富士丸くんを偲んで
2009年10月30日 (金) | 編集 |
もう既に御存知の方も多いと思いますが、10月1日に人気ブログ「富士丸な日々」の富士丸くんが急逝してしまいました。(ToT)
「富士丸な日々」は私が一番好きなブログで、毎日楽しみに読んでいました。 だから、何日か記事がアップされなかった後、突然、「富士丸が亡くなってしまいました。」と読んだ時には、もう愕然として信じられなかった。 会った事もない犬なのに、自分でもなんでこんなにショックなのかと思うほど動揺しました。
悲しくて、信じたくなくて、今まで、自分のブログにも富士丸くんの記事を書く事が出来ませんでした。
(写真は、「L-Cruise」からお借りしました。)


thumb_500_fuji_091020_05_px500.jpg


犬ブログは色々見ていますが、「ちばわん」の手伝いをしている関係もあり、愛護センターや保護犬関係のブログが多いです。 それらは目をそむけてはいけない現実だけれど、楽しい話題ばかりではなく、時としてとても凹む。
そんな中、「富士丸な日々」はいつも穏やかで、ライターの穴澤さんの力の抜けた文章が、ホッとさせてくれたり、クスッと笑わせてくれたり、「犬と暮すっていいな。」「幸せな犬っていいな。」と思わせてくれて、安心して読める心のオアシスでした。


fuji090930_31_px240.jpg


多分、私が一番好感を持ったのは、富士丸と飼い主の穴澤さんとの距離感だと思います。
男同士のせいか、家族やペットと言うより、同居人とか相棒とか、そんな感じがしていました。
ベタベタしずぎず、でもお互いに絆は強く、隠しても溢れる愛情が微笑ましい。
だから、いつか別れると知っていても、まだ何年も先だと思っていた日が突然やってきて、昨日と同じ日常に終止符が打たれた事が、とても辛かった。
数時間前まで元気だった犬が、帰宅したらひっそりと冷たくなっていた現実を自分の身に置き換えると、胸が押し潰されそうでした。


thumb_500_fuji_091020_25_px500.jpg


「富士丸探検隊」を連載していた「L-Cruise」には、3680件もの富士丸くんにおくるメッセージが寄せられました。(その内の1件は私です。) そして、穴澤さんからも富士丸くんにおくる言葉には、今までブログでは語られなかった穴澤さんの富士丸への想いが語られています。
現在は、「続・富士丸探検隊」として、映画「犬と猫と人間と」の監督である飯田基晴さんと穴沢さんの対談も掲載されています。
映画と共に、お二人の気持ちが分かりやすく伝わってくる対談です。


20090808_504031.jpg


どんな犬も、どんな猫も、富士丸くんのように沢山の人を幸せにする力を持っています。
それは人間から与えられた愛情のリフレクションだと思う。
だから、どうか愛されずに殺される命がなくなりますように。

沢山の人に愛された富士丸くんのご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/30 00:03 | その他犬関係 | Comment (4) | Top▲
 果報は寝て待つべし。 (おまけつき)
2009年10月28日 (水) | 編集 |
我が家の家訓は、「果報は寝て待て」。
だから、犬と言わず、人と言わず、暇さえあれば寝ている。
食べるより、遊ぶより、「寝る」ことのプライオリティーが一番高いので、基本、毎日朝寝坊。


IMGP6176.jpg

↑ うちで一番、睡眠時間の長い生き物。

ゾフィーは、毎朝、7時半位に起きている。(多分・・)
ゾフィーが犬部屋で、独りガタガタと遊んでいる時、隣の寝室では二人と1匹がまだ爆睡中。


IMGP6092.jpg

↑ うちで一番、早起きの生き物。

ゾフィーがうちへ来て3ヶ月が経ちましたが、未だ、我が家のリズムには合わない様子。
ガリガリだった身体も来た時とは見違えるほど大きく立派になったので、先日、ゾフィーの募集広告を更新し、新たに募集を掲載していただいたのですが、世間様からの反応は全く無し。
こんなに性格良子なゾフィーに何処からも応募がないとは、摩訶不思議なくらいです。


IMGP6097.jpg

ゾフィー: 「ワタシの赤い糸は、どうなってるのかしら?」

やっぱり、我が家の家訓に従って、もっと寝てないといけないんじゃないの?

Z: 「そうかっ! もっと寝ないといけないのかっ!」


IMGP6136.jpg

Z: 「・・・・・」

寝方がなっとらんっ!ヾ(。`Д´。)ノ彡

なんなの、その寝方はっ!
足がこんがらがってるでしょ!
そんな事だから、赤い糸もこんがらがっちゃうのよっ!


IMGP6162.jpg

Z: 「えっ! そうなの?!」

そうよ、当たり前よ!
「寝て待つっ」て言ってもねぇ、ただ寝てりゃぁいいってモンじゃないのよ。
それなりに待つ姿勢があるって言うか、何事も受入態勢をしっかりしておかないと折角来た果報が逃げちゃうでしょ?
だからもっと、「スキッ!」と「ピチッ!」と真剣に寝なさい!


IMGP6146.jpg

Z: 「ハイ。 (-_-)zzz」

よろしい、よろしい。
これで果報を待つ準備は万端ね♪ (゚∇^*)v

ゾフィーの果報は、「ちばわん」HPで受付けています。


(おまけ)


IMGP6180.jpg

↑ 果報もヘッタクレもない自由な犬は、ベットも毛布も無視して壁を蹴りながら就寝中。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/28 22:07 | 預かり犬26 | Comment (4) | Top▲
 「人イヌにあう」
2009年10月25日 (日) | 編集 |
こんにちは。 ゾフィーです。
雨の日曜日、皆さん何をして過ごしていますか?
ワタシが身を寄せているこのグータラ一家は、全員朝寝坊をして、ゴロゴロと過ごしています。


IMGP6144.jpg


ワタシは家の中より外が好きなので、小雨が降っていましたが、奥様に「外へ出して!」とお願いし、庭に出してもらいました。 元気で体力を持て余しているワタシですが、この家ではダレもワタシの相手をしてくれないので、花壇の土を掘り出してストレスを発散し、ちょっとスッキリ。


IMGP6143.jpg

足がドロンコになってしまったので、奥様が水で洗ってくれました。
ワタシは洗われたり、拭かれたりしても甘んじて受け入れます。


IMGP6150.jpg

世の中には、足や尻尾を掴まれると怒る犬のいますが、ワタシは何をされても怒ったりしませんよ。
犬たるもの、人間様に唸ったり、歯を剥いたりするのは御法度です。
言うまでもありませんが、犬は人間様に何一つ『要求』なんてしてはいけません。
最近は、ご主人様である飼い主さんに『要求吠え』なんかをしてしまう身の程知らずな犬を見かけますが、センター出身のワタシからすれば、まさに暴挙。
命を救っていただき、雨露を凌げる清潔な家と充分な食事を与えてもらっている立場を考えれば、恐れ多くてそんな事できません。
『飼い犬に手を噛まれる』という諺があるように、犬は本来、飼い主に忠実であるのが当たり前であり、絶対条件と心得ております。


IMGP6139.jpg

この家の奥様が尊敬している動物行動学者のコンラート・ローレンツ博士が、「人イヌにあう」という著書の中で、こんな事を書いています。


「現在お持ちのイヌが、その品種の肉体的な基準の理想にほどんどぴったりだという誇りは、時と共に失われる。 (中略)
長い間には、賢くて、忠実で、大胆な、血統書なしのイヌが、一財産投じて手に入れたチャンピオンより、ずっと大きな喜びを与えてくれることは確かである。」


IMGP6161.jpg

「私は、イヌの将来に純粋な感心をもっている飼育家の方々に質問を呈したい。
身体のつくりの点で、はやりのヘア・ドレッシングの成果ともいうべき均斉のとれたイヌよりも、よしんばずっとかっこうが悪くても、あの忠実で勇気のあるイヌの子をたった一回だけでも育ててみることは、試みるだけの価値があるとお考えになりませんか、と。」 (「人イヌにあう」(早川書房)より抜粋)


さて、みなさん。
この忠実で勇気のあるワタシをたった一回だけでも育ててみることは、試みるだけの価値があると思いますが、いかがですか?


「価値がある!」と思われた方は、「ちばわん」へ御連絡を。
お待ちしております。 (^o^)/~


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/25 14:32 | 預かり犬26 | Comment (2) | Top▲
 出迎えの儀
2009年10月22日 (木) | 編集 |
犬と言えば、飼い主さんが仕事に行く時は見送り、帰ってきた時は出迎えるのが常だと思う。
それが犬と暮す楽しみでもあり、どうせ他にやる事ないんだし、ただで喰わしてもらって、世話してもらってるんだから、「それ位してもバチは当たらんだろうが!?」」、と思うのですが、皆さんの愛犬は如何ですか?


IMGP5687.jpg

柴丸: 「ボクは人間に媚びない『日本犬』なんで。」

えぇ、そうなんですよ。 うちの柴丸は、出迎えも見送りもしないんですよ。(ToT)
夫が出掛ける時も夫の布団で寝ているし、夫が帰った時も夫の布団で寝ている。

「まだ寝てる。 帰ってきたら、もう寝てる。」

っていう、サラリーマン川柳がありましたけど、正にその通り。
あ、コレ、柴丸の話ですよ。 私ではなく。(^_^;)

夫は仕事柄、帰りが深夜や明け方になる時が多いのですが、実は会社の同僚に、「うちに帰っても犬だけは出迎えてくれるんだ~。」と悲しい嘘をついていました。(今年一番の泣ける話。(>_<)ヽ)
でも、現在はそれが嘘ではなくなっているんですよ。


IMGP5545.jpg

ゾフィー: 「お帰りなさいませ。 ご主人様♪」

ふふふ。 ゾフィーが尻尾フリフリやってきて、「四つ指ついてお出迎え」してるんです。(*^。^*)
そしてその後、我が家の犬達による「出迎えの儀」が催されます。


IMGP6116.jpg

↑ 柴丸によるディープな「お帰りのチュー」に始まり、


IMGP6107.jpg

↑ ゾフィーの「ヘソ天」と「指咬み」。


IMGP6102.jpg

↑ 柴丸のチューは佳境へ入ると歯を剥き、


IMGP6103.jpg

↑ ゾフィーの「指咬み」も負けじと激しさを増し、


IMGP6114.jpg

↑ ダレの腕を噛んでいるか分からなくなるトランス状態へ突入!(゚ロ゚)

これらが同時進行で行われるので、


IMGP6117.jpg

歓待を受ける側も、それはそれで大変だったりします。(^^ゞ

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/22 21:35 | 預かり犬26 | Comment (2) | Top▲
 「ゾフィーの部屋」 1回目 (オフ会連絡あり)
2009年10月19日 (月) | 編集 |
ゾフィー: 「みなさん、こんにちは。 ゾフィーでございます。
本日から始まる『ゾフィーの部屋』。 今日は、奥様をゲストにお迎えしてお送り致します。」


IMGP5671.jpg

Z: 「奥様、改めまして、いつもお世話になっております。」


奥様: 「いいえ、どういたしまして。」

Z: 「早いもので、私がセンターからこの家へ来て、もう3ヶ月が過ぎました。 おかもと家の預かり犬は、卒業するのが早いと聞きましたが、本当ですか?」

お: 「はい。 実は、歴代の預かり犬の中で、ゾフィーさんが最長滞在記録を更新中です。」


IMGP5799.jpg

Z: 「いぬ親さんが見つかりやすいのは、老犬よりも若い犬、オス犬よりメス犬とうかがいましたが?」

お: 「ハッキリと統計をとった訳ではありませんが、概ね、その通りだと思います。」

Z: 「ワタシはまだ8ヶ月程度のメス犬ですが、何故、ここまで滞在期間が延びてしまったのでしょうか。 他にもいぬ親さんが決まる為の条件がありますか。」


IMGP5851.jpg

お: 「言い難い部分ではありますが、ルックスは非常に重要です。 また、昨今の小型犬ブームや住宅事情により、身体の大きな犬は決まりづらい傾向にあります。」

Z: 「・・・・なるほど。 その辺りが、ワタシの人気がない原因なのですね。(泣)
ワタシ自身、この点に関しては改善の余地がありませんが、他の面でフォローする事は出来ますか。」



IMGP5861.jpg

お: 「本来、人間が犬を選ぶ際に最も重視しなければならないのは、犬の性格だと思います。 人間でも『美人は三日で飽きる』と言われますからね。(笑)
私は、『人間に対して攻撃性がない事』『飼い主に忠実である事』、プラスアルファとして『他の犬と仲良く出来る事』が一緒に暮す犬を選ぶ時に大事だと思っています。」

Z: 「ワタシは上記の三点は、既にクリアーしていますね。(笑)
奥様にも『性格花丸子』とお褒めの言葉を頂戴していますが、これから赤い糸を掴む為に必要な課題を教えて下さい。(悩)」 



IMGP5951.jpg

お: 「嫌われる癖として挙げられるのは、『無駄吠え』です。 犬にとっては『無駄』ではないのでしょうが、人間には嫌われるので、極力、吠えないようにして下さい。 『留守番が出来る』のも、ポイントが高いです。 ゾフィーさんの場合、留守番中のイタズラを止めること。 破壊はせめてオモチャに留め、人間の靴やスリッパを壊すのは止めて下さい。」

Z: 「この家では『要求吠え』は『よ』の字も許されませんし、奥様の厳しいご指導により、本能からつい出てしまう警戒吠えも、大分、抑えられるようになりました。
留守中のイタズラを防ぐため、留守番はクレートの中に犬を入れておく家も多いようですから、ワタシもこれからクレートトレーニングに励みたいと思います。
・・・ちなみに、ワタシがこの家の家族になるということはあり
 

お: 「ないっ! 絶対、ありませんからっ! (怒)」

Z: 「喰い気味に断言されてしまいました。(恥)
それでは、ワタシの本当の家族が見つかるまで、引き続きよろしくお願い致します。」



IMGP6096.jpg

Z: 「ワタシを家族に迎えて下さる方は、『ちばわん』からお申込み下さい。
ご応募、心よりお待ちしています。(祈)」



*******************************


<おかもと家卒業ワンコ いぬ親の皆さまへ>

10月10日に卒業オフ会についてのメールを送信させていただきました。
メールが届いていない方、メールアドレスが変わった方がいらっしゃいましたら、御連絡下さい。
よろしくお願いします。<(_ _)>


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/19 23:03 | 預かり犬26 | Comment (6) | Top▲
 悠ちゃんとドッグラン
2009年10月17日 (土) | 編集 |
昨日は、うちの卒業犬「悠ちゃん」の犬親さんに誘われて、ドッグランへ。
誰も居なかったので、まずはゾフィーと柴丸でウォーミングアップ。


2009101615030000.jpg


2009101615160000.jpg

ゾフィー: 「ボールちょうだいっ!」
柴丸: 「やだね!」


2009101615160002.jpg

柴丸: 「あっ・・・」
ゾフィー: 「やった!」


そうこうしている内に悠ちゃんが到着。\(^o^)/


2009101615330000.jpg

悠ちゃんが大好きなゾフィーは、狂喜乱舞。\(^o^)/
この2匹は年齢も近く、体型も似ているせいか、とても仲の良い遊び友達です。(*^。^*)


2009101615400001.jpg

ゾフィー: 「ンギャォーーーッ!」

テンション・マックスで遊び回るゾフィーと悠ちゃんの様子は、動画でどうそ。(↓)

[高画質で再生]

dogrun1016 [ネットショップ開業]

犬達が楽しそうに遊び回る姿は、見ていて飽きないですね。(^O^)
実はこの時、もう1頭、悠ちゃんの友達の「そらちゃん」というワンコが居たのですが、怖がりさんで写真が撮れなかったんです。 残念。(ToT)
次回は一緒に遊べるといいね~。

どんな犬とも仲良く遊べちゃうゾフィーは、「ちばわん」で家族を募集中です。(^。^)v
お申込み・お問合せは、「ちばわん」HPからお願いします。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/17 23:55 | 預かり犬26 | Comment (2) | Top▲
 クイニーちゃんからのプレゼント
2009年10月15日 (木) | 編集 |
我が家を卒業し、現在、アメリカンライフを満喫中のクイニーさん。(↓)


IMG_1925.jpg


IMG_1912.jpg

↑ 何だか、冬眠中のクマに見えなくもないですが・・・・(^_^;)

いいなぁ~。 楽しそうだなぁ~。
そんなクイニーさんの御家族から、柴丸にプレゼントが届きました。(↓)


IMGP6119.jpg

↑ さて、これは一体なんでしょう?


ジャ~ン!


IMGP6121.jpg

犬用コスチューム
その名も

「ホットドッグ」 w(゚o゚*)w

柴丸先生! 出番ですよっ!


IMGP6124.jpg

柴丸: 「・・・・・・」


先生、舶来物の着心地は如何ですか? ((o(^∇^)o))


IMGP6123.jpg

柴丸: 「 ( ̄‥ ̄)=3  」


・・・左様でございますか。 (^_^;)
では、ゾフィーさんにお願いしましょう。


IMGP6127.jpg

ゾフィー: 「どう? イケてる?」

おぉっ! 意外と似合っちゃってますね! ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
しかも、カメラ目線でポージングもバッチリじゃないですか!?


IMGP6133.jpg

ゾフィー:「みんな『柴丸、柴丸!』ってチヤホヤしてるけどサ・・」


IMGP6135.jpg

ゾフィー: 「今の主役は、アタシなんだからねっ!」


・・・ハイ、確かにその通りですが、その格好でそんなキリリとしたお顔をされましても、何ら説得力が・・・(-。-;)


IMGP6128.jpg

ゾフィー: 「遊んでないで、さっさとアタシの家族を見つけて貰わないと困るのよ。」


ハイ、スミマセン・・・・。(^_^;)


ゾフィーは、「ちばわん」で本当の家族を探しています。
お申込み・お問合せは、「ちばわん」HPからお願いします。<(_ _)>


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/15 23:55 | 預かり犬26 | Comment (4) | Top▲
 遊びたいの~!
2009年10月13日 (火) | 編集 |
ブログの更新が滞ってしまい、御心配の声をいただきました。
すいません、ちょっと家庭内でゴタゴタが続いたもので。
あ、でも離婚とか、そういうゴタゴタじゃないんですよ。
ホントに家電製品とかが、ゴタゴタしただけなんです。
犬達は、元気です。 特に、ゾフィーは元気が有り余り気味。(^_^;)


IMGP6076.jpg

ゾフィー: 「兄ちゃん、遊ぼうよ!」


IMGP6074.jpg

ゾフィー: 「ねぇねぇ、タイクツなんだよ~っ!」


IMGP6078.jpg

ゾフィー: 「寝てるだけじゃツマンナイじゃ~ん!」


柴丸は甚だ迷惑顔ですが、お散歩の時には一緒に追いかけっこやプロレスをしてゾフィーの相手をしてくれます。 ゾフィーは人より犬が好きなタイプなので、一緒に遊べる先住犬のいるお宅なら、ゾフィーも先住犬も御家族も、楽しく暮せると思うんですけどね~。


IMGP6112.jpg

ゾフィー: 「遊んでくれるなら人間でもいいよ♪」

そうですか。(^_^;)
取りあえず、沢山一緒に遊んでくれる御家族がいいね~。(*^。^*)

ゾフィーは、「ちばわん」で本当の家族を探しています。
お問合せ・お申込みは、「ちばわん」HPからお願いします。





命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/13 23:05 | 預かり犬26 | Comment (0) | Top▲
 竹取香
2009年10月06日 (火) | 編集 |
いい加減、犬の話題には飽きたので、久し振りに私が習っている香道の話で雅の世界へ飛んでみようと思います。 今回は、先日のお稽古で行われた「竹取香」という組香のお話。


IMGP2406.jpg


香道は、華道や茶道と同じ日本の伝統文化ですが、あまり知られていないようです。 簡単に書くと、香木という天然の木を熱し、その香りを楽しみます。 木の種類によって香りが違うので、いくつかの香木を使って「香り当てゲーム」をするのが「組香」です。
組香は、和歌や古典の一場面など、あるテーマに沿って作られています。 「竹取香」は、その名の通り、「竹取物語」がテーマです。


03574x.jpg

↑ かぐや姫が使いと共に月へ帰っていく場面。

「かぐや姫」は子供の頃に絵本で読んだ方も多いと思いますが、「竹取物語」を読んだことのある方は、意外と少ないかも知れません。 作者不明のこの話は、1000年以上前に書かれた「日本最古の物語」と言われています。
竹林で光る竹を見つけたおじいさん(竹取の翁)が竹を割ると、中から手のひら程の小さな赤ん坊が出てきます。 
「かぐや姫」と名付けられたその女の子は、わずか3ヶ月で美しい女性に成長。 その美しさは国中に広まり、数々の名士がかぐや姫を我がものにせんと集まります。 困ったかぐや姫は、「絶対に手に入らない物」を所望し、それを持ってきた男性と結婚すると言います。

石作皇子には、「仏の石の鉢」。
車持皇子には、「蓬莱の玉の枝」。
阿倍左大臣には、「火鼠の皮衣」。
大伴大納言には、「竜の頸の玉」。
石上中納言には、「燕子安の貝」。

物語では、誰もこの品を手に入れることが出来ず、かぐや姫とは結ばれません。 続きは「竹取物語」を読んでいただくとして、「竹取香」では、この場面を香木に当てはめ作られています。

石作皇子 - 雅男 (羅国)
車持皇子 - 人しれず (真南蛮)
阿倍左大臣 - 月待宵 (真那賀)
大伴大納言 - たより (佐曽羅)
石上中納言 - 葛の葉 (寸門多羅)
かぐや姫 - 緋扇 (伽羅)

上に書いたのが、それぞれの登場人物に当てはめられた香木の名前で、カッコの中が香木の種類です。
まず、男性陣の5つの香木を聞き(香道では「嗅ぐ」を「聞く」と言います。)、その後、5人の中から分からないように1つだけ取り出します。
次に、取り出した男性の香木と、かぐや姫の香木を聞き、一炉目(1番目)と二炉目に誰が誰が出てきたかを当てます。 (例: かぐや姫、車持皇子 など)


taketori_01.jpg

さて、今回、かぐや姫と出会えたのは、どの男性だったのか?
誰が一番イケメンだったのか?(どれが一番、香りが良かったか。)
かぐや姫は、果たしてどれほどイイ女だったのか?(伽羅はどれほど良かったか。)
平安の世から伝わる香木を前に、現代の恋愛事情を引き合いに出して楽しめる「竹取香」は、とても親しみやすい組香でした。

ところで、この「かぐや姫が月に帰る」場面・・・・(↓)

taketori_02.jpg

原文にも「地より五尺ばかりあがりたる・・」とか、「望月の明さを十合はせたるばかりにて、在る人の毛の孔さへ見ゆる程なり・・」とか、ヤケにリアル。 まるで、実際にその目で見たかのような・・・。(^_^;) 10cmの子供が3ヶ月でオトナになったり、SF小説のようなこの話。 やっぱり、宇宙人だったのではないかと思うのですが、皆様はいかがお考えに?


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/06 16:36 | ワタクシ事 | Comment (4) | Top▲
 「ちばわん」いぬ親会 in 湘南
2009年10月05日 (月) | 編集 |
4日の日曜日は、鎌倉で行われた「ちばわん」いぬ親会 in 湘南 へ行って来ました。 毎回、お祭り気分で楽しみにしている湘南のいぬ親会。 「お手伝い」と称して遊びに行ってはスタッフとオシャベリしたり、卒業犬と遊んだり、湘南名物のハニーママさん手作り料理をただ食いしたりするのが常ですが、今回は、初めて預かり犬を連れての参加。


IMGP6082.jpg

↑ 卒業ワンコのテビィちゃんが、応援に来てくれました。
 テビィちゃんが大好きなゾフィーは、再会できて大喜び!\(^o^)/


IMGP6085.jpg

↑ テビィママにナデナデされて幸せなゾフィー。

預かり犬が居るとなかなか席を外せないので、写真もあまり撮れず。(>_<)
それでもしっかり、差し入れのオニギリやパンはいただいたんですけどね。
ハニーママさん、今回もごちそうさまでした。<(_ _)>


IMGP6088.jpg

↑ 隣に居たシータちゃん。 茅ヶ崎でも篠崎でも会ったね~。 ゾフィーのいぬ親会常連仲間。(^_^;)


IMGP6091.jpg

↑ 笑麻ちゃんは、一足早く本当の家族と出会えました。 おめでとう!


IMGP6090.jpg

↑ 穴掘りを始めた風子ちゃん(左)に興味深々のゾフィー。

家族探しと言うよりは、次から次へとやってくる犬友達を作るのに夢中だったゾフィー。 それでも沢山の方々に撫でていただいて、うちへ来た当初からは信じられないほど人馴れし、初対面の人にお腹を出すまでになりました。 今回もゾフィーの家族は現れませんでしたが、いぬ親会に出る度にゾフィーは成長しているようです。

その頃、応援団として参加した柴丸は・・・


1254716494172855.jpg

それなりに頑張ってました。(^^ゞ
(写真は、ちょ~さん&はなへいママさんからお借りしました。) 

湘南チームのみなさま、今回も色々ありがとうございました。<(_ _)>
また、支援物資等、御寄付下さったみなさま、どうもありがとうございます。
ゾフィーにも、フードやオヤツをいただきました。 大事に使わせて頂きます。
沢山の方の熱意と御厚意で、消えかけた命を救う事が出来ます。
今回、幸せを掴んだ犬達といぬ親会の様子は、「ちばわん イベント報告」に後日掲載されますので、どうぞご覧下さい。


358903954c4ba1081ccba88b15a2548c.jpg

次回のいぬ親会は、10月18日(日)篠崎緑地で~す!

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/05 10:25 | 預かり犬26 | Comment (0) | Top▲
 イタズラとボヤキ
2009年10月01日 (木) | 編集 |
朝、起きて、犬部屋に行ったら、こんな事に・・・・(゚ロ゚)(↓)

IMGP6045.jpg


夫が休みだったので朝寝坊をしたのですが、いつも通り目が覚めてしまったゾフィーさんは、退屈だったらしい・・・。(^_^;)

IMGP6046.jpg

↑ ゾフィーの大好物「スリッパ」。


IMGP6036.jpg

ゾフィー: 「だって、誰も起きてこないんだもん。」


ゾフィーが特別、イタズラの酷い犬という訳ではありません。 犬を飼っていない方には驚かれるかも知れませんが、子犬がいる家にとっては、これ位、よくある光景。 実際、数々の預かりブログを見ていると、竜巻が去った後のような部屋の写真がよく出ています。(^^ゞ


IMGP6017.jpg


一般的に、イタズラは若い犬ほど多いです。 「元気」「体力がある」「遊びたい盛り」という条件が揃っているから。 レベルの差はありますが、犬を家の中で飼えば、何かしら破壊されると思った方が良い。 単純に考えれば、大きな犬ほど力が強いので、被害が大きくなります。 やってはいけない事を一つ一つ教えていくのが「しつけ」ですが、犬もそう簡単に全てを覚えてはくれず、その間にもイタズラは繰り返される・・というのが、よくある現象。 誤飲誤食を含め、「大事な物や危険な物は犬の手の届くところに置かない」というのが基本中の基本ですし、人間側の犬に対する配慮です。 それでも動かせない家具や壁、床に関しては、ある程度の覚悟が必要だと思います。 生まれた時から御行儀の良い赤ちゃんがいないように、イタズラや粗相をしない子犬なんていません。 近所で御行儀の良い犬を見かけたら、それは飼い主さんの努力の賜物です。 名犬の後ろには、必ず名飼い主がいます。 ゾフィーを名犬に育てたい、意欲溢れる飼い主さんは、「ちばわん」からお申込み下さい。


IMGP6034.jpg

ゾフィー: 「ところで、首にかけられた飾りは何ですか?」


IMGP6038.jpg

柴丸: 「ふっ・・・・またこの季節が来たか・・・。」ε-(ーдー)


IMGP6039.jpg

ゾフィー: 「『この季節』ってナニ?」
柴丸: 「その内、分かるよ・・・。(遠い目)」(  ̄_ ̄)

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2009/10/01 14:26 | 預かり犬26 | Comment (6) | Top▲