようにミニピンらしく軽快に動き回ります。
気が向くと「撫でて~!」と寄って来るし、とってもカワイイです。(*^。^*)
来た当初はハラコのように硬くてチクチクしていた毛並みも、今は柔らかくスエードのように変わり、とっても手触りがいいんですよ。
胴が短くて四肢もシッカリして筋肉質だし、本当に綺麗な犬だと思います。


IMG_0502.jpg

↑ アリー


アリーは随分なれてきたので、先日、2度目のお外チャレンジをしてみました。
玄関前のアプローチに出しただけですが、もうブルブルガタガタ。{{ (>_<) }}
やっぱり、外は怖いんですねぇ。(>_<)ヽ
でも前回と大きく違ったのは、怖くて私にピッタリくっついていたこと。
前回は私の事もまだ怖かったから、余計にパニックになってしまったのです。
今回は、もちろんビビリションもビビリウンもありませんでした。
お散歩はまだまだですが、しっかり成長しています。


IMG_0506.jpg

↑ ブリー


ビデオカメラを見て、もの凄い怪訝な顔をしています。(^^ゞ
ブリーは動画には写せませんでしたが、カメラがなければアリーと同じ位、元気に走り回っています。
ここ数日は、突然ブリーのテンションが高くなり、オモチャで遊んだり、私に遊びをしかけたり、とても積極的で子犬のように遊びます。
何かがふっきれたのかな?(^_^;)
ブリーは外には出しませんでしたが、部屋で抱っこに挑戦してみました。
これも意外と落ち着いていて、身体は固まっていましたが、普通に抱っこされていました。
ブリーとも少しづつ信頼関係が出来ています。


IMG_0503.jpg

↑ ブリー:「オヤツは貰うよ!」


2頭とも時間は掛かりますが、人に慣れるし甘えるし、とても性格の良い子達です。
家庭犬としてのしつけはまだまだですが、若くて可愛いアリーとブリーを家族に迎えて下さる方をお待ちしております。<(_ _)>



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/15 15:32 | 預かり犬27&28 | Comment (2) | Top▲
 気になる年頃
2010年11月12日 (金) | 編集 |
あ、どーも。 最近、お肌のタルミが気になる柴丸です。
こんな格好で失礼。


IMGP7177.jpg


体力と脳味噌の衰えが気になる奥様は、乗馬と犬部屋の掃除で疲れ果ててしまった為、今日はボクがブログをアップしますよ。
最近、ボクの存在感が薄いしね~。


IMGP7178.jpg


居候達(↓)は、日に日に態度がデカくなり、毎日バタバタと走り回ってうるさいです。
前はケージに閉じこもって固まっていた癖に、最近はボクの大事な奥様に甘えたりするのでムカつきます。(-_-メ)
今回は、居候達の指導を新任のニャンコ先生に任せたのですが、どうも教育が行き届いていないようです。
礼儀を重んじるボクは、昨日サークルから脱走したアリーを一喝してやったのですが、ヤツは全く反省していない様子。
これだから最近の若いヤツは困りますな。



IMGP7573.jpg

アリー:「人間は怖いけど、犬なんて怖くないもんね~♪」


ところで、秋と言えば「抜け毛」が気になる季節ですね。
抜け毛大王のボクが言うのもなんですが、あの小さい居候達の抜け毛がこれまた尋常じゃないのですよ。
ボクと違ってシングルコートの癖に、ケージの裏に抜け毛が山のように積もっていて、毎日奥様はビックリしています。
ボクの毛と違って、「舞い上がったりしないからマシ」だそうですけどね。



IMGP7547.jpg

ブリー:「ワタシは何でも怖いかも・・」

そうこうしている内に、居候達は古い毛が抜けて新しい毛に生え変わってきたみたいです。
奥様曰く、「チクチクしたハラコのようだった毛が柔らかい毛になった。」と。
うちの犬はドッグフードが主体なので、ボク達の身体は9割方ドッグフードで出来ています。
フードによって、ボクの体調や被毛も大きく変わります。
だから、フードは慎重に選んで欲しいですね。
美味しいフードは嬉しいから沢山食べるけど、健康管理も大切だからね。


IMGP7574.jpg

(↑) うちの居候達は、右側の赤い袋のフードを食べています。
ボクは、2年位前からずっと左側のフードです。
ボクのフードは、奥様が言うには色々怪しい部分があるんだけど、このフードだとお腹の弱いボクも調子が良いし、被毛もいい感じだし、ボクの身体に合ってるみたいなんだ。
難を言うと、ボクのウン◎が「ちばわん」マナーポーチからも溢れ出す位、強烈にクサイって事。(-。-;)
もう、加齢臭も気になる年頃なので「ウン◎がバラの香りになるサプリ」とか飲んでみようかなぁ~と考える今日この頃です。(^_^;)


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/12 00:18 | 預かり犬27&28 | Comment (0) | Top▲
 花梨酵母
2010年11月06日 (土) | 編集 |
うちの周りには、何故か花梨の木が多く植わっています。
駐車場の隅だったり、グランドの脇だったり、人の庭だったり。
あまり手入れをしているように見えませんが、毎年、立派な黄色い実を沢山つけ、鳥に食べられることもなく、殆どが朽ちて落ちる。
たまに「ご自由にお持ち下さい」と書かれた紙と一緒に玄関先に置かれているのも見かけますが、わざわざハチミツ漬けを作る気もなく、頂いたことはありませんでした。
でも、今年はふと思ったのです。

「花梨で酵母が作れるのでは?!」w(゚o゚)w

って事で、早速持ち帰り、花梨酵母にチャレンジ。(↓)


IMGP7566.jpg

私が酵母を作る時は、1リットルの瓶に半分位の果物と小さじ1杯のキビ糖を入れ、8分目まで水を注ぎます。
後は、1日1回かき混ぜながら、酵母ができるのを待つのみ。


IMGP7557.jpg

と、ここまで花梨、花梨と書いてきてなんですが、私がいただいてきたこの果実(↑)は、花梨ではなく「マルメロではないか?」という気もするのです。σ(^◇^;)
調べてみても良く分からないので、この場は花梨という事で・・。
ちなみに、今日はこの花梨を水で煮て、煮汁に砂糖を加えてシロップも作ってみたのですが、どうにも渋い。(>_<)
これからの喉風邪に備えて作ってみたのに、飲める代物ではありませんでした。 残念。


さて、我が家に来て1ヶ月が過ぎたアリーとブリー。
いよいよ、ブリーの募集も開始しました。
アリーとブリーには、どんな赤い糸が繋がっているのかなぁ~。((o(^ー^)o))


IMGP7571.jpg

(↑) こちらは、アリーとブリーの日中の様子。
運動能力的には、簡単に飛び越えられるサークルの高さですが、2頭ともちゃんと中に留まっています。
寝床(ケージ)の中では排泄せず、ちゃんと外でします。
でも、踏むけどね・・・。(-。-;)
時々、アリーはペットシーツを千切ったりしますが、仔犬に比べればイタズラも少なく、御行儀は良い方です。


IMGP7573.jpg

(↑) アリーの方が活動的で、人馴れもしています。
ブリーはカメラを見て、ケージに引篭ってしまいました。
夜は、サークルを畳んで、部屋で運動会が開催されます。
走り回る2頭の姿もご紹介したいですが、きっとビデオカメラを見たら引篭っちゃうだろうなぁ・・。
ビビリっ子の撮影は難しいです。(^^ゞ


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/06 21:54 | 預かり犬27&28 | Comment (4) | Top▲
 幸せな眠り
2010年11月04日 (木) | 編集 |
今年も、もうあと2ヶ月を切りましたね。
この前まで「暑い、暑い」と茹だっていたのに、既に布団から出るのが辛くなってきました。(^^ゞ
私は、睡眠時間が短い(4~5時間)方が頭がスッキリ過ごせるのですが、人生で寝ている時が一番幸せなので、可能な限り幸せを謳歌してしまい、特に寒くなると睡眠時間が延びて一日中「ボーッ」としている事が多いです。


IMGP7541.jpg

↑ 寝ている時が一番幸せ。 幸せそうに寝ている姿を見るのも幸せ。(*^。^*)


うちは夫の仕事時間がまちまちなので、6時に起きる時もあれば、10時まで寝ている時もあります。
だから、犬のエサや散歩の時間も決まっていません。
預かり犬によっては、朝の決まった時間に起きて鳴き出し、私の安眠を妨害する犬もいますが、アリーとブリーは私が起きるまでケージの中で大人しく待ってくれる預かり孝行な犬なので助かります。(^。^)v


IMGP7542.jpg

↑ 左:ブリー 右:アリー


トイレの位置も、ほぼ定まってきました。(^。^;)
でも、相変わらずウンチョを踏みつけるので要注意です。( ;^^)ヘ..
日中は、広めにサークルで囲い、その中でフリーにしていますが、たまにニャンコ先生と大騒ぎする以外は、殆どケージの中で寝ている感じ。
知らない人や知らない犬を見た時以外吠えない(ピンポンや電話等は無反応)ので、ミニピンやイタグレがいるとは思えないほど静かです。


IMGP7554.jpg

↑ つぶらな瞳がチャームポイントのアリー。(*^。^*)


相変わらず散歩をしない超インドアドッグなので、夜は部屋で一緒に遊ぶようにしています。
犬部屋(6畳)をフリーにして、私とニャンコ先生と一緒に運動会とオヤツパーティーです。\(^o^)/
この時は、アリーもブリーもグルグルピョンピョンと走り回り、見ていると目が回ります。(@_@)
超ビビリなブリーも、最近は私の周りをグルグル回る「Go Around Game」に夢中です。
このゲームは、私にタッチされるとその場にフセて固まり、暫く私に撫で繰り回されます。


IMGP7551.jpg

↑ 人の手は怖いけど、撫でられると嬉しいブリー。


二頭とも、キャットタワーの下が気に入っているようで、遊び疲れるとそこで寝てしまいます。
私が目の前にいるのに、ケージの外でリラックスして寝られるのは、普通の事のようでありながら、この二頭にとっては大きな進歩。


IMGP7550.jpg

↑ そろそろ、ブリーの募集広告もお願いしないとね。(^_-)-☆


P1000227.jpg

早くアリーとブリーのこんな寝顔(↑)が撮れるといいな。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/11/04 16:03 | 預かり犬27&28 | Comment (1) | Top▲