主婦のお休み
2010年10月28日 (木) | 編集 |
今日は、冷たい雨が一日中降りそうな川崎市。
午後から予約していた乗馬もキャンセル。
午前中に市議と警察へ行くはずだった予定もキャンセルになり、ポッカリ予定が空いてしまいました。
そんな日に限って、夫の仕事で早起きだったりしますが、雨では家事も開店休業。
柴丸も雨で散歩に行く気がないのか、夫の布団で朝寝坊を決め込んでいるし、私も心置きなくお休みを満喫出来ます。(^。^)v


IMGP7530.jpg


今日は録画したまま貯まっているドラマをゆっくり観る事にします。
まずは、柴丸のベッドと化してした夫の座椅子をセット。
コロコロで抜け毛を取って、寒いの電気ひざ掛けも用意。
四角いクッションに見えるモノは、ヒーター付きマッサージ機。
先日、夫の誕生祝いに買いましたが、人気商品みたいです。


IMGP7531.jpg


久し振りにちゃんと(粉から)ココアを作って、傍らにコンパニオンアニマルを侍らせ、ヌクヌクしながら昼間からお気に入りのドラマを観る幸せ。
これぞ、主婦の醍醐味。(*^。^*)


IMGP7513.jpg


うちはワンニャンカフェなので、テレビに飽きたら気晴らしに猫と遊んでみたり、


IMGP7482.jpg


犬に餌付けしてみたり出来ます。(^O^)

アリーの「擦り寄りブーム」は昨夜も到来し、撫で繰り回してあげました。(^。^)v
部屋の中では、全く普通の家庭犬として楽しく暮しています。

それでは、ドラマ観賞午後の部を始めますので、これにてドロン。(^o^)/~


スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/28 13:21 | ワタクシ事 | Comment (0) | Top▲
 ジェスロの生い立ち
2010年10月28日 (木) | 編集 |
コニャニャチワ。 オレっちは、通称「ニャンコ先生」。
でも、本当は「ジェスロ(Jethro)」っていう立派な名前があるニャリ。
「NCIS」っていう海外ドラマの主人公の名前で有名らしいけど、ヘブライ語で「抜きん出て素晴らしい。最高。」っていう意味があって、オレっちにピッタリなんだなもし。(=^・^=)



IMGP7460.jpg


オレっちは、兄弟と一緒に段ボール箱に入れられて土手に捨てられていた所をAkiさんに助けられたんだなもし。
オレっちの体重は120gで、まだ目も開いていなかったニャ。
一緒に箱に入っていた2匹の兄弟は、相次いで天国に行っちゃったんだなもし。
オレっちも肺炎になって、獣医の先生に見放されたけど、見事に奇跡の復活を遂げたニャリ。
だから母ちゃんが、オレっちに最高の名前をつけてくれたんだなもし。(^。^)v


P1000146.jpg

↑ これは、オレっちが奇跡の復活をとげた後の写真ニャリ。


P1000148.jpg

↑ ガリガリでカピカピでハゲハゲだったけど、沢山の人のお蔭でオレっちは生き延びたんだなもし。


IMGP6947.jpg

↑ 「手乗り猫」時代。


ココんちの母ちゃんは「猫アレルギー」なんだニャ。
だからオレっちも、本当は他のうちの子になる予定だったんだなもしかして。
でも、オレっちの類稀なる魅力に魅せられて、母ちゃんはオレっちと別れられなくなったニャリ。
世の中に猫は星の数ほどいるけれど、母ちゃんを幸せに出来る猫はオレっちただ一匹ニャリ。


P1000143.jpg

↑ 「ボクをココんちのコにしてくだちゃい。 ヨロピクおねがいしまちゅ・・」


いつ死んでもおかしくなかったオレっちを母ちゃんは真綿に包んで大事に大事に育てたニャリ。
その後、オレっちは、獣医の先生が驚くほど順調に育って・・


IMGP7041.jpg


痩せっぽっちだったから、いっぱい食べて、スクスク育って・・


IMGP7065.jpg


好き嫌いなく、何でも食べたら・・


IMGP7444.jpg


いつの間にか、お腹ポッコリ。(^_^;)


IMGP7466.jpg

ジ:「テヘッ! バレたニャ。」

今後は、オレっちが主役になって猫ブログを始めるニャ。
題名も「From Cat Den.」に変更するんだなもしかして。


IMGP7523.jpg


柴丸:「ニャンコ先生、諸問題がありますので、どうかヒトツ、ブログ名はこのままで・・。」
ジェスロ:「3回まわってワンと言ったら考えてやるニャ。」



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/28 00:02 | ジェスロ | Comment (5) | Top▲
 今日の出来事
2010年10月26日 (火) | 編集 |
《今日の出来事 その1》

IMGP7453.jpg

今日は、料理教室へ行ってベーグルを焼いてきました。(↑)
写真では分かりにくいですが、胡椒味とハーブ味とプレーンです。
更に分かりにくいですが、このベーグルは「天然酵母」で出来ています。


IMGP7448.jpg

↑ 久々の寝姿100選 「型にハマって寝る犬」 (写真と文章は関係ありません。)


天然酵母というのは、野菜や果物についている天然の酵母菌の事で、「天然酵母のパン」と言うのは、その酵母菌を発酵させて作ったパンです。
私は昔、パン作りにハマった時期があるのですが、その頃一般的に使用されていたイースト菌では、どう頑張った所で天然酵母のパンには敵わない事を早々に悟り、「パンはパン屋で買う」事に決めたのでした。σ(^◇^;)
天然酵母の本を読んでも、「発酵」と「腐敗」を見定める自信がなく、身の安全を考えて天然酵母にはチャレンジしていませんでしたが、少し前に天然酵母の料理教室を見つけ、月に一度通っているのです。


IMGP7457.jpg


天然酵母をおこす(発酵させる)のには、約4~7日かかります。
その酵母からパンの元種を作るのに、3日かかります。
地粉と元種を合わせて練って、1次発酵は5~7時間。
今日は練ったベーグルの生地も持ち帰って来ましたが、一次発酵は3日位かけるとより美味しくなると言われました。
天然酵母のパンは、時間を置くほど美味しくなるそうですが、「食べたい!」と思った時から10日程度経たないと食べられない訳で、現代のスーパースローフードと呼べるかも知れませんね。



《今日の出来事 その2》

最近、私に近寄ってきては逃げる「タッチ&ゴーゲーム」がマイブームだったアリーちゃん。
今朝は私に近寄ってきた後、逃げずに「撫でて~♪」と擦り寄ってきました。\(゚o゚;)
手を離すと、「もっと撫でて~♪」と身体を擦りつけてくる様子がまるで猫のようだったので、ニャンコ先生の教育の成果のようにも思えます。(=^・^=)
でも実は、うちに来た当初にもこんな行動はあったのです。
それが、目薬のせいか何のせいか、気付けば私は恐怖の対象に・・。(-。-;)
そして今日の夜には、もう擦り寄って来てくれなかったアリーちゃん・・。
アリーちゃんの次の「擦り寄りブーム」到来に期待です。


IMGP7389.jpg



《今日の出来事 その3》

アリーとブリーはペットシートの外にウン◎をした挙げ句、ソレを平気で踏み荒らすので、片付けるタイミングを外すとお部屋がエライコトになります。(ToT)
今日もレベル1のエライコトになっていたので掃除をし、ペットシーツを敷きなおしていた所、ニャンコ先生がおもむろに新品のペットシーツのど真ん中にウン◎をし始めました。(゚ロ゚)
用を足した後は、丁寧にペットシーツでブツを包むハイレベルな作法を披露し、ペットシーツの使い方としてはアリーとブリーの見事な手本を示しましたが、果たして猫としてこれで良いのか? (~ヘ~;)
部屋には立派な猫用トイレ(猫砂入り)が、誰にも使われず放置されたまま・・。


IMGP7445.jpg

↑ 寝姿100選 「型からハミ出して寝る猫とベッドを奪われた犬」 (写真と文章は関係ありません。)




命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/26 23:46 | ワタクシ事 | Comment (0) | Top▲
 犬の散歩とは。
2010年10月25日 (月) | 編集 |
いやいや、再開早々、更新が滞りましてスミマセンね。(-。-;)
先週は、例の住民運動で4日連続出動がありまして、市庁舎へ行ったり、市議と話たり、そりゃぁもう出不精でウスノロマヌケな私にとっては過酷な労働だった訳で(しかも無償・・)、精神的にも肉体的にもドッと疲れるわ、家事は滞るわで、大変だったのですよ。orz
そんなこんなでアリーの募集広告を載せたばかりなのに新しい写真も撮れず、引き続き、以前に撮った写真で申し訳ない。(。-_-。)


IMGP7413.jpg


相変わらずビビリーズな2匹ですが、少しづつ改善はされてきている・・・カナ?(^^ゞ
最初は怖くてギャンギャン吠えていた掃除機やスチームモップ(H2O)に吠えなくなったのは、大きな進歩。
アリーの方は怖いもの見たさ(?)で私に寄ってきては、撫でられそうになると跳んで逃げるという遊びがマイブーム。
追い詰められて撫でられれば、それはそれで「エヘッ!捕まっちゃった!」って感じで撫でられてます。(*^。^*)


IMGP7436.jpg

↑ バセンジー似のアリー。 


ブリーも手からオヤツを食べるようになりました。
怖いから、出来るだけ短時間でオヤツを獲ろうとする為、ほぼ略奪の体。(^_^;)
ついでに指もパクリとやられちゃうので、要注意です。


IMGP7396.jpg

↑ クレート命のブリー。 二頭とも、クレートトレーニングはバッチリ。(^O^)v


2頭とも、まだお散歩はしていません。
私自身は、「犬は散歩をするほど良い犬になる」と考えるお散歩奨励派。
室内飼いの小型犬であろうとも、お散歩は沢山して欲しいと思っていますが、この2頭に関しては、「無理にお散歩しなくてもいいのでは?」と考えています。
今まで一度も外に出る事なく暮してきた2頭が、外に出られない事にストレスを感じることはなく、逆に外に出る事は前回のような恐怖の体験と大きなストレスになってしまう。
幸い、小型犬なので室内で走り回るだけでも運動量は足りているようで、体力が有り余って暴れる様子もない。
ならばいっそ、完全室内飼いの猫のように、家の中だけで生活すれば良いのでは?
トイレトレーニングの問題はありますが、犬の散歩が負担という方には、とても飼いやすい犬と言えるのでは?


IMGP7427.jpg

↑ ブリーはイタグレ似。


ビビリの犬を飼うにあたり、私が一番怖いのは「逸走」です。(>_<)
怖がりの犬はちょっとした事でパニックになり、我を忘れて走り出します。
呼び戻しが効かない犬を捕まえるのは、野生動物を捕まえるのと同じように難しい。
人馴れもイマイチで、ビビリですばしっこいこの2頭が逃げてしまったら、私には捕まえる自信がありません。
小さい犬ほど逃げやすく、見え難いので捕まえ難い。
以前、近所のミニピンが軽自動車に撥ねられて即死したのを見ましたが、大型犬なら骨折ですむ程度でも、小型犬ならあっけなく死んでしまいます。


IMGP7268.jpg

↑ ニャンコ先生:「死んで花実が咲くものか・・zzz」


「ドッグランで走らせたい」とか「ドッグカフェで一緒にランチしたい」という方には不向きな犬かも知れませんが、「猫を飼うように犬を飼いたい」という方には、アリーとブリーはオススメできる数少ない犬達かも知れません。


IMGP6973.jpg

↑ ニャンコ先生(幼少期):「猫の生活も悪くないにゃり。」
  柴丸: 「ボクよりえばってるしね・・・。」


アリーの犬親希望の方は、「ちばわん」HPよりお申込み下さい。
ご質問は、このブログのコメント欄か右側にあるメールフォームでお気軽にどうぞ。\(^o^)/

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/25 22:57 | 預かり犬27&28 | Comment (2) | Top▲
 アリーの犬親募集開始
2010年10月20日 (水) | 編集 |
前回、「お外の大惨事」事件をきっかけに、またまたアリー&ブリーの信頼を失ってしまったおかもとです。(-。-;)
折角、いい感じに慣れていたのになぁ・・・orz.

IMGP7408.jpg

ア&ブ:「あぁ、コワイ、コワイ・・・あそこに居るのはオニババァだわ・・。」


実は、前にも慣れてきたなぁと思った所で、犬部屋のグルニエ(屋根裏収納)を開けてハシゴを下ろした事に驚いたのか、一気に信頼を失った事があったのです。
それから、目薬をさした時も同じ事が・・。
3歩進んで2歩下がるって感じですかね。(^_^;)


IMGP7429.jpg

↑ アリー


本当は、もっと一緒に過ごす時間があればと思うのですが、5月頃から住民運動に巻き込まれ、何故か主要メンバーになってしまっている為、日々あちこちに奔走したり、書類を作ったり、話合ったりで時間を取られ、あまり預かり犬達とゆっくり遊ぶ時間がないのです。(>_<)
そんな中、募集広告を出す暇もなかったのですが、今日、漸くアリーの掲載依頼を出しましたので、近々「ちばわん」HP等に掲載されると思います。


IMGP7390.jpg

↑ アリー

まずは、ビビリながらも少しは人馴れしているアリーから犬親募集を開始します。
健康状態も良く、スマートで毛艶もピカピカ。
元気一杯でハイパーなお転婆娘です。
年齢は1歳位。 若いピチピチギャルのアリーです。(*^。^*)


IMGP7387.jpg

性格や行動は、ミニピンぽいですが、我が侭は言わないし、ケージの中で大人しくお留守番も出来ます。
でも、ブリーが一緒だからかも知れませんね。σ(^◇^;)
私は、アリーとブリーは母娘ではないかと思っています。(ブリーが母ね。)
色も同じですが、2匹とも左前足の指が一本短いのです。(生活に支障は全くありません。)
何にせよ、二匹とも若くて性格の良い犬です。
安心して暮せる環境と愛情一杯の家族の元、幸せに生きて欲しいと願っています。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/20 01:45 | 預かり犬27&28 | Comment (2) | Top▲
 功徳を積む
2010年10月15日 (金) | 編集 |
今日は「古雑誌バラバラ大祭り」が開催されたおかもと家犬部屋です。(-。-;)
敢えて、写真は載せませんケド・・・。

IMGP7405.jpg

ニャンコ先生:「今日の祭りは大盛況だったニャリ♪」


えぇ、えぇ、いいんですよ、「古雑誌祭り」くらい。
「サラダ油祭り」や「小麦粉祭り」、「そうめん祭り」が開催されているお宅もありますからね。
そもそも、犬の届くところに雑誌を置いておいた私が悪いのです。
いつだって、動物達は悪くない。 「罪」は全て人間が作るモノ。


IMGP7403.jpg

ブリー:「ワタシタチ、悪くないらしいわ。」

ご夫婦で犬猫保護のボランティアをとても積極的にされているご主人が、次々と家にやってくる保護犬や保護猫を前に、ご自身のブログで「『功徳を積む』と思って自分を納得させている」と仰っていました。
既に修行僧の域に達していらっしゃるご様子。(*_*)
たまたま同時期に車を買い換えたのですが、このご主人が14ヶ月で3万キロ(大部分が犬猫の搬送)走っているのに対し、うちの車は6800キロ。
うちも犬の搬送の為、2ドアクーペからわざわざ時代に逆行するSUVに買い換えたのですから、もっと活用しないといけませんね。(-。-;)


IMGP7389.jpg
↑ アリー


話は変わりますが、今日、アリーとブリーを外に出してみました。
ケージに入れて湘南犬親会には参加しましたが、リードを着けて外を歩かせたのは今日が初めて。
実際は、歩いたと言えるかどうか・・・玄関前のアプローチに出た、という程度。(^_^;)
予想はしていましたが、まずは部屋でハーネスを着ける時にブリーがビビリション。
更にブリーは、玄関でビビリウン&肛門線噴射。


IMGP7426.jpg

ブリー:「今日もデチャッタ・・・」


更に、家に入れようとした際、何か(多分、家の前を通った子供)に驚いて2匹がパニック!(゚ロ゚)
いち早く家に逃げ込んだアリーが、玄関と廊下でビビリウン&ビビリション&肛門線のオンパレード。


IMGP7436.jpg

アリー:「アタシもダップンダ」


えぇ、えぇ、いいんですよ。
悪いのは私なんです。
もっと早く子供に気付けば良かったんです。
動物達と一緒にいると、自分の浅はかさや思慮の足りなさ、配慮の無さ等、色々勉強させられます。
今日は、2頭のお外デビューだったのに、怖がらせちゃって申し訳なかったなぁ。
私はまだまだ修行僧に至らない、下働きの茶坊主のようです。(´ヘ`;)

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/15 17:05 | 預かり犬27&28 | Comment (11) | Top▲
 アリーとブリーの近況
2010年10月14日 (木) | 編集 |
我が家のビビリな預かり犬アリー&ブリー。
うちへ来て2週間、少しづつではありますが、うちでの生活にも慣れてきたようです。
特に小振りなアリーの方は、既にミニピンとして本領発揮。(^_^;)
フリーにすると小鹿のように跳ね回り、イタズラも激しくなってきています。
アリーはまだ1歳になるかならないかといった感じなので、遊ぶのも大好き。
オモチャを咥えて走り回ったり、ニャンコ先生と追いかけっこをしたり、ハイパーでエネルギッシュです。


IMGP7402.jpg

↑ 左:ブリー 右:アリー


IMGP7387.jpg

↑ フリーにしている時は、猫ケージの下の扉は閉め、上の扉だけ開けていますが、先日、アリーが上の扉からケージに入り込み、猫のエサを食べているのを発見。 ニャンコ先生の指導のせいか、高い所にもピョンピョン登るのでビックリ。( ̄□ ̄;)


IMGP7423.jpg

↑ ビビリのブリーは、相変わらずビクビクしながら生活していますが、人が居ない時はアリーやニャンコ先生と一緒に大暴れしているようです。 私には大分慣れてきて、怖がりながらも撫でさせてくれますが、夫の姿を見るとビビリション&ビビリウンが出ちゃいます。(^^ゞ


IMGP7427.jpg

ブリー:「ダップンダ。」


実はまだこの2匹、お散歩デビューしていません。 小さくて、すばしっこくて、ビビリでパニクる犬に万が一逃げられたら、まず捕まえられませんから・・。(-。-;)
アリーは多分、大丈夫そうですが、ブリーの方はまだまだ心配。
まずは、ダブルリードで庭からスタートです。


IMGP7420.jpg

それまでは、せいぜい犬部屋で運動会をして下さい。(´ヘ`;)
ニャンコ先生、どうぞお相手をヨロシク。


IMGP7418.jpg

ジェスロ:「オレッちに任せるにゃり♪」

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/14 23:32 | 預かり犬27&28 | Comment (0) | Top▲
 Happy Birthday
2010年10月11日 (月) | 編集 |
今日は夫の誕生日だったので、ケーキを買いがてら、最近ご機嫌ナナメの柴丸王子を連れ、グランベリーモールまでドライブ。


IMGP7234.jpg

「・・・・・」


ガーリック・ジョーで遅いランチを食べ、プラプラとお店をのぞきながら、バースデーケーキを買って帰宅。
その間、預かり犬2匹とニャンコ先生は、犬部屋でほぼフリーのままお留守番。


IMGP7292.jpg


数日前からアリーは突然弾けたようで、ミニピンらしくハイパーで活動的になりました。 ケージに閉じ込めたままのお留守番では可哀相なのでフリーにしましたが、実のところ、2匹とも全くトイレの概念がありません。(^_^;) 当初、激しかった食糞は治まったものの、踏みつける事に何の躊躇もない為、フリーにした後の犬部屋は、毎回ちょっとした大災害、ライトな地獄絵図が広がります。(ToT)


IMGP7372.jpg

↑ トイレに流せるウンチョ用ペーパー祭り開催の後。

幸か不幸か、私はそんな光景に慣れてしまっているので、粛々とシッコやウンチョに濡れた新聞紙と高分子吸収ポリマーが噴出しているトイレシートを丸め、床にこびり付いたウンチョをウェットタオルで取りつつ、黄色い水溜りをコストコのキッチンペーパー(←オススメ!)で吸い取り、ビルコン(消毒液)を撒きながら床を拭きあげます。こんな作業をサクサクこなしてしまう、手馴れた自分が密かに誇らしい・・・。


IMGP7385.jpg

「やっとキレイになったにゃり。」

ブリーダーのような多頭飼い現場の犬達は、外に出たり散歩に連れて行ってもらう事もなく、殆どが狭く不潔な場所で糞尿にまみれて生きています。だからトイレの概念も無いし、エサを十分に貰っていなければ、自分の糞や他の犬の糞を食べて生きています。「汚い」とか「不潔」とか「バカ犬」だとか思う人もいるかも知れませんが、それは犬達が好き好んでそうなったのではなく、与えられた環境が彼らをそんな風にしてしまっただけ。


IMGP7366.jpg
↑ ブリー

人間が怖くて仕方ないのは、今まで人間に優しくされた事がないだけ。
保護犬、特に成犬の保護犬の犬親さんを希望される方には、こうした犬の過去も現在も未来も、大きな心で受け止めて頂きたいと思います。


IMGP7369.jpg
↑ アリー

ところで誕生日とは、その人がこの世に生まれてくれた事、今日まで生きていてくれた事を皆が感謝する日です。早くアリーとブリーにも、生まれてきた事、自分の家族になってくれた事を祝ってくれる家族が現れますように。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/11 23:55 | 預かり犬27&28 | Comment (0) | Top▲
 新任・にゃんこ先生
2010年10月08日 (金) | 編集 |
あ、どーも。 皆さん、お久し振りです。 柴丸です。

IMGP7310.jpg


ブログがお休みの間、ボクの生活は安泰だったり、そうでもなかったり。
色々ありましたが、元気に暮しています。
今回、またまた奥様が居候を二匹も連れて来ました。
ここはもちろん、「教育係の柴丸先生登場!」と思われるでしょうが、おかもと家では少々人事(?)異動がありまして、今回は新しい先生に教育係をお願いする事になりました。
では、紹介しましょう。
新任の「ニャンコ先生」です。(↓)



IMGP7346.jpg

「ハジメマシテなんだなもし。 オレっちは新任の『ニャンコ先生』こと、岡本ジェスロにゃり。 得意技は、『キャット空中三回転』。」


IMGP7306.jpg

「とってんぱーの にゃんぱらりっ!」


IMGP7253.jpg

「地球を股に掛ける大物なんだなもし!」


IMGP7056.jpg

「『小さい体で大きな態度』がモットーなんだなもし。 今後は、オレっちの活躍に期待するにゃりっ!」


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/08 23:27 | ジェスロ | Comment (8) | Top▲
 ブログ再開!?
2010年10月06日 (水) | 編集 |
御無沙汰しております。 おかもとでございます。
一部で消息が案じられておりましたが、恙無く暮しております。
この夏の猛暑も、こんな感じで何とかやり過ごして参りました。(↓)

IMGP7246.jpg


ブログの書き方も忘れるほどお休みしていた理由は色々あるのですが、再開する理由と言えばたったヒトツ・・・


IMGP7275.jpg

預かりちゃんのご登場でゴザイマス。(^_^;)

近々、「ちばわん」HPでも特設ページが組まれる予定ですが、先日、ミニチュアピンシャーの多頭飼い崩壊レスキューがありました。 (ミニピンとは言いながらもこの色合いですから、何かしらのMIXです。) 私はシャンプーと避妊去勢手術のお手伝いに行っただけだったのですが、手術が終わったら元の飼い主の元へ戻されると聞き、思わず連れ帰ってきてしまったのでした。(-。-;)


IMGP7284.jpg

↑ 二頭ともビビリですが、オヤツがあれば近寄ってきてくれるのは小振りなアリー(Ally)。


IMGP7278.jpg

↑ 少し大柄のブリー(Bree)。 ゲージの奥に引きこもり、夫の姿にビビリション&ビビリウンするスーパービビリちゃん。


IMGP7290.jpg


2匹の新預かり犬と、(↑)紛れ込んでいる我が家のニューフェースについては、また追々お伝えしたいと思いますので、どうぞよろしく。\(^o^)




命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2010/10/06 16:45 | 預かり犬27&28 | Comment (14) | Top▲