パムちゃんお届け & 花見へGO!
2008年03月29日 (土) | 編集 |
今日は、いよいよパムちゃんお嫁入りの日です。♪ d(⌒o⌒)b♪
絶好のお花見日和の中、江東区の里親さんのお宅へしゅっぱーつ・・・・してみたら、首都高はどこも渋滞。(>_<) 暖かくなると出てくるのは、虫だけではないようで。

IMG_5664.jpg


ちょびっと遅れて、里親のTさんのお宅へ到着。 御夫婦揃って、パムちゃんを待っていてくれましたよ。(*^。^*) きれいなお部屋には、パムちゃんの為のケージやベッドなど、準備万端。

IMGP2076.jpg

パム:「ここがアタシのおうちですが、なにか?」


パムちゃんは、うちでは遊ばなかったおもちゃで遊んでみたり、カーペットにゴロゴロと匂い付けしてみたり、何だかすっかりリラックスモード。 ずっと前から、ここのおうちの犬みたいな顔をしてます。

IMGP2078.jpg

「アタシは今日から『すみれ』です。」

日当たりの良いダイニングの前には、素敵なお庭もあるので、パムちゃんにはとても過ごしやすい環境です。 優しい御夫婦の愛情を一杯に受けて、幸せ街道まっしぐら~♪
名前も、パムから「すみれ」ちゃんに変わります。 春の野に咲く可憐な花は、パムちゃんのおしとやかな性格にピッタリかも!

ブログ用

Tさま、すみれちゃんをどうぞよろしくお願いしま~す。<(_ _)>


・・・・・・帰り道。 

同伴してきたものの、外で待たされていてご機嫌ナナメな柴丸先生を連れて、花見客で賑わう葛西臨海公園へ。

IMGP2085.jpg


ニッポンの犬には、やはりサクラが似合いますな。

IMGP2145.jpg


レンギョウ(?)の花も満開。 葛西臨海公園は、とても犬の散歩がしやすい公園ですね。

blog.jpg


海側に広場もあるのですが、小型犬をノー・リードやオフ・リードで遊ばせている方が沢山いました。(>_<) そして、呼び戻しがきかず、逃げる犬を追いかける飼い主さんも。 小型犬と言えど、本気で走られると人間が追いつくのは大変です。 迷子になったら取り返しがつきませんから、犬を放すのは止めて下さいね。 また、柴丸にとっては、目の前を走るチワワやトイプーは「獲物」です。 自分の犬がフレンドリーでも、他の犬がそうとは限りませんから、不要な事故を避ける為にも、公共の場で犬を放すのは止めて下さいね。

IMGP2095.jpg

柴丸:「走りたいけど、ココはガマンなのだ。」

今度は思いっきり走れるドッグランに連れていってあげるからね~。
スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/03/29 23:30 | 預かり犬16 | Comment (2) | Top▲
 この空を飛べたら
2008年03月27日 (木) | 編集 |
空を飛ぼうなんて 悲しい話を
いつまで考えているのさ


IMG_5610.jpg



あの人が突然 戻ったらなんて
いつまで考えているのさ


f0078320_0502524.jpg



固い床の上に 放り投げられても
こりもせず空を見ている


f0078320_13272776.jpg



凍るような声で 別れを言われても
こりもせずに信じてる 信じてる


f0078320_14123076.jpg



ああ 犬は 昔々 鳥だったのかもしれないね
こんなにも こんなにも 空が恋しい
                         (元歌は中島みゆきさんの「この空を飛べたら」です。)


center.jpg

↑ クリックで愛護センターレポートに飛べます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/03/27 13:47 | 預かり犬16 | Comment (2) | Top▲
 そして、また散歩
2008年03月26日 (水) | 編集 |
今朝の散歩をショートコースで切り上げたら、2頭の犬からブーイングをくらいました。 今日は乗馬に行っている間、部屋で留守番させちゃったし、夕方の散歩は早めに出発して写真でも撮りましょう。

Image010.jpg

↑ 今日のお相手「たま」ちゃん。♂ なかなか指示を聞いてくれなくて、オバサン疲れた・・・。(;>_<;)


さぁ、馬に比べれば、犬の相手なんて楽勝です。v(^o^")v
まずは、満開の桃の花とパムちゃん。↓

IMG_5598.jpg


桜や菜の花が咲いていますが、なかなか犬とナイスなショットを撮れる場所がないんですよね~。 かなり、色々な場所に分け入って撮影ポイントを探します。 漸く、桜と一緒に撮れる場所を発見!

IMG_5642.jpg

↑ う~ん、表情が微妙・・・(>_<)

そこへいくと、柴丸先生はモデル歴が長いので・・・・↓

IMG_5627.jpg
さすがです。(^-^)//""


IMG_5660.jpg

おっ! パムちゃんもイイ感じ♪

最後は、「プチ戦場ヶ原」で夕焼けをバックに。

IMG_5657.jpg


で、90分コース終了っと。 (´ヘ`;)ハァ~


IMG_5155.jpg

「これで満足かっ? エッ?!」

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/03/26 18:54 | 預かり犬16 | Comment (0) | Top▲
 病院と長いお散歩
2008年03月25日 (火) | 編集 |
皆さん、こんにちは。 眠っている時以外ずっと眠く、食べている時以外、常に何か食べたいおかもとです。

私は平均すると、1日2回、1回につき1時間、犬の散歩に行きます。 これは決して私が「お散歩大好き人間」だからではなく、「愛犬お散歩教」の教祖だからでもありません。 うちの柴丸が子犬の頃、展覧会に出す為に筋肉を付けようと無闇に運動させた挙げ句、デカくなり過ぎて展覧会に出場すら出来ず、ただの「筋肉馬鹿丸」になってしまったせいです。ヽ(´ー`)ノ

IMGP1617.jpg

↑「筋肉バカ丸」(去勢済み)

今日は、パムちゃんのワクチン接種と不妊手術の抜糸をしに動物病院へ行きました。 この動物病院は歩いて30分ほどなので、往復1時間でお散歩には丁度よい距離。

Image009.jpg

↑ 病院の待合室で、大人しく待つパムちゃん。

Image008.jpg

↑ 付き添いで来ただけなのに、緊張してアクビしまくりのバカ丸。

パムちゃんの体重は、7.6kg。 2週間で300g増えました。 パピーフードを混ぜたエサを柴丸より多く食べている割りには、増えていませんね。 でも、連日のお散歩で筋肉はガッチリしてきましたよ。
パムちゃんがおりこうさんなので、ワクチンも抜糸もチャチャッと終わり、帰途につくのですが、何故か家とは90度ずれた方角へ歩き出す2匹。

Image034.jpg

パム:「あっちがいいわ。」 柴丸:「うん、そっちにしよう。」

で、ひたすら階段を登り、坂を下り、広い団地を抜け、散々歩き回り、T字路へぶつかりました。 柴丸の帰巣本能では、このT字路を直進すれば家に帰れると判断していますが、T字路は直進出来ないのですよ。 正面に広がっているのは、だだっ広い立入禁止の浄水場だから。(T_T)

Image033.jpg


浄水場を迂回して、ひたすら歩く。 坂を登って降りて、また歩く。 前回、御紹介した生田緑地は、この浄水場から徒歩10分。 わざわざ車で行った生田緑地まであと10分。 そこから歩いて帰る長い道のり・・・・。 家に辿りつくと、既に2時間が経過していました。(~o~)

IMGP1943.jpg


ワクチンを打ったので安静にしているはずが、こんな羽目になってしまいましたが、パムちゃんは元気バリバリ♪
一方、当のバカ丸は、

IMG_5157.jpg

仮死状態で眠っており・・・・・(-_-メ)>。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/03/25 22:21 | 預かり犬16 | Comment (2) | Top▲
 春の納豆考
2008年03月23日 (日) | 編集 |
♪ I can't stop 鼻水~ どうしてなの 鼻水が止まらな~い~♪
♪ I can't stop 鼻水~ 誰か助けて 鼻水が~止まらな~い~♪


杏里の「悲しみが止まらない」の花粉症バージョン「鼻水が止まらない」をお送り致しました。 暖かな春の日差しが恨めしい花粉症の皆さん、こんにちは。 耳の奥が痒いおかもとです。

最高気温が20度を超えようとしているこの頃ですが、暖かくなるにつれ劇的に不味くなるのが「納豆」です。 うちは2日に1度は納豆が食卓にのぼりますが、桜の開花と共に自然と姿を消していきます。 そんな「もうすぐお別れだね。」の納豆について考えてみましょう。

IMG_5557.jpg


まず、納豆は「大粒」「小粒」「ひきわり」に大きく分けられます。 大粒は高級志向が多く、黒豆を使った高級納豆もあったりしますが、私はご飯とほどよく混ざる小粒が好きです。 「ひきわり」は、ご飯と一緒に食べると存在感が薄く、病院食を食べているような寂しさがありますが、茹でで刻んだ小松菜と和える「小松なっとう」などで納豆を「ソース的」に活用する場合は、他種を寄せ付けない機能性を誇ります。

IMG_5559.jpg


また、納豆はその味付けにおけるバリエーションの豊富さが魅力です。 パックにもれなく付いているだけあって、「からし」と「醤油」(最近はタレや出汁だったりしますね。)は定番だと思いますが、例えば、うちの夫は生卵の黄身とカツオブシ、青海苔を入れます。 一方、私は長ネギ、ゴマ、青海苔です。 そして、混ぜ方はあくまであっさりとそれぞれが混ざり合う程度にとどめ、菌糸が白くなるまで捏ね繰り回すのは好みません。

IMG_5558.jpg


人によっては、納豆に砂糖を混ぜたり、からしマヨネーズを混ぜたりする方もいらっしゃるようです。 私にとっての納豆は常に白米と共に食される物なので、「ご飯がススム」味付けでなくてはならない。 そう考えると、「漬物」と「納豆」のコラボは正に理想的。 シバ漬け、野沢菜、たくあん、紫蘇の実と言った定番の漬物はもちろん、異国の地・韓国の漬物「キムチ」でさえ、納豆と合わせる事により、旨さの相乗効果がみられると確信しております。 他にも、オクラや山芋、大根おろしは、私のお気に入りアイテムとして、時折、納豆のバージョンアップに使用されます。

さて、皆さんはどんな納豆がお好みですか?

MVI_5560
MVI_5560
by dogden
↑ パムちゃんは、納豆がお好きではないようで・・・・(^^ゞ

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2008/03/23 13:40 | 預かり犬16 | Comment (2) | Top▲